kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

【雲南散歩2017】麗江古城からバスで行く「白沙鎮」のお粥的な味わい

前回書いた麗江古城、たいへん満喫したわけですが。

なにしろ一大観光地であり、視界に押し寄せる圧倒的な情報量と人の多さに「もうお腹いっぱいで疲れた…」となってしまう場所でもありました。

それと対象的だったのが、今回ご紹介する小さな村、白沙鎮です。

 

麗江に行くまでは、この村の存在を知らかったのですが…

 

麗江古城で泊まった宿の女性に、「束河古鎮」に行く予定だと伝えると、こんな答えが返ってきたのです。(会話は英語で行われました)

「束河は麗江を小ぶりにしたような観光地なので、行くなら白沙が良いよ。私が行った10年前は車も走っていないような田舎で、とても良かった。今はさすがにそれほどでもないけど、まだナチュラルな状態でおすすめ」

(うろ覚えながら、こんな内容。英語のnaturalが頭に残っています)

 

よし!それだ!

人に勧められたらとりあえず乗ってみる性分です。

 

ってことで、白沙鎮に行ってみることにしました。

 

以下、こんな順でご紹介します。 

1. 麗江古城から白沙鎮への行き方

2. 白沙鎮の魅力とは?のどかさです

3. 適当に入った宿が大あたり!

 

1. 麗江古城から白沙鎮への行き方

麗江古城の大水車の近くにタクシー乗り場があります。

そのタクシー乗り場付近にある「あっちがバス停」という看板(実際は中国語)に従って進むと銀行の前にバス停があります。

そこから6番のバスに乗ってください。

料金はたぶん1元か2元です。

 

バスに揺られること30分。

窓の外の風景が、街から村へと変化していきます。 

農家の人が牛を引いて歩いている様子が見えたりしますよ。

 

着きました!このバス停で降りてください。

私が乗ったときは運転手さんが大声で「白沙〜 白沙〜」と教えてくれました。

f:id:kokeshiyamada:20171118105157j:plain

 

このバス停で降りた後に、どこに行くかで歩く方向が決まります。

A:白沙壁画を見に行くなら、前に進む。

B:壁画を見ずに村に行くなら、後ろに進む。

 

A:壁画エリアに行った場合はこうなります

とりあえず「なんだか壁画が見どころのようだし見ておこう」と前に進みました。

見落としようのない、この看板が目印です。

f:id:kokeshiyamada:20171118105544j:plain

ここで注意!

壁画エリアに入るには入場料30元が必要なのですが、「麗江古城の保護費」として80元も同時に徴収されます。なんでやねん。

その80元は、気分的に麗江古城に入るときに払いたかったな。

 

さて、この白沙壁画の敷地内。

壁画があるのは薄暗い建物の中だし、立ち位置から壁画までの距離があるので、ほとんど目視できないのですよね。

 

しかも、敷地内にある複数の建物が、なぜか閉まっていたのですよ。

こんな感じで。

f:id:kokeshiyamada:20171118110013j:plain

 

うっうーん。

仕方ないので、ツッコミどころのある看板を撮ってみたり。

f:id:kokeshiyamada:20171118110201j:plain

右:一文字ずつ英訳したことにより、アクロバティックな表現に。

左:ピンイン表記により、英語圏の人にはHALLということしか伝わらない。

 

 

でもね、でもね。

見られるものがなさそうな中でも、なんとか見どころを探すのが旅の醍醐味ですよ。

 

おうおうおう!

石畳がグレーとグリーンのチェック模様になっててステキ!

一体これはどんなマジックなんだい?

f:id:kokeshiyamada:20171118110521j:plain

苔よ。お前のせいか。

f:id:kokeshiyamada:20171118110629j:plain

 

というふうに、見どころが有るような無いような壁画エリアでした。

なので、皆さんは110元払ってまで、ここに入場しなくても良いかもです。

 

この壁画エリアを省く場合は、こうなります。

B:壁画を見ずにダイレクトに村に行くなら後ろに進む

バスを降りたあと、来た道を少し戻って、右側に伸びる道をずんずん進んでください。

たぶん、ここに出ます。

この門が白沙のランドマークです。

f:id:kokeshiyamada:20171118111113j:plain

 

「??文化遺産納西族古王国之都」と書いてあるように、白沙はナシ族の村です。

なので、ナシ族の象形文字であるトンパ文字も少し見かけましたが、麗江古城ほどにはトンパ文字推しではありませんでした。

f:id:kokeshiyamada:20171118111247j:plain

 

ってことで、村の中をテキトーにぶらぶらしましょう。

 

2. 白沙鎮の魅力とは?のどかさです 

お土産屋さんもあるにはありますが、全体的にのんびりしているのですよねえ。

キラキラの観光地・麗江古城とのギャップがすさまじいです。

ご馳走を食べた翌朝のお粥にホッとする感じでしょうかね。

 

こんな比較もできます。

麗江古城世界遺産に指定されバリバリ観光地化 →フルメイクの美女

白沙鎮:文化遺産に指定されているが、ふんわり観光地化 →すっぴんの田舎少女

どっちの持ち味も良いのですよ良いのですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171118111444j:plain

 

山が近いな〜 と思いながらぶらぶら。

f:id:kokeshiyamada:20171118111834j:plain

 

青い空に映える土壁が良い!などと思いながらぶらぶら。

f:id:kokeshiyamada:20171118111952j:plain

 

土壁というか、土で作ったレンガを積み上げているわけですけど、異なる色を組み合わせているのが面白いです。

f:id:kokeshiyamada:20171118112110j:plain

 

この石造りの壁も地味に良いですねえと感嘆しながら、ぶらぶら。

f:id:kokeshiyamada:20171118112201j:plain

右側の写真をご覧くださいまし。

角ばった石ではなく、こんなに不規則な形を積み上げてるのって逆に凄くない?

この状態でよく崩壊してないな、と不思議に思いました。

 

珍しい後ろ姿を発見。

麗江でちょくちょく見かけた瓦猫、白沙鎮にもいました。

f:id:kokeshiyamada:20171118155815j:plain

 

こんな感じで白沙鎮は地味なのですが、そこが良いのでしばしお付き合いくださいませ。

 

牛がいます。普通に道を歩いてます。

おそらく畑でひと仕事終えてきた現役の牛さんですね。

後ろ足がめっちゃ泥だらけですね。

f:id:kokeshiyamada:20171118112438j:plain

上の牛さんの後を子牛が追っているわけですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171118112516j:plain

私が持っていたキャリーケースに一瞬興味を示して近寄ったあと、プイッと行ってしまいました。キュン…!かわええ…めんこい… 

 

続きましては…

f:id:kokeshiyamada:20171118160446j:plain

はい。トウモロコシです。

門から黄色いトウモロコシが見えていたので、入り口にいたおばあさんに「可以拍照吗?(写真を撮ってもいいですか)」と声をかけて門をくぐりました。

f:id:kokeshiyamada:20171118113004j:plain

中にいたおじいさんにも声をかけ、快く「可以、可以」と言ってもらえました。

言ってみればただのトウモロコシですけどね。撮りたかったんですよ。

 

こういう感じで、のどかな村をぶらぶらします。 

 

売っているものも圧倒的に素朴です。

この巨大な松ぼっくり、どうやって消費したらよいのでしょうか?

f:id:kokeshiyamada:20171118113337j:plain

 

荷台に積んであるものも、麗江古城とはぜんぜん違いますよ。

私にはどうにもハリネズミに見えてしまいました。

f:id:kokeshiyamada:20171118113425j:plain

 

と、ご紹介してきた白沙鎮。

 実はわたくし、白沙鎮には2回行きまして。

1度目は麗江から日帰りしたのですが妙に気に入ったので、泊まるつもりで翌日にまた来てしまったのです。

 

そんな状況ゆえ宿の手配をしていなかったのですが、歩いているうちに数件の宿が目に入ります。「⚪︎⚪︎客棧」という看板が目印です。

 

 

適当に入ろうとした1軒目の宿が応答なしだったので、2軒目にトライ。

ワンワンと激しく吠えるヨーゼフ(勝手に命名)がお出迎えですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171118121643j:plain

 

このお宿が大当たり!でした。

このときのツイートがこれです。

 

改めてご紹介しましょう。

室内は、水回りも含めてぴっかぴかにリフォームされています。

ベランダに面した窓がこんなに大きいので、異様なまでの開放感が…!

f:id:kokeshiyamada:20171118122105j:plain

圧巻は広々としたベランダです。(上の写真右側と下の2枚)

3箇所も椅子が設置されていますから、くつろぎ放題ですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171118122201j:plain

 

左:部屋から中庭を眺めた様子。

右:1階の部屋の前まで来てみました。

この宿のつくり、既視感があるなと思ったら、モロッコのフェズで泊まったリヤドとそっくり!ですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171118122217j:plain

つまり、くつろぎスペースの中庭を囲むように客室が配置してあるのです。

さらなる共通点は、 中庭に面した部屋の扉に美しい細工をほどこしてある点です。

(あとで、モロッコの宿の写真も追加します)

f:id:kokeshiyamada:20171118122316j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171118122325j:plain

 

部屋の中にあった注意書きにヨーゼフが登場していました。

「木造の建物で音が響くから静かにね」的なことが書いてあります。

確かに2泊目に1階の部屋に移動したら、上階の物音がかなり響きました。

f:id:kokeshiyamada:20171118122240j:plain

 

部屋の中のレンガの侘び寂び感 vs. QRコードで情報が入手できる先端感

f:id:kokeshiyamada:20171118122348j:plain

 

このお宿に泊まった夜、7時半頃に晩御飯を食べに外に出たのですが。

なんってこった!

小さいながらもちょっとした観光地なのに、飲食店が開いてないのです。

ええええ!ちょ、ちょっと…

夜遅くまで賑わっていた麗江古城とのギャップが…またしても発揮されました。

 

そこで、晩御飯は露店で買った果物に決まりです。 

すでに外は暗くなっていたので、ISO感度上げまくって撮ってもブレブレ。

f:id:kokeshiyamada:20171118160738j:plain

リンゴらしきもの、桃らしきもの、未知のものを買いました。

f:id:kokeshiyamada:20171118160847j:plain

結果…リンゴらしきものは実は梨であり、桃らしきものはガリガリの果肉。

アルマジロみたいなものは蛇皮果、英名はサラ(もしくはサラサ)といいまして、すっっぱい果実の中にビワ並みの大きな種が入っております。

右下の白い果実は、ペピーノというナス科の南米原産フルーツでした。

この中では、ペピーノがイチ押し!です。

 

などとのんきなことを書いていますが、実はこの夜に盛大に腹を下しました。

直前に口にしたのが、これらの果物なので、とりあえず犯人扱いしておきます。

水道水でざっと洗って口にしたのが敗因かと察せられます。

怖くなったので、以降の雲南旅では果物は熱湯をかけてから食べることにしました。

 

しかしながらね。禍福は糾える縄の如しって言うじゃないですか?

 

思いっきり腹を下したので、翌日も体を休めるために、同じ宿にもう1泊することにしたのですよ。2階の部屋が理想的でしたが、予約があるそうで1階に移動。

そこで半日ほど伏せって休息していたところ、お宿の5歳児となんとなく話す機会があったのですよねえ。赤いセーターを着た「地下鉄のザジ」みたいな女の子です。

 

わいの中国語を試すチャンスや!と話してみると、子供はこちらが外国人であることに配慮してくれませんから、自分の中国語のダメさ加減を噛みしめました。 

とはいえ、なぜか「食べる?」ってムカゴをくれたりね。

自分では仲良くなれたと思っておりますよ。

 

そうこうしている間に、なんとなく流れで、「今日は一緒に晩御飯を食べない?」とオーナーのおばあさんに言われまして、遠慮なくご相伴いたしました。

 

そのときのツイートがこちら。

 

結局は、これが白沙の一番の思い出になっているのですよねえ。

 

麗江の宿ですすめられた白沙になんとなくやってきて、気に入ったので再訪して1泊し、腹を下したら、結果的にお宿のご家族と晩御飯。

 

旅先で流れに身をまかせるってこんなに楽しいんだ! 

と改めて感じた白沙滞在でした。

 

なので、皆様に別にこの宿をすすめるわけではありません。

皆様は皆様で、その時の旅先の流れに身を委ねてみたらイイのでは?

などと思う次第でございますよ。

 

また行きたいです白沙。

次はちょっと手前のバス停で降りて、白沙鎮よりさらに何にもない田舎道を歩いてみたいと考えております。

 

あ。麗江に戻るには、あのバス停からまた6番のバスに乗れば大丈夫ですよ。 

 

【雲南散歩2017】トンパ文字、瓦猫、バラ餅…私が決めた麗江の見どころ10選

 

2017年10月の後半、行ってきました雲南省世界遺産麗江古城

雲南エリアに到着して最初の観光地がここだったので、えらく舞い上がって写真バッチバチ撮りまくりのツイートしまくりですっかり浮かれ果てていました。

 

麗江にいた間は1日に約20,000歩も歩いており、そら足腰にガタがきますわ。

 

って、前振りはいらないですね。すんません。

 

今回はタイトル通り!

私がこれだ!と思った麗江の見どころをご紹介しますよ。

 

1. なんだか可愛い、カラフルな象形文字トンパ文字

やはり麗江といえば、ナシ族(納西族)のトンパ文字は外せません。

街を歩けば、壁にも看板にも、道路の標識にまで、これでもかこれでもかと表示されています。

例のスローガンだって、この通りです。@忠義市場

f:id:kokeshiyamada:20171113210752j:plain

しかしながら、帰国後に読んだ本「西南シルクロード少数民族の旅」には、こんなふうに書いてありました。 

東巴文字を見たいと思うが、どこで見られるのか見当がつかない。そこで、掛け軸を売る店には東巴文字があるのではと探していると(中略)漢字の掛け軸はあるが東巴文字は見当たらない。

このあとの記述では、店のご主人が自分が書いた東巴文字の掛け軸を10本ほど抱えて出てきたことが記されています。

著者の川西正幸氏が麗江を旅行されたのは1987年と2000年なので、その時点では今ほどトンパ文字は観光客にとってメジャーではなかったようです。

 

つまり、その後になって麗江の観光資源としてトンパ文字を活用することに決め、それがうまくいっているのですよね。

絵文字っぽくもあって、21世紀に生きるわたしたちと意外と親和性が高いのですねトンパ文字

語感もなんだかかわいいですよね。トンパって!

 

では、いろんなトンパ文字をどうぞ。

 

トンパ文字のある朝。

f:id:kokeshiyamada:20171113204935j:plain

 

トンパ文字初心者にありがたい、基本的な用語の一覧表。

f:id:kokeshiyamada:20171113204957j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171114180259j:plain

 

上記の写真の中から四季を表現する4文字をピックアップしてツイート。

 

 

f:id:kokeshiyamada:20171113213252j:plain

写真右下に見えるのは、水牛の角を扱うお店です。

麗江で牛といえば水牛なのでした。

水牛のお肉を食べられる飲食店もありましたが、行っておりません。

 

 

麗江古城内にあるお店の看板は、上からトンパ文字→漢字→アルファベットと表記するのが、一応ルールになっているようでした。

f:id:kokeshiyamada:20171113213617j:plain

しかし、この一番下はConvenience storeと書いた方が英語圏のひとに伝わると思うんだけど。ピンイン表記って誰にとってのニーズなんだろうか。

 

こちらの看板は、英語圏の方にも意味がわかりますね。

f:id:kokeshiyamada:20171113213628j:plain

 

こちらはちょっと変わり種。

漢字表記も、絵文字っぽくアレンジされておりますね。

f:id:kokeshiyamada:20171113213508j:plain

気になるお店だったのですが、何しろ閉まっていたので、何が売られているのか不明です。どなたか確かめて来てくださいまし。

 

このほかにもたくさんのトンパ文字を撮ってきたのですが、キリがないのでまた別の記事に分けて書くかも。書かないかも。

 

2. お口いっぱいにバラの香りがぷわん「鮮花餅」

古城内を歩いていると、あちこちから漂ってくるのがバラの香りです。

なぜお菓子屋さんの店頭に大量の花びらがあるのかといえば…

f:id:kokeshiyamada:20171113205706j:plain

お店で売られているパイ、中身がバラの花びらだったのです。

f:id:kokeshiyamada:20171113205720j:plain

作るとこを撮らせてもらったのですが、かなりの量の花びらを包み込んでいました。

この店で2個買って食べた後、しばらく自分の口から もわんもわん とバラの香りが漂っていました。

翌日にボディからバラの芳香が発生してもおかしくないな、と思いましたえ。

f:id:kokeshiyamada:20171113205738j:plain

 

私はたまたまこのお店で買いましたが、古城内には「こんなに店があって商売は成り立つのかな?」と心配になるぐらい、鮮花餅(バラ入りパイ)のお店があります。

 

バリエーションとして、ジャスミン入りもありました。

これは、翌日に別の店でバラ&ジャスミンを1個ずつ買ったときの袋です。

f:id:kokeshiyamada:20171113212434j:plain

 

この後に行った大理でも鮮花餅は売られていましたので、麗江というより雲南の名物のようです。 

麗江空港でも販売されていますので、古城であわてて買わなくても大丈夫ですよ。

 

※余談ですけど、中国語でバラって「玫瑰」なんですわ。

なんだか喧嘩が強そうな名前で意外なのですわ。

 

3. 石畳の道をガタガタと行き交う人力の三輪車

古城内の地面は、おもいっきり石畳です。

なので、移動はこうなります。

 

 今回の雲南旅では「可以拍照吗?(写真を撮ってもいいですか)」を駆使すると決めて、実際に駆使した結果です。

わたしを乗せて、ガタガタ道を漕いだり押したりして宿まで運んでくれたおいちゃんです。いうても、下手したらわたしよりかなり若いような気もしますけど。

快く被写体になっていただけて嬉しいですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171113214613j:plain

なお、座席は白い部分です。ここに後ろ向きに座ります。

 

 

古城内は、道がガタガタのせいか観光客が多いせいか、自動車とバイクは見かけず、大活躍しているのが人力の三輪車や台車なのでした。

  

お父さんのお手伝いをするこの子があまりにも可愛いくて可愛くて。

なんども見返している写真です。

f:id:kokeshiyamada:20171113220114j:plain

 

このシーンもお気に入りです。

知り合いのおっちゃん同士がすれ違いざまにご挨拶。

f:id:kokeshiyamada:20171114180855j:plain

 

こういう、はみ出す勢いでこんもりと荷物を積んだ状態がたまらなく好きです。

(どんな嗜癖なんだよ)

f:id:kokeshiyamada:20171113220204j:plain 

f:id:kokeshiyamada:20171113222119j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171113220224j:plain

 

4. 屋根の上にちょこんといる守り神「瓦猫」

麗江古城を歩くときには、是非とも屋根の上を見ていってください。

ときどき、ちょこんと猫が立っているのですよ。

 

おわかりになるだろうか?

f:id:kokeshiyamada:20171113222236j:plain

 

猫の近くまで移動してズームしました。

f:id:kokeshiyamada:20171113222306j:plain

瓦と同じ素材でできたこの猫、その名もまんま「瓦猫」だそうです。

どうも雲南では魔よけとして屋根の上に置くらしく、大理でも見かけました。

 

瓦猫は、口を大きく開けていて牙が見える状態のものが多いです。

この写真が一番わかりやすいかな。

なにしろ屋根の上にいるので、できるだけ近寄って最大限にズームにしないと顔が鮮明に撮れません。 

f:id:kokeshiyamada:20171114200518j:plain

 

※このブログ記事に、雲南各地の瓦猫の分類が掲載されています。

ameblo.jp

 

この瓦猫、たまに赤いスカーフを巻いていたりします。

なんなら、おしゃれにストールをまとっているタイプもいました。

わたし、こんなに上手にストール巻けないよ…

f:id:kokeshiyamada:20171114180412j:plain

 

さらに、珍しいタイプも見つけました。

左は毛を逆立てた猫か? あるいはもはや犬かな?

右は中国でおなじみの獅子ですよね。シーサーとの類似性を感じます。

f:id:kokeshiyamada:20171114180610j:plain

 というように、麗江周辺には屋根に魔除けの動物がいますので、斜め上を見て歩いてくださいね。空もキレイですし。

 

5. 足元を地味に彩っている、小石と瓦の細工

麗江古城の南門に向かう道を歩くときには、足元にもご注目。

f:id:kokeshiyamada:20171113225100j:plain

 小石と瓦素材を組み合わせて、花柄などがあしらってあるのですよ。

この地域の少数民族 ナシ族の伝統的な手法なのかな? 

というのも、このあとに訪れたナシ族の村「白沙鎮」でも、こうした細工を見かけましたので。

f:id:kokeshiyamada:20171113225209j:plain

 

6. やたらに見かけるモフモフの大型犬

これまで中国のあちこちに行ってますが、麗江ほどモフモフした大型犬を多く見かけたことはありません。

そもそも、リードで繋がれていないワンコが大小問わずにめっちゃいるのです。

わたくし犬が苦手めなのですが、麗江のワンコたちはほんわかした雰囲気だったので、平気でした。みんなに愛されているんだね。

f:id:kokeshiyamada:20171113223235j:plain

しあわせとは … ↓ しあわせとは … ↓ しあわせとは … ↓

f:id:kokeshiyamada:20171113223246j:plain

 

7. 古い瓦屋根にちんまり咲いている黄色い花

地味なのですが、わたくし的にはこれをトンパ文字の次に推したいぐらい! 

日本でいうマツバボタンの仲間がやたらと屋根の上に生えているのです。

古びた灰色の瓦に、小さな黄色い花が可憐に映えます。

f:id:kokeshiyamada:20171114200940j:plain

 

せっかく一眼レフを持っていったので、花にピントを合わせて撮るべし撮るべし。

しかしながら、どうしても瓦にピントが合ってしまう……。

違うんだ、そうじゃないんだ……。でも撮ったので載せます。

f:id:kokeshiyamada:20171113220428j:plain

 

8. 野菜乾物肉日用品ごっちゃりあるある忠義市場

どこに旅行しても、必ず訪れるのは地元のひと御用達の市場です。

麗江古城にございますのは、忠義市場。

f:id:kokeshiyamada:20171113223622j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171113223640j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171113223650j:plain

 

階段に座らせるかのように瓶をずらりと並べているのが、良いわ〜良いわ〜。

f:id:kokeshiyamada:20171113223800j:plain

 

こういう量り売りの栗屋さんにも支払い用のQRコードが置いてあるのが、いかにも現代の中国って感じでした。

f:id:kokeshiyamada:20171113223710j:plain

 

 

9. 石畳の両側にずらりと立ち並ぶ古い建物たち

ここまで肝心なことを書き忘れていました! 

麗江古城といえば、そもそも古い建物たちが見どころなのでした。

 

店がオープンする前、静かな朝の時間帯に散策するのがおすすめですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171114201703j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171114201714j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171118162951j:plain

 

真ん中のザルを中心に切り取ったこの絵づらが、妙に気に入ってます。

f:id:kokeshiyamada:20171114201750j:plain

 

お空が青い青い麗江です。

f:id:kokeshiyamada:20171114201732j:plain

 

10. 徹底的に整備されたトイレ、ゴミ箱、観光案内

最後にまとめ的に書きますけど、本当に麗江古城の観光地化はすさまじいです。

完璧に整備されています。

中国といえば、どうしても日本と比べてトイレの清潔さや紙の無さが心配になるのですが、麗江古城の場合その心配はありません。(わたし基準による)

 

景観を邪魔しないようなゴミ箱もいたるところにあります。

これでは散らかしようもありません。(いや別に散らかしたくないけど)

f:id:kokeshiyamada:20171113230044j:plain

 

要所要所には方向案内やMAPがある上に、観光客が多い場所には案内人も配備。

道やトイレの場所を尋ねることができます。

f:id:kokeshiyamada:20171113230130j:plain

「ここまでやるのか」と感嘆しました!

 

 

というわけで駆け足で紹介した割にはけっこうな文字数と写真数になってしまいました。絞りきれない!っていうのが正直なところです。

 

うーん、雲南め。また行こうっと。

 

この後、麗江古城から日帰りで行ける小さな街「白沙鎮」、「大理で参加した1日ツアー」なども後でブログ化します。

アモイに旅立つ前に……。

 

※現地でのツイートには、「#雲南散歩2017」とハッシュタグをつけています。

ここに載せてない小ネタもございますので、ご覧くださいまし。

深夜着の成都双流空港であゝ野宿。朝まで快適に寝る5つの小ワザ

2017年10月16日の深夜0時40分に着いちゃった成都空港。

さすがジャイアントパンダ保護区のある四川省です。

パンダがお出迎えです。

 

それはともかく、翌日に乗るのは朝6時15分発の麗江行きの便。

ってことは、寝るしかありませんよ。空港内に。

f:id:kokeshiyamada:20171112103613j:plain

 

もちろん空港の外に出ればホテルはあるのですが、早朝までの限られた時間内にホテルまで行って戻ってくる時間がもったいないのです。

 

事前に調べたら、空港内の椅子で寝るしかないようでしたが、 

 「もしかしたら西安の空港のように仮眠ボックスがあるかもな〜」という淡い期待がありました。

なにしろ発展のスピード著しい中国。商売っ気まんまんの中国。

であれば、私が到着するまでに仮眠ボックスが設置されていてもおかしくない!

ていうか設置しといてよ!プリーズ!!!!

 

と願ってましたけどね、無かったよね、仮眠ボックス……。

 

とはいえ、往生際悪く「少しでも快適な場所に寝たい」と考えまして、ダメ元で乗り継ぎ客用の休息室へと向かってみました。

もうね。深夜1時過ぎで体はヘトヘト。そんな状態でキャリーケースを引っ張って上の階に移動するだけでもしんどいんですけどね……

少しでも気持ちよく寝たいじゃないですか、人間だもの。

f:id:kokeshiyamada:20171112104103j:plain

はい、休息室は閉まってる。またしても期待はあっさり裏切られました。

f:id:kokeshiyamada:20171112104115j:plain

 

というわけで結論です。

乗り継ぎのために成都空港内で寝ようと思ったら、出発ロビーの椅子に寝るしかない。

(2017年10月16日時点)

 

だったら、少しでも安全&快適に寝ようではないか!

と腹をくくって寝た私なりの工夫を書いておきますのでご参考にどうぞ。

成都に限らず、すべての空港での夜明かしに有効な小ワザです。

f:id:kokeshiyamada:20171112105155j:plain

その1:キャリーケースは、ワイヤーロックで椅子に固定

置き引き防止用のワイヤーロックは一人旅の強い味方。

空港泊以外でも、荷物を置いてトイレに行く際などにも活用できます。

もちろん、パスポートや財布、スマホなどの貴重品はキャリーに入れず体に密着させた状態にしておきます。

 

その2:寒さ対策にサバイバルシートを椅子の上に敷く

写真の通り、成都空港の椅子は座面も金属製です。

床から冷たさがしんしんと伝わってきますので、この手のアルミ製シートは必須。

「サバイバルシート」「エマージェンシーブランケット」で検索すると出てきます。

ちょっと音がシャカシャカするのが気になりますが、旅の必需品ですよ。

 

その3:その上にさらにブランケットを敷く

サバイバルシートだけだと座面の硬さがツラいので、フリースのブランケットがあればなお良いです。

サバイバルシート&ブランケットを体に巻きつけて寝るべし寝るべし。 

ブランケットは、冷房の効きすぎたバス、列車、機内でも活躍しますえ。 

 

その4:着替えを入れた布袋を枕にする

こういう時はビニール製より布製の袋の方が心地よいですよね。

わたくしは友人のベトナム土産の布袋を愛用しています。大活躍ですわ〜。

 

その5:羞恥心対策に、大判のハンカチを顔に乗せる

最初は無防備に顔をさらしたまま寝ようとしていたのですが、途中で羞恥心が芽生え、ハンカチをオン!

以後、気持ちよく熟睡できました。

空港内は明かりがついてるので、むしろまぶしさ対策かも。

もちろんアイマスクでも良いのですよ。

でも、アイマスクはアイマスクとしてしか使えませんが、ハンカチの活躍度は幅広いですからね。

荷物を減らしたい旅では、何通りにでも使えるものを持参するのが良いかと。

 

 

といった小ワザを駆使し、夜中の2時頃から5時頃までしっかり眠りました。

起きなくちゃいけない時間になると、空港内がガヤガヤと賑やかになってくるので、ちょうど良かったです。

もちろんスマホのアラームもセットしておきましたけども。

 

以上、成都空港の椅子ベッドで寝るための安眠対策でした。

 

しかし、私はまだ諦めていない!最新鋭の仮・眠・ボッ・ク・スで寝ることを! 

次に行くときまでには、仮眠ボックスを用意しておいて欲しいよ。頼むよ。

 

いや。ていうかさ。

成都麗江行きの便、せめて朝8時発とかにしない?しない? 

 

福州「三坊七巷」で出会ったイイ顔の扉たち などなど

あれは、まだ春秋航空がマイナー路線にもバンバン飛行機を飛ばし、毎月999円セールで大盤振る舞いしていた2016年のことじゃった。

関空から福州行きの航空券がお安く買えたので、とりあえず行ってみたのでした。

 

福州って、どこやねん?って感じでしょ。

私も航空券を買うまではそうでした。

福建省の中ではそこそこの大きさの都市ですが、観光地としてはあまり有名ではありません。

 

しかし!

例によって、行ったら行ったでけっこう面白かったのですよ。

 

福州で行くべき観光スポットといえば、「三坊七巷」。

古い街並みが保存、修復されて保存されているエリアです。

バス停「三坊七巷」で下車してちょいと歩きますので、百度地图を見るか現地の人に聞いてください。

f:id:kokeshiyamada:20171009215807j:plain

 

ところで、三坊七巷とは?(以下、「地球の歩き方」より)

三坊とは、衣綿坊、文儒坊、光禄坊の3つの通り、七巷とは、楊橋巷、郎官巷、塔巷、黄巷、安民巷、宮巷、吉庇巷の7つの路地のことをいう。この三坊七巷の歴史は古く、唐代に形成され、現在でも明、清の時代の建造物がいくつも残っている。

 

三坊七巷のメインストリート。

夕暮れどき、なかなかの趣でしょでしょ。

おそらく近隣の人であろう人々でけっこう賑わっております。 

f:id:kokeshiyamada:20171009220118j:plain

 

中国の観光エリアでおなじみのスターバックス、やっぱりありました。

暗闇に浮かび上がる例のトレードマーク、けっこう怖いんですけど。

f:id:kokeshiyamada:20171009220243p:plain

 

んで、例のミッションを遂行。

中国の観光地で、とりあえずスタバに入店してみるアレです。

f:id:kokeshiyamada:20171009220335p:plain

中庭の大木を囲むように席があり、2階席から中庭の様子を眺めることもできます。

店内のライトも、こころなしか中華風で素敵ですの。

 

マクドナルドとハーゲンダッツも、街並みに溶け込む外観になっております。

こんなに地味なマック、なかなか見れるもんじゃありません。

 

f:id:kokeshiyamada:20171009220722p:plain

 

この三坊七巷を夕方から夜にかけて散策してみて、とても私好みなエリアだと判明したので、翌朝早めの時間に再びやってきました。

 

下の写真は、メインストリートから路地(巷)に入った様子です。

わたくしにとって三坊七巷の見どころといえば、この路地なのですよ。

f:id:kokeshiyamada:20171009221009j:plain

 

まだ観光客はほとんどいない時間帯です。

人が少ない隙に、撮るべし撮るべし。

 と、調子に乗って撮りまくったのが、路地に点在する頑丈な扉たちです。

f:id:kokeshiyamada:20171009221142p:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171009221154p:plain

 

中でも鬼のような形相のドアノッカーのバリエーションが楽しい!のです。

このタイプのドアノッカーは中国各地で見られるものですが、三坊七巷では扉のつくりも頑健で素晴らしく、そのコーディネイトを見るのが眼福ですの。

 

旅行中にこのドアノッカーのことをツイートしたら教えてもらったのですが、これらは「兽面衔环」というスタイルとのこと。

f:id:kokeshiyamada:20171009221225p:plain

 

もう、とにかくご覧くださいまし。

f:id:kokeshiyamada:20171009221241p:plain 

f:id:kokeshiyamada:20171009221317p:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171009221332p:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171009221344p:plain

 

このタイプは日本の寺社でも見かけますよね。

私は勝手に「乳首ピアス」と呼んでますけど。

右側、見るからに痛そうです。

f:id:kokeshiyamada:20171009221401p:plain

 

左の金具、周囲に漢字が張り巡らされているのですが、残念ながら私には読めません。

f:id:kokeshiyamada:20171009221415p:plain

 

 この金具、魚が面白いなと思って撮ったのですが、1年後の今になって気づきました。

「水郷 - 周荘」と書いてありますね。周荘は、上海近郊にある水郷古鎮です。

ということは、周荘のお土産か何かで買ってきて取り付けたのでしょうね。 

f:id:kokeshiyamada:20171009221442j:plain

 

このタイプは珍しい。鍵の役目はぜんぜんないのですね。

f:id:kokeshiyamada:20171009221454j:plain

 

さて。

頑強でいい顔した扉たちに続いて、消火栓の出番です。

なぜか三坊七巷では消火栓すら絵になるのでした。良い!

f:id:kokeshiyamada:20171009221507p:plain 

f:id:kokeshiyamada:20171009221521p:plain

 

とまあ、人が少ない時間帯を狙って撮りまくっていたのですが、出勤時間帯になると、メインストリートを電動バイクがわんわん走ってきます。

私にとっては激写スポットでも、現地の人にしたら単なる通勤ルートなのでした。

f:id:kokeshiyamada:20171009222016j:plain

なお、観光客が増える時間帯になるとバイクは通行止めとなり、バイクで走ろうもんなら見張り番のおっちゃんにものすごい剣幕で叱られます。 

 

路地をひと通り散策した後に、メインストリートで朝ごはん。

中華圏ではおなじみ、魚のすり身の中に肉餡が入ったアレです。

これをオーダーすれば、だいたい間違いないのです。

f:id:kokeshiyamada:20171009222030p:plain

 

さて。

博物館などがオープンする時間になったら、入るべし入るべし。

※この「〜べし〜べし」が「明日のジョー」のセリフだとわかる人はいますかね?

f:id:kokeshiyamada:20171009221534j:plain

ここここ、これこれ。この人!

f:id:kokeshiyamada:20171009221705j:plain

「あ。修復中なんだ」とさらりと流したあと、それが人形だと気づいたときの

ギャッ!

 

この2人もですよ… 

右のおじいさんの髪の乱れぶりのリアルさよ…

f:id:kokeshiyamada:20171009221716p:plain

 

お次は、この博物館です。

f:id:kokeshiyamada:20171009221833p:plain

 

この彫刻。おわかりいただけるだろうか? 

おそらく1本の木から彫り出しているのですが、右の奥行きをご覧ください。

ひとりで展示を見ながら、思わず感嘆の声がお口から漏れ出てしまいましたよ。 

f:id:kokeshiyamada:20171009221844p:plain

一体どうやって、この奥行きのある表現を、この細かさで彫り出したんですかねえ。

と、おもわず春日三球になってしまいます。

 ※この「春日三球」の意味がわかる方、いらっしゃいますか?

 

 

 

てな感じで、路地を歩き回ってイイ顔の扉を見たり、博物館に入ってみたりとお腹いっぱいになる福州の三坊七巷でございました。

 

反対側から歩いてきたので、私にとってはこの門が出口となりました。

うーん。違う街の名前が書いてありますけど。

f:id:kokeshiyamada:20171009222059j:plain

 

中国の観光スポットには、このように警察官が配備されておりますので、善人の皆さんはご安心ください。

背中にSWATと書いてあって若干ビビりました。

(ベレー帽萌えにつき撮影してしまいましたが、大丈夫かな)

f:id:kokeshiyamada:20171009222310j:plain

 

以下は、三坊七巷とは関係ないけど、福州の小ネタちゃん3発です。

 ↓ ↓ ↓

中国・福建省のカフェでテッドと密会中のくまモン

f:id:kokeshiyamada:20171009222320j:plain

 

経営は大丈夫なのか? と思わずにはいられない逆風珈琲。

逆境ナイン」みたいなもんでしょうか?

f:id:kokeshiyamada:20171009222333j:plain

 

ゴミ捨て場に孫悟空が放置されているという、きわめて中国的な光景。 

f:id:kokeshiyamada:20171009222346j:plain

 

これで

“福州「三坊七巷」で出会ったイイ顔の扉たち などなど”

おしまい!

重慶から日帰りで行く 万霊古鎮(万灵古镇)。見どころは斜め下に有り

6月に訪れた上海近郊の西塘に続き、9月の重慶旅でも古鎮に行ってまいりました。

その名は「万霊古鎮」。

何やらご利益がありそうなネーミングですね。

 

さっそく、重慶からの行き方をご紹介。

行き方だけが知りたい方は、下記のショートバージョンをご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

重慶軌道「石橋舗」駅から南へ700mの陳家坪バスターミナルから「荣昌」行きのバスに乗車。片道49元。

約2時間で荣昌のバスターミナルに到着。

「万灵」行きのバスに乗車。片道4元。

約30分で万霊古鎮の入り口の近くに到着。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以下はロングバージョンです。

 

まずは、重慶から荣昌のバスターミナルを目指します。

重慶軌道 1号線の「石橋舗」駅から15-20分ほど歩いて、陳家坪バスターミナルへ。

(駅からけっこう歩くので、もし他の便利なバスターミナルから荣昌行きのバスが出ていることが判明したら、そっちを使った方がよいです) 

 

f:id:kokeshiyamada:20171007210319j:plain

重慶→荣昌は、片道49元。

私が買ったのは朝10時の便です。

当日に買いに行きましたが、余裕で買えました。(2017年9月現在)

f:id:kokeshiyamada:20171007210646j:plain

自分の爪が汚いのが気になる。見逃してください。

 

改札前の掲示板で、自分の乗るバスがどんな状態かチェックしましょう。

たぶん、こういう意味だと思います。 

【正在検票】時間通りに改札が行われます

【班車未到】使う車両が、まだ到着していません

f:id:kokeshiyamada:20171007210852j:plain

 

私が乗ったバスは10時頃に重慶を出発し、途中の休憩なしで12時頃に荣昌のバスターミナルに到着しました。

 

ちょうどお昼どきだったので、荣昌でご飯をいただくことに。

付近には、食堂がいっぱいあります。

 

f:id:kokeshiyamada:20171007211329j:plain

威勢良く呼び込みをしていた写真のお店で、トマト卵炒めをオーダー。

ご飯つきで10元ですが、とても食べきれないと判断しご飯は断りました。

很好吃 →でもご飯なしだと味が濃いな →お茶で中和(この繰り返し)

このお茶が香ばしくてたいへん好みな味だったので、名前を聞いてくればよかったな。今さらだな。

旅の後悔は、本当に取り返しがつきません。

f:id:kokeshiyamada:20171007211241j:plain

 

腹もふくれたところで、いよいよ万霊行きのバスに乗ります。

バスターミナルの掲示を見ても、どのバスに乗ればよいのかわからなかったので、窓口の人にこれを見せました。

f:id:kokeshiyamada:20171007211659j:plain

 

その結果、出してくれたのが、こちらの切符です。

霊=簡体字で「灵」なのですね。

バス乗り場で「万霊」の文字で探してたから、ぜんぜんわからなかったのですね。

例によって簡体字が、元の漢字(靈)と違いすぎですから……。

f:id:kokeshiyamada:20171007211731j:plain

約30分で、万灵に到着。

到着したバス停から、来た道を戻るように進みます。

 

f:id:kokeshiyamada:20171007212105j:plain

 

無事に万霊古鎮の入り口に着いたのだが、これは一体……。

なんだ、このハリボテみたいな街は……。

なぜか西部劇のような趣も感じるのだが。

f:id:kokeshiyamada:20171007212227j:plain

この時点では、「ぜんぜん古鎮ちゃうやん…重慶からはるばるやってきてこれかよ」と絶望みを感じていたわたくしですが。

 

ご安心ください。

この看板のある門をくぐって下に降りていきましょう。

f:id:kokeshiyamada:20171007212441j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007212524j:plain

 

よ、良かった……。

どうやら、この向こう側には古い建物が残っているようです。

f:id:kokeshiyamada:20171007212537j:plain

  

f:id:kokeshiyamada:20171007212732j:plain 

 そうそうそうそう! これやがなこれやがな。

と、ちゃんと古い建物が残っていることに満足しながら歩いていると、第二の絶望が押し寄せてきました。

 

こちら、古い状態の煉瓦づくりの壁。

f:id:kokeshiyamada:20171007212851j:plain 

 

それに似せたと思しき、新しい壁。

ってあんた!グレーのコンクリートに白い線を引いただけって……。

せっかくの古鎮の趣が台無しですけど。

いくらなんでも、雑すぎない?と、ここで再びの絶望感。

f:id:kokeshiyamada:20171007212919j:plain

 

しかし、気をとりなおして再び歩き始めましたら、いい顔の瓦があって、再び私を歓喜させるのでした。

f:id:kokeshiyamada:20171007213123j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007213205j:plain

 

入り口のハリボテ感と雑なつくりの壁には凹みましたが、以降は順調に古い街並みを楽しむことができました。

 

わたくしの大好きな、赤い提灯たちよ。

f:id:kokeshiyamada:20171007213312j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007213327j:plain

 

このあたりは、おそらく日本でいうところの「重要伝統的建造物群保存地区」みたいな感じで、普通の民家も文化財として保護されているようでした。

そこで何が起こるかというと…。

 

古い建物の入り口がオープンになっており、家財道具が見える状態になっていたので、「古い民家を保存した展示館かな?」と思って中に入ったのです。

ん?なぜか壁のカレンダーは2016年バージョンだが……。

と、建物の奥を覗いてみると、普通に人が住んでいるのでした。

 

ぎゃっ!ごめんなさい。

展示ではなくて、普通に民家だったのですね。

そっと外に出ました。

 

では、安心して眺め回せる建造物はというと……

25元でこのチケットを買えば、入場料が必要な建物3つを見学することができます。

もちろん、それぞれの入り口で10元払って入場してもOKです。

f:id:kokeshiyamada:20171007214205j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007214228j:plain

 

例えば、この湖廣會館。

f:id:kokeshiyamada:20171007214403j:plain

 

湖廣會館の中です。

この時、外の通りからは賑やかな観光客の声が聞こえてきたのですが、中にいるのは私だけ。

この誰もいない廊下の椅子に座って、ぼけっと窓枠の透かし彫りやらを眺めている時間の贅沢なことよ。

f:id:kokeshiyamada:20171007214530j:plain

 

この建物に入るまでは漫然と歩いていた古鎮ですが、ここで私なりの散策テーマを見つけました!

こいつです。(左側の柱)

f:id:kokeshiyamada:20171007214936j:plain

 

こいつです。(右側の柱)

かなり磨耗してしまっていますが、私にはうさぎに見えます。

はて?実際はどうなんでしょうか?

f:id:kokeshiyamada:20171007214952j:plain

 

とにかく、この柱を支える石造りの礎を見てから、古鎮歩きの視点が定まりました。

この古鎮は、柱の下にある石が面白いようだ。

以後、斜め下を見ながら歩こうと決めたのです。

 

柱を支える、このような土台を「礎石」ということを、さきほど知りました。

そこで断言します。

万霊古鎮の見どころは、礎石!礎石!礎石!

みなさん、歩くときは斜め下を見てください。

 

では、どうぞ。

まずはシンプルタイプから。

f:id:kokeshiyamada:20171007215433j:plain

 

丸い部分にうっすらと線が見えるのですが、何が描かれているのかわかりません。

f:id:kokeshiyamada:20171007215447j:plain

 

円形と四角の間に、六角ナットをはめ込んだタイプ。

f:id:kokeshiyamada:20171007215605j:plain

 

続いて、丸い部分を何らかのモチーフで支えるタイプ。

f:id:kokeshiyamada:20171007215720j:plain

 

右側は、柿の実に見えるのですが、どうでしょう?

f:id:kokeshiyamada:20171007215836j:plain

 

続いて、万霊古鎮でもっとも多く見かけた、細かい彫りが入った礎石群です。

 

梅に鶯かな

f:id:kokeshiyamada:20171007215938j:plain

 

葡萄?

f:id:kokeshiyamada:20171007220247j:plain

 

以下、何らかの植物かと思われますが、わからない群。

f:id:kokeshiyamada:20171007220015j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007220037j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007220139j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007220123j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007220211j:plain

 

出た!これならわかるよ。龍だよ。

f:id:kokeshiyamada:20171007220332j:plain

 

以上、目についた礎石をざっとご紹介しました。

私は古鎮歩きの途中から礎石ウォッチングを始めましたが、最初から着目していれば、まだまだいっぱい見つけられたと思います。

 

ちょっとマニアック方面に寄りすぎましたので、一般受けする景色もご紹介しますね。

そもそも古鎮っていう時点で、一般受けはゼロなんだけども。

 

万霊古鎮といえば、この橋。「大橋」というそうです。

f:id:kokeshiyamada:20171007220606j:plain

 

どんよりと立ち込めた雲のせいか、むやみに不穏な空気感を漂わせております。

ときおり軍用機が上空を横切る音も聞こえてきて、さらに不穏度が増し増し。 

f:id:kokeshiyamada:20171007220631j:plain

 

この橋のこの磨耗ぶりを見て、この古鎮の歴史を思い知ったのでした。

f:id:kokeshiyamada:20171007221020j:plain

 

階段も、このすり減りぶりです。

f:id:kokeshiyamada:20171007221048j:plain

 

礎石に続いて、万霊古鎮の見どころその2は、この磨耗ですね。

時間だけが作り出すことのできる造形、それは磨耗。

f:id:kokeshiyamada:20171007221154j:plain

 

以下、取って付けたように貼る、古鎮らしい建物でございます。

 

 

f:id:kokeshiyamada:20171007220941j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171007221249j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171007221301j:plain

 

 

なお、この界隈の家々はむやみにオープンでありまして、テレビの画面までもがモロ見えでしたので思わず撮影してしまいました。

何ではるばる中国の古鎮までやってきてドラえもんなんでしょうかね。

一気に日本へ連れ戻される感がすごい。

f:id:kokeshiyamada:20171007225258j:plain

 

 

以上で、万霊古鎮の散策はおしまいおしまい。

 

喧騒度ゼロ。ひっそりした重慶の下浩老街を歩いてきた

重慶に行く前にリサーチして、ここには絶対に行く!と決めていた街。

それが下浩老街です。

訪れたのは、2017年9月頭の土曜日。

 

わたくし、中国か台湾に行くときは、できるだけ「老街」に行くことにしております。

そもそも老街とは何か?

実は私も定義は知らないのですが、読んで字のままだと思います。

古い建物・街並みが残っているエリアです、たぶん。

 

重慶の下浩老街のことを知ったのは、エイビーロードのこの記事

さらに、NHK「まいにち中国語」のテキストの口絵でも取り上げられていました。

 

〜寄り道〜

NHK「まいにち中国語」のテキストでは、「老街古道」という連載が続いており(※)、「これは私のための記事ですよね?ね?」と思いながら読んでおります。

中国の老街の記事は日本で貴重ですので大変助かります。

ぜひとも連載をまとめて単行本を出していただきたいです。

(※2017年10月現在)

 

〜本道へ〜 

さて、下浩老街へと参りましょう。

 

最寄駅は、重慶軌道6号線の「上新街」駅です。

駅を出て、重慶を代表する巨大な橋「東水門大橋」方向へ歩きます。

 

右側を見ながら歩くと、道路脇に「ここから下に行けそうだなあ」と思える道がありますので、降りていきましょう。

私が行ったときは、道の周辺に瓦礫が積み上がり、足元はガタガタで、「はて?ここは入っていい場所なのだろうか?」という様相でした。

 

不安を感じながら歩いていると、前方から一眼レフをぶら下げた若者が2人。

少なくとも、現地の人が街歩きをするエリアではあるようです。

 

さらに進むと数人の女子グループも目に入り、「一応、観光地ということになっているのだな」と安心しました。

f:id:kokeshiyamada:20171001181551j:plain

 

わたくし好みの古い建物たちが、静かにたたずんでおります。

あえて「静かに」と書きますのは、重慶の繁華街はうるさいほど賑やかだからであります。

その喧騒に慣れた状態でここにたどり着いたので、静けさが身にしみたのでした。 

f:id:kokeshiyamada:20171001181317j:plain

 

以降は、ひたすら古い建物たちを眺めまわしながら、そろそろと歩きます。

f:id:kokeshiyamada:20171001181604j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171001181621j:plain

 

あまりにも静かなので、人は住んでいないのかもしれないなあ。

と思っていると、ぽつぽつとお年寄りの姿が見えるのでした。

f:id:kokeshiyamada:20171001181702j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171001181718j:plain

 

おそらく、下浩老街にあるほとんどの建物が廃墟だと思われます。

というのも、「拆(chāi)」という字をたびたび見かけました。

拆は「取り壊す」という意味なのです。

f:id:kokeshiyamada:20171001181732j:plain

 

私はいつも一人旅ですので、歩きながら大声を出すことはないのですけども、それは置いといても、ここでは声を出すのがはばかられるのでした。

声を出したとしても、まわりの静けさの中に吸い込まれてしまいそうです。

よく森を形容する表現として使われる「鬱蒼とした」という形容が似合います。

f:id:kokeshiyamada:20171001181932j:plain

 

ブラックジャックな 猫が見守るこの配管、まだ現役なのでしょうか。

f:id:kokeshiyamada:20171001182029j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171001182048j:plain

 静かに静かに歩いてきた下浩老街散策も、そろそろ終わりです。

入ってきたのとは反対側の、出口っぽい階段を上って街の外へ出ます。

 

階段を上りきって振り返ると、この看板が私を問い詰めてきました。 

「取り壊し区域。安全に注意。入らないでください」

f:id:kokeshiyamada:20171001182101j:plain

 わーーーーーー! ごめんなさいごめんなさい。

誰に対してだかわかりませんが、とりあえず謝ります。

 

すでに散策を終えた後でこの看板に遭遇して良かった。

こっちから入場しなくて良かったです。

 

皆様も、絶対にこっちから入らないでくださいね。

もちろんあっち側からも入ってはダメですよ。

 

重慶軌道(地下鉄/モノレール)の3大名所 〜秘境駅・ビル貫通駅・見晴らしマック〜

3大名所などと書いてますが、私が勝手に決めました。

それも、自分が行動した狭い範囲で決めました。

 

そんな独断に基づいた名所案内ですが、さっそくどうぞ。

 

1. 眼前に荒涼たる景色が広がる秘境駅「曹家湾」駅

重慶行きを決める前からツイッターで見て気になっていたこちらの駅。

その写真を見たときに、「なんでまた、そんなところに駅を?」と誰もが思わずにはいられない駅。それが重慶軌道6号線の「曹家湾」駅です。

f:id:kokeshiyamada:20170917203144j:plain

どうせ何もない駅ならば、と朝一番に行ってみました。

お店などが開いている時間を使うのはもったいないですからね。

 

中国の地下鉄の入り口には必ず荷物検査場がありますが、乗降客がほとんどいないこの駅にも、しっかり配備されていました。

お姉さん2人が待機しており、「ああ、いるなあ。暇そうだなあ」とチラッと見てから、私は私で閑散とした駅の様子を撮影しておりましたら……

呼び止められて、写真を消すように言われました。

こめんなさい。

中国では地下鉄の駅を撮影しちゃダメなんだね。

皆様もお気をつけあそばし。

 

さて、曹家湾駅はほとんど乗降客がいないにもかかわらず、エスカレーターも完備。

するるるるるっと昇っていきますと、はい地上に到着。

f:id:kokeshiyamada:20170917203532j:plain

あ。ほんとに何もないわ。

 

念のため、引きのお写真もどうぞ。

f:id:kokeshiyamada:20170917203616j:plain

なるほど。「荒涼」という言葉がこれほどふさわしい駅もあるまいて。

 

しかし、この駅で降りたのは私だけではなかったのです。

写真にも写り込んでいるように、ほかのお客さんもいましたよ。

それに、駅の出口付近には、白タクだと思われるおじちゃん&お兄ちゃん2名(こちらはバイク)の計3人が待機してました。

ということは、この駅で降りてどこかに向かうニーズがあるってことだよね。

 

ともかく、この未来の駅前広場をご覧ください。

ここには可能性だけが広がっているんですよ。

噴水のある美しい公園を作ろうかしら?それとも…

高級マンションをぶっ建てて富裕層から金を巻き上げてやろうかしら? 

いろんな妄想が膨らみますね。ね?

f:id:kokeshiyamada:20170917203844j:plain

道路の状態もご覧の通りですので、開発の可能性が無限大です。

f:id:kokeshiyamada:20170917203859j:plain

 

この何もない秘境駅まで足を伸ばして私が学んだ唯一のこと。

それは「何もない駅で降りたところで、やることは本当に何もないな」ということです。

  

2. ビルをモノレールが貫通する「李子坝」駅

こちらも、重慶行きを決める前から気になっていた駅です。

大阪では高速道路がビルを貫通していますが、こちら重慶ではモノレールがビルを貫通しております。

この李子坝駅に向かうモノレールに乗ったあとしばらくしてから、「あ!車両の先端に行って貫通する様子を撮ろう!」と思ったのですが、時すでに遅し。

先頭車両の先端にはすでに一群の人々がいて、後から行った私が割り込むことはできそうにありませんでした。 

皆様におかれましては、乗車してすぐに先頭車両の最先端を確保しておかれますよう、アドバイスいたします。

 

ま。乗車時には撮れなかったけど、下車すれば斜め下から撮り放題どすえ。

 

はい、これからビルを貫通しま〜す。 

f:id:kokeshiyamada:20170917205223j:plain

 貫通しま〜す。

f:id:kokeshiyamada:20170917205325j:plain

 しま〜す。

f:id:kokeshiyamada:20170917205336j:plain

以上。あっという間のできごとです。

行く前に期待したより、あっけなく終了しました。

 

この写真を見ると、ビルの7階を通っていることがわかります。

f:id:kokeshiyamada:20170917205611j:plain

 

電車が貫通するビルの中に駅がある。 

これこそが本当の駅ビルだな。 

f:id:kokeshiyamada:20170917205431j:plain

f:id:kokeshiyamada:20170917205447j:plain

 

駅の内側から外を眺めた様子。

向こう側からモノレールがビルに突っ込んできます。

f:id:kokeshiyamada:20170917205504j:plain

 

3. モノレールを眺め放題のマックがある「牛角沱」駅

続いて3つ目は、たまたま見つけたんですけども。

地下鉄3号線と2号線が交差する「牛角沱」駅にあるマクドナルドの窓際に座ると、モノレールが行き来する様子を見放題ですのよ。

わたくし、さほどモノレールには興味ないのですけど。

そんな奴でも、カラフルな車体をほけら〜っと眺めているのはなかなか楽しいです。

 

f:id:kokeshiyamada:20170917210838j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170917210854j:plain

 

重慶ってさ、重慶ってさ。

林立するビル群をバックに地上と地下を縦横無尽に走るモノレールの絵面が、めっちゃ未来都市っぽくない? ない?

未来都市っていう概念自体が昭和の遺物ですけども。

 

 

ちょっとマックのおまけ画像を貼っときますね。

 

中国では、朝マックでお粥が食べられます。

お粥とハッシュポテトのセットで6元(100円弱)です。

この朝食メニュー、日本でも導入してほしいな。 

f:id:kokeshiyamada:20170917211140j:plain

マックの広告に抜擢されたということは、この人が中国大陸を代表する旬のイケメンということですかね。誰だか知らんけども。

f:id:kokeshiyamada:20170917211206j:plain

 

以上が、私が勝手に決めた重慶軌道の3大名所です。

鉄道に詳しい方、重慶滞在が長い方、「もっと他に取り上げるべき駅があるだろ!」という場合は教えてください。

次回の重慶訪問の折に行ってみたいと思います。

 

 

以下は、重慶軌道で移動中で見かけた、捨てるにしのびない小ネタちゃんです。

 

立ち上がってロボットに変身するに違いないビル。

f:id:kokeshiyamada:20170917211359j:plain

 

お金の匂いがする駅。

f:id:kokeshiyamada:20170917211455j:plain

 

この石油路には、いったい何があったのでしょうか。

帰国してしまった今となってはわからないし、別に知りたくもありません。

 

こんな投げやりな感じで今回は終了です。