いつかどこかで野垂れ死に by こけし山田

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

タイル見物&遊郭建築に泊まる横浜→福岡 片道5日プラン by 青春18きっぷ

注意!

これは今日思いついた旅行プランであり、まだ行ってません!

実行したら、その模様をまとめます。

 

 

今日、青春18きっぷを使って5日かけて福岡まで帰省するプランが頭に浮かんだので、勢いで移動時間などを調べて自分用のメモとしつつ、皆様にも公開いたします。

 

【目次】

 

18きっぷでのルート調べはジョルダンを使うと便利

青春18きっぷは、JRの普通・快速列車に1枚で1日乗り降り放題という便利&おトクな切符です。ちょっと公式さんから引用してみましょう。

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。
青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。お一人での5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行などの「鉄道ぶらり旅」に、ぜひご利用ください。

私は5枚つづりの18きっぷを、1人で5日分の切符として使います。

なので、横浜から5日分の移動費が、なんと12,050円!

(※もちろんJRの該当列車に乗る場合に限る)

 

この18きっぷを最大限に活用して、年末に実家に向かうルートを作成するのです。

しかし普通に列車のルート検索をすると、新幹線や特急列車を使うスピーディなルートが上位に出てきます。

そこで使うのが、ジョルダンの「青春18きっぷ」画面です。

f:id:kokeshiyamada:20191112212548p:plain

普通にアクセスすると「かんたん検索」の画面になりますが、横の「青春18きっぷ」をクリックするとこのような画面がでます。

駅名の部分にJRの駅名を入力すればOKでございます。

この機能を利用して、12月下旬に横浜から福岡の実家に帰省がてら観光をモリモリ盛り込むプランを作成してみました。

愛知で大好きなタイルと陶器を見学し&広島と萩で元遊郭建築に泊まる、俺得プランです。

皆様はもちろん、ご自分の趣味に合わせて、下車駅ごとに町歩きやら食事や宿泊を盛り込まれたらよろしいかと。

 

【1日目】横浜 → 多治見へ移動し、モザイクタイルミュージアム見学

自宅最寄の保土ヶ谷駅を7時07分に出る列車に乗り、数回の乗り換えを経て13時51分に多治見駅に到着。

バスかタクシーでモザイクタイルミュージアムに向かいます。

少なくとも3時から5時まで、2時間は見学ができるはず…!

(乗り換え等でミスしなければ、だが) 

多治見駅から名古屋駅まで、18きっぷが使える快速電車で38分。

名古屋駅付近で夕食をいただき、夜はJR名古屋駅の近くに宿泊します。

泊まるなら、やっぱチサンインかな〜 

www.kokeshiyamada.com

 

【2日目】名古屋 で「ノリタケの森」を見学して 大阪に移動

名古屋→大阪は青春18きっぷが使えるJR線でも約3時間しかかからないので、名古屋で少し自由時間をとることができます。

そこで名古屋のホテルをチェックアウトしたあと、ノリタケの森を見学。

名古屋駅から徒歩15分という非常に便利な立地です。

www.noritake.co.jp

ノリタケの森でランチもいただけるので、午後まで滞在してから名古屋駅から大阪へ移動。

夜は、大阪某所に買ったばかりのセカンドハウスに宿泊。

ここで洗濯をしたり、雑務を遂行したりします。

 

【3日目】大阪 → 広島へ移動し、遊郭建築の一楽旅館に泊まる

大阪駅を12時00分に出ると約6時間後の18:09分に広島に到着します。 

そのまま、広島駅から徒歩20分ほどの元遊郭の一楽旅館にチェックインし、近隣のお店で晩御飯を食べてから遊郭建築を堪能。

朝起きてからも、遊郭建築をうろうろしまくってからチェックアウトします。

www.1-raku.jp

 

【4日目】広島 → 東萩へ移動し、遊郭建築の芳和荘に泊まる

広島の一楽旅館を出て、山口県の東萩へと移動。

10時31分に広島駅を出て3回乗り換えると、16時57分に東萩に到着します。

付近をぷらぷらして、2軒目の元遊郭のお宿「芳和荘」に宿泊。

smile-log.net

 

【5日目】東萩 → 福岡へ移動し、ようやく実家に到着する

芳和荘をチェックアウトし、東萩を13時03分発の列車で4回乗り換えて19時04分に博多に到着。そこから自宅に向かいます。

 

 

しゃーーー!!

年末年始は、ここんとこ海外で過ごしたり都内で過ごたりしていましたが…

このルートを使えば私は旅気分を味わうことができ、無事に実家にも到着して母親も喜ぶのでWin-Winですね。

 

帰りのルートは門司港からフェリーで大阪に移動するプランが浮上しております。

あるいは福岡から釜山&ソウル経由で成田空港に向かうプランもアリかもしれません。(現地で海鮮のビビンバを食べたいんだよ)

 

というわけで、18きっぷを使うと、いつもと毛色の違う帰省が楽しめまっせ。

というお話でした〜 (すみません。まだプランであって実行してませんけど)

ビバ!18きっぷ!ボンボヤージュ!一路平安! 

大連賓館(旧ヤマトホテル)で珈琲を頼むとひまわりの種が付いてきたin 2019秋

こんばんは。

古い建物大好きマンのこけし山田です。

今回は、ワケわからんタイトルでお届けします。

(いや、内容的にはタイトル通りなのですが、SEO的にどうなのよコレ?)

 

10月下旬に行った大連でひときわ思い出に残っております大連賓館(旧ヤマトホテル)のお話です。

 

例によって「春秋航空のセールで安かったから」という理由で行くことにした大連。

とはいえ、ここだけは行きたい!と思っていたのが、大連賓館。

その昔、南満州鉄道株式会社が経営していたヤマトホテルだったところです。

 

場所は、重厚な近代建築が立ち並ぶ「中山広場」。

 

その中でも、ひときわ威厳を放ち、どうにもこうにも目を引いてしまう建物、それが大連賓館です。

f:id:kokeshiyamada:20191108212751j:plain

2017年の10月31日から休業期間に入り、修復が行われていたようですが、私が行った2019年10月下旬にはロビーに入ることができました。

dalianpress.com

 

入るのにちょっと気後れするほどの威厳のある外観なのですが、写真の右下に可愛らしい文字で「coffee」って書いてあるのが見えるでしょ。

これを見て「カフェでお茶できるんだ!」と安心して入館した次第です。

f:id:kokeshiyamada:20191109175757j:plain


ご覧ください!渋く光る金のうねうねレリーフと……

私の大好物のシャンデリア!シャンデリア!シャンデリア!

f:id:kokeshiyamada:20191109180441j:plain

 

フロントの背面には、7つの掛け時計が整然と並んでおります。

f:id:kokeshiyamada:20191108213126j:plain

恐ろしいことにフロントには誰もいなかったのですが、写真を撮りながら廊下をウロウロしているとスタッフの方に声をかけられました。

私の中途半端な中国語のせいか、立ち居振る舞いからか、すぐに日本人とバレてしまい「日本の方ですか?」と日本語で聞かれまして。

以後は日本語で会話をすることができたので、正直、助かった!

 

すでに何枚も写真を撮っていたのですが、念のため写真を撮っていいか尋ねるとOKだったので、一層バチバチと撮りまくりました。

f:id:kokeshiyamada:20191109180338j:plain

 

こういう、ギラギラしすぎていないシャンデリアが好きなんです。

f:id:kokeshiyamada:20191109181052j:plain


不思議と私以外の人が出入りすることはほぼなく、「お客さんかな?」と思った男性2人はガラスを運んでいたので、建築業者さんのようでした。

もしかして、正式な開業前だったかも……?

とはいえ、ロビーでコーヒーをいただくことはできたのです。

 

で。カフェラテをオーダーして出てきたのがこれ!です!

f:id:kokeshiyamada:20191108212838j:plain

 今まで中国のあちこちで珈琲の類を飲んできましたが、ひまわりの種が付いてきたのは、実はこれが初めてです。

ちょっとびっくりしましたが、「これはつまり…このロビーに長居してもいいということだね?」と解釈。

種をぽりぽりといただきながらダラダラしつつ、思いついたように天井のシャンデリアを眺めたりして過ごしました。

  

思う存分に内装を眺め倒し、ひまわりの種も食べ尽くしたところで、外に出ました。

しかしどうにも名残惜しくて、また外観を別の角度から撮ってしまうのでした。

f:id:kokeshiyamada:20191109180853j:plain

さらば。大連賓館。

宿泊部分がオープンしたら、また来るから泊まらせておくれよ。

 

 

大連賓館の正面入り口の近くに貼ってあるプレートです。

左:「百年歴史酒店連盟」。下に小さく記してあるのは、いずれも旧ヤマトホテルです。大連の大連賓館、哈爾濱の龍門貴賓館、長春の春誼賓館、沈陽のり遼寧賓館。

この4館とも訪れてコンプリートしたいものであります。

右:「全国重点文物保護単位 大連中山広場近代建築群ー大和旅館旧趾」

f:id:kokeshiyamada:20191108213158j:plain

 

大連賓館のある中山広場のポスト。

周囲の近代建築とコーディネートしたかのようなクラシカルな佇まいです。

でも、大連のほかのエリアでもこのポストを見かけたのでした。

f:id:kokeshiyamada:20191109181145j:plain

 

大連賓館だけでなく、中山広場を取り囲むように見応えある近代建築群が立ち並んでおりますので、建築好きな方は中山広場にGOですよ。(そもそも大連に飛ばなきゃいけませんがね)

 

※ロシアの古い建物が残るロシア風情街、旧日本人街エリアのお屋敷などは、またの機会にまとめます。

 

 

今日、見に行くことができる国宝・重要文化財レトロ建築

今日、見に行くことができる国宝・重要文化財レトロ建築

 

 

もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築

もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築

 

 

大連・旅順 歴史ガイドマップ

大連・旅順 歴史ガイドマップ

 

【神奈川・逗子】長者ヶ崎海岸でシーグラス拾いまくり

前々から気になってるけど、なかなか機会がなくて、一度もやったことない。

ってこと、ありませんか?

私はあります!いっぱいあります。

 

その中のひとつが、海辺でシーグラスを拾うことです。(でした)

 

今日の午後、ふと時間が空いたので「あ、今日行こう!今から行こう」と思い立って、サクッと行ってきました。

向かったのは、神奈川県三浦郡葉山にある長者ヶ崎海岸です。

 

いや〜 思い立って行ってみて良かったっす。

シーグラスを拾えただけでなく、海岸を歩くだけで気持ちいいし、周辺は見応えのある個性的な一軒家がいっぱいありましたよ。

 

【目次】

 

1. 行き方:JR逗子駅or 京急新逗子駅からバスで「長者ヶ崎」へ

見出しで書いている通りでございます。

JR逗子駅または京急新逗子駅からバスに乗り、「長者ヶ崎」で下車してください。

私はJR逗子駅前のバス乗り場(2番)から出ているバスで向かいました。(約20分)

 

Googleマップを貼っておきますので、ご参考に。

 

駅前の案内板もせっかく撮ったので貼っておきます。

左下にあるのが、長者ヶ崎海岸です。

この地図の左側にある海岸線をひたすら歩いていけば、山のようにシーグラスが拾えるのでしょうなあ。

f:id:kokeshiyamada:20191104214208j:plain

 

2. 長者ヶ崎のバス停で降りて海岸へ。波打ち際へGo

長者ヶ崎のバス停を降りて道を渡ると、目の前に駐車場があります。

(トイレもあるので事前に済ませておく方がよいかも)

そっち方向に歩いていくと、海岸に降りる階段がございます。

階段からし砂まみれで足が滑るのでご注意くださいね。

手すりにしっかりお掴まりください!

なぜなら、私の後ろを歩いていた女性が滑っていたからです。

 

着きました!海です!海〜〜〜

f:id:kokeshiyamada:20191104214333j:plain

目的はシーグラス拾いだったのですが、ただ歩くだけでも楽しいな〜

と思いながら、秋の海辺を歩きました。

 

2. 成果!シーグラスと陶器の破片と珊瑚

浜辺を歩き出してしばらくは、シーグラスが1個も見つからず、

ダメか〜

もう全部拾われちゃったのかな〜

3連休だしな〜 

などと思っていたのですが…..…

しばらく歩いて石が溜まっているあたりに来ると、出た!出た!出た! 

丸い石ころや砂の中に、にぶく光るシーグラスたち。

一回見つかり出すと、よく見つかるようになりました。

 

途中の成果物。

f:id:kokeshiyamada:20191104214636j:plain

 白を中心にブルーと茶色のシーグラスも見つかって、満足〜

一度は満足したものの「やっぱりもっと欲しい」となって、さらに歩き進むのでした。

 

現場で撮ってみたくて砂の上にも並べてみました。

シーグラスのみならず、陶器の破片も見つかりましたよ。

f:id:kokeshiyamada:20191104214736j:plain

この写真を撮ったあとも、「もっと集めたい…もっとだ…」とさらに収集を続けました。落ちているキレイなものを拾うのは、妙に癖になりますね。

 

3. 周辺はユニークな外観の一軒家が多く、建築好きの方には眼福ですよ

行きのバスの窓から街を眺めていたときにも、帰りのバス停に向かって歩く途中にも思ったんですけどね。

このあたり、凝った外観の一軒家が多いっ!んです。

お写真は撮ってませんが、かなりユニークな形状のお宅もありましたよ。

やはり葉山という土地柄、(資産も趣味も)豊かな方々がお住まいなのであろうか?

などと思いながら、歩きましたえ。

シーグラスを抜きにしても、建築好きな方が歩くにもオススメのエリアです。

私も、また建物を存分に眺め倒したいと思います。

月に1-2回は通って、葉山=俺の庭ってことにしようかしら?

 

長者ヶ崎海岸をスタートして、葉山しおさい公園や美術館をめぐる散歩コースが、神奈川県のサイトに載っています。こちらもご参考にどうぞ。

www.pref.kanagawa.jp

 

 

4. 行くときの装備:サンダルか長靴&リュックが良いですね

今日はふと思い立って、普段の格好のまま行ったので反省点もございます。

まず、普通のスニーカーで行ったので、波打ち際を歩いていてたら、うっかり中の靴下まで濡れてしまいました。

 

みなさんは、ぜひビーチコーミングに適した装備でどうぞ。

  • 足元は、濡れてもいいサンダルか、絶対濡らさない鉄壁の長靴で
  • バッグは、両手の自由が効くようリュックで
  • 集めたシーグラスを入れる小さな袋か小びんを用意(※)

※私は小ぶりのレジ袋を持って行ったのですが、大きすぎました。

濡れたシーグラスを入れると袋の中が気持ち悪いので、むしろ洗濯ネットとか台所の水切りネットが良かったかもしれません。次回はそうしてみます。 

 

帰宅してキレイに水洗いして、お気に入りのお皿に乗せてみました。

珊瑚も貝殻も陶器もあり!

f:id:kokeshiyamada:20191104220034j:plain

 

【今後の野望】

庭に砂利石を敷き詰めるように、どこかにシーグラスを敷き詰めたい!

なので、また拾いに行きま〜す。

 

長者ヶ崎海岸以外でオススメのビーチコーミングスポットをご存知の方、教えてくださいませ。

 

 

2019年11月10日追記

5. 追記:シーグラス集めには洗濯ネットが便利!

ビーチコーミングの楽しさに目覚め、間をおかずまた行ってきました。

場所は同じく長者ヶ崎海岸。

前回の反省を生かし、ひざ下までの長靴を履き、洗濯ネットを携帯したところ、あまりにも順調にシーグラスが収集できました。

 

集めているときは洗濯ネットのファスナーを少〜しだけ開けて、そこから入れていくとよいです。こぼしたら大変ですからね。

砂まみれのまま入れても、たまにネットごと波で洗えば綺麗になるので便利です。

f:id:kokeshiyamada:20191110212220j:plain

 

空・海・波・砂のストライプができていたのでパチリ。

f:id:kokeshiyamada:20191110212409j:plain

 

前回よりもコツがわかったので大量に採れてしまいました。(写真手前が今回)

  • 防波堤の横の石の吹き溜まりみたいな場所にたくさん落ちている
  • 波打ち際に限らず、乾いた砂を棒などでざっと掻いても出てきたりする
  • 一度見た場所も、また後で歩いてみると見つかったりする

f:id:kokeshiyamada:20191110212748j:plain

 

というわけで、どうやら私は、新しい楽しみに目覚めてしまったようです。

集めたシーグラスや陶器片は、大阪に買った家の玄関にどっさり置いて、おさわり放題にしようと思います。

 

ビーチコーミングをはじめよう 海辺で楽しむ宝探し

ビーチコーミングをはじめよう 海辺で楽しむ宝探し

 

 

ときめく貝殻図鑑 ときめく図鑑

ときめく貝殻図鑑 ときめく図鑑

 

 

  

80代の母を伴った首都圏の移動の注意&飲食店選び

ふだん一人でサクサク行動している人間が、80歳の高齢者を伴って首都圏を移動すると一体どうなるのか?  

結果!

  • 年配者と一緒だと予定通りに移動ができない 
  • だから、それなりの配慮&時間配分が必要 

という教訓を得ましたので、残しておきます。

 

ご年配の方を首都圏の観光に案内する予定がある方、予習にどうぞ。

 

【目次】

 

教訓1:乗り換え案内の時間通りには移動できねえええええ!

いつも便利に使っていて、自分一人ならサクサク移動できる乗り換え案内サービス。

(ちなみに私はジョルダンを愛用)

 

と・こ・ろ・が……

年配者と一緒だと、エレベーターやエスカレーターを探す時間が必要なので、時間がかかります。

なので、必ずしも最短では乗り換えができないのですね。

そうか!

ベビーカーを伴って移動する方がエレベーターの場所を把握しているのは、そのためだったのか!

お恥ずかしながら自分が同じ立場になって初めて、その大変さを思い知りました。

事前に調べて、エレベーターとエスカレーターの場所を把握しておけばいいのでしょうが、そこまで気が回りませんでした。

 

はっ!これを書きながら思いついたんですけど…

駅でベビーカーを尾行すればエレベーターにたどり着けるんじゃ……(知らんけど)

 

【後で知ったこと】

東京都内を地下鉄で移動する方は、「ベビーメトロ」というサイトを見れば、エレベーターで上下を移動できるか否か、エレベーターの位置などがわかります。

タイトルとビジュアルは赤ちゃん仕様になっていますが、高齢者や身体の不自由な方が特に知りたい情報が掲載されておりますよ。 

例えば、地下鉄の銀座駅を調べてみると、この画像が出ます。

地上・ホーム間をエレベーターのみで移動できる(=階段を使わずに済む)ことがわかります。

(↓ ベビーメトロのサイトからスクショ)

f:id:kokeshiyamada:20191028162940p:plain

 

トイレやエスカレーターの位置もわかるので、使いこなせば便利そう……

例:銀座駅

f:id:kokeshiyamada:20191028163300p:plain

 

www.babymetro.jp

 

【まとめ】

  • 「年配者の乗り換えには時間がかかる」前提で、ゆったりした行程を組むべし 
  • 使う駅のエレベーターとエスカレーターの場所を事前に把握しておくべし 

 

教訓2:グリーン車があるなら、グリーン車に乗れえええええ! 

(※以下、首都圏を走るJR東日本の列車についての話です)

電車で移動する際は、母には優先席に座ってもらうようにしていました。

が、日曜日に横浜から上野に向かうとき乗った「上野東京ライン」の人の多さには参った!

横浜駅で乗車した時点で「え?東京方面でなんかイベントあるんだっけ?」というぐらい激混み。母を座らせる席を見つけきれず、二人で立ったまま乗っておりました。

母はもちろんですが、正直、50歳の自分もしんどいわけです。

このまま上野まで立ちっぱなしは無理だおおおお。

と思っていたら天の声が…!

車内放送の中でグリーン車という言葉が頭に刺さってきたのです。

それだ〜!!!!

さっそく川崎駅で降りて、次の列車のグリーン車に乗り直すことにしました。

(↑ ここで列車を乗り直したロスがあったのですが、あらかじめ30分の余裕をもたせておいたことが功を奏しました) 

 

グリーン席の料金は、ホームにあるマシンでSuicaで支払えます。 

が、ホームのマシンではモバイルSuicaは使えないのです。

ぎゃーー!なんでやねんなんでやねん!

と思って駅員さんに尋ねたら、なんとモバイルSuica内で購入可能とのこと。

さっそくモバイルSuicaを立ち上げ、サクサクとグリーン券を買いました。

www.jreast.co.jp

とりあえず電車が来たので乗り込んで、母を座らせました。

席は自由席で、モバイルSuicaを座席の上にあるSuicaマークにかざすとOKです。

が、ここで問題が発生。

母のグリーン席を買った後、自分の席もモバイルSuicaで買おうとしたらできませんでした。なぬ〜 ???

車掌さんが来たので聞いてみると、モバイルSuicaでは1人分しか買えないとのこと。

あと1席分は現金で払う羽目になりまして……

私は現金の手持ちがなく、いい年こいて母に払ってもらいました。

この「モバイルSuicaでは1人分のグリーン席しか買えない」罠は知っておいた方がいいですね。

しかも、川崎→ 上野間のグリーン席、モバイルSuicaなら580円だったのに、車内で現金払いすると840円しましたからね。ぎゃふん!

Suica圏外の人をグリーン車に乗せる場合は要注意ですよ。

 

と、初めてのグリーン席購入に若干とまどいましたが。

座席自体はさすがにグリーン! お金を払った甲斐のある快適っぷりを発揮。

「このままずっと乗っていたい」などと母も申しておりました。

 

ふだんグリーン席に座らない方でも、年配者の案内をする前に予習で一回乗っておくことをオススメします。ぶっつけ本番でオロオロした私からのアドバイスですお。

 

【まとめ】

 

↓ 首都圏でグリーン車に乗れる電車(普通列車)の情報はこちら。

www.jreast.co.jp

 

(↓ 上記のサイトからのスクショです)

f:id:kokeshiyamada:20191027220030p:plain

 

飲食店は、高級店の個室を選んで正解いいいいい!

最後に、家族4人で行った週末に行った中華街のレストランについて。

母は足が悪いので、お座敷タイプの飲食店がNGです。

どうも、椅子の方が圧倒的に座るのがラクらしい。

「年配者→和食→お座敷」みたいな勝手な思い込みで店を選んじゃいかんな〜

と改めて感じました。

このあたりは、対象者の体の具合やお好みを事前に確認しておくに越したことはありません。

 

母は歯もあんまり良くないので、その点にも留意してお店を選びました。

その際に助かったのが、ツイッターでの募集に寄せられたお店情報です。

みなさんが色々と教えてくださったのがありがたくてありがたくて…

 

そのときのツイートがこちら。

このツイートについているリプライ、同じ条件にあてはまる方の参考になるはずなので、どうぞご覧になってくださいまし。

 

教えていただいたお店の中から、老舗で安心感のある聘珍楼を予約して行きました。

家族4人で、個室の回転テーブルをくるくる回し放題!

エビがデカい!ホタテがデカい!キクラゲが分厚い!

など、まずもって素材の豪勢っぷりに感嘆してからのお味に感動。

f:id:kokeshiyamada:20191029211942j:plain

ある意味で母の接待みたいなもんなので、丁寧なサービスをしてくれるお店を選んで良かったです。自分がふだん、この手のお店に行かないもんだから、自分が打ちのめされちゃったよ。

締めのデザートまで堪能し、良い経験となりました。

 

【まとめ】

  • 飲食店選びは、年配者の体の具合と体調に合わせてリサーチ&チョイスを
  • 落ち着ける完全個室&丁寧なサービスには、お金を払う価値ありあり

 

 

以上3つ!

齢80の母親を伴って行動するという特殊な条件下で、ふだんの海外旅行では得られない経験をしました。

次回からは、今回の教訓を生かして、もっとスマートにエスコートできる気がするっ!

いえ、します。  

 

 

 

マチュピチュ&クスコ旅行:個人手配でいくら? 準備は?注意は?まとめ

 

例によって新規の記事を書かずにお届けするまとめシリーズ第3弾!

今回は、2019年のゴールデンウィークに行ってきた、ペルーの世界遺産マチュピチュとクスコ旅行のまとめです。

基本的に過去記事を一箇所にまとめたものなので、新規の情報はありませんが、これから行く予定の方のために私が使った金額も書いておきます。

 

【目次】

 

 

1:予算:航空券、ホテル、マチュピチュ見学、列車などの料金

なにしろ日本と反対側の南米、なにしろ入場料が必要なマチュピチュ遺跡。

ってことで、相応のお金がかかるのは覚悟されているかと思いますが…

実際のところ、どうなん?

というのを、わたしの実体験から列記していきます。

 

前提として旅程を置いておきますね。

旅行期間は2019年4月25日〜5月8日です。

(見苦しくてすみません。実際に現地まで持って行ったA4の用紙です)

f:id:kokeshiyamada:20191015175628j:plain

 

以下、かかった費用です(記録のある範囲で) 。

1ソルは33円、1USドルは110円で計算しています。

  • 東京ークスコの往復航空券:HISの店舗で193,050円
  • マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ山の入場料:208.06ソル(約6,866円)
  • マチュピチュ遺跡+マチュピチュ山の入場料:208.06ソル(約6,866円)
  • ペルーレイル:オリャンタイタンボ→マチュピチュ村(ハイラム・ビンガム)149USD(約16,390円)
  • ペルーレイル:マチュピチュ村→オリャンタイタンボ(ビスタ・ドーム)54USD(約5,940円)
  • マチュピチュ村のホテル3泊:12,561円
  • マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡行きのバス2往復:48ソル(約1,584円)
  • オリャンタイタンボのホテル3泊:8,155円
  • ウルバンバの崖にへばりついたホテル「スカイロッジ・アドベンチャーズ」1泊:61,691円
  • クスコのアルマス広場に面したホテル4泊:21,140円
  • ほかに掛かった費用:日本での高山病の予防薬の処方、アメリカ経由だったのでESTAの申請費用、現地でのタクシー・乗り合いバスなどの交通費、食事代やカフェ代(観光地なので意外と高くつきます)、チップ(これが意外とかかります)

 合計金額… 怖すぎるので計算しないでおきます。

 

わたしの場合は下記の理由で旅費が高くついていますので、この4項目を削るか安く済ませれば、かなり予算を削減できます。

  1. 航空券を旅行会社の店舗で購入した(ネットならもっと安いです)。
  2. マチュピチュ遺跡に2回行ったため、入場料・村の滞在費などが2倍に。
  3. オリャンタイタンボ→マチュピチュ村への列車を一番高い「ハイラム・ビンガム」にした。
  4. 崖にへばりついたホテルが1泊6万円以上!!!!

 

上記の通り、私は成田-クスコを19万円ほどで買いましたが、もっとずっと安く飛ぶワザもあります。

時期によっては韓国の仁川空港から南米までの激安チケットがあるのです。

日本各地からソウルまではLCCを使えば安く飛べますので、仁川発着を狙ってみるのもアリですよ。

わたしも、タイミングが合えば、次のペルー行きはそうしようかと考えております。

www.kokeshiyamada.com 

 

2:日本で準備したこと(高山病対策、マチュピチュの手配)

マチュピチュ&ペルーの旅行プランを立てる前にざっと読んでいただくと参考になる記事を貼っておきますね。 

www.kokeshiyamada.com

 

高山病対策についてはこちらをご覧ください。

端的に言えば→ 日本の病院で高山病の薬「ダイアモックス」を処方してもらう

www.kokeshiyamada.com

 

 

3:個人手配でマチュピチュに行くには?

マチュピチュに行く方法を、手配がラクな順に並べるとこうなります。

下に行くほど面倒ですが、そのぶん自分の自由度が高くなります。

  1. マチュピチュ観光が含まれているツアーに参加する
  2. 現地までは自分で手配し、現地でマチュピチュツアーに参加す
  3. 事前にネットでマチュピチュのチケットを手配する

私は自由度を優先して3をチョイスし、自分で手配して向かいました。

個人手配でマチュピチュに行く方法は、こちらをご覧ください。

www.kokeshiyamada.com

 

現地ではどのようなルートでマチュピチュ遺跡にたどり着くのか?

実際に行ってきた経験をまとめました。

事前に目を通していただくと、日程を組む参考になると思います。 

www.kokeshiyamada.com

 

クスコからマチュピチュ遺跡への中継地点にある小さな町、オリャンタイタンボ。

山あいののどかな町なので、日程に余裕のある方はここでマチュピチュ疲れ(興奮)をクールダウンするのも良いですよ。わたしはそうしました。

www.kokeshiyamada.com

 

 多少お金がかかっても、貴重な体験にはお金を払いたい…!

という貴方へ。

ペルーレイルの中でもっともグレードの高い列車に乗ってみた記録です。

ふだん贅沢をし慣れていない私のような方にこそ、レアな体験としてオススメです。

www.kokeshiyamada.com

 

マチュピチュまで行くなら、ぜひ合わせて体験してほしいのが崖にへばりついたカプセルに泊まれる「スカイロッジ・アドベンチャーズ」の宿泊体験。

いや、宿泊というよりは崖登り&崖上からのジップラインでの下り体験でした。

あまりにもスカイロッジでの体験が濃すぎて、未だにブログに書ききれておりません。

1泊6万円と高額ですが、「ここでしかできない体験をする」という意味では払っても惜しくない金額でした。

滞在記や注意点については、いずれまとめます……きっと… 

 

Airbnbで、Skylodge Adventure Suitesと入力すれば出ます。

www.airbnb.jp

 

tg.tripadvisor.jp

 

 

4:何を見る? クスコの観光あれこれ

旅行のメインの目的はマチュピチュだとしても、クスコ観光にも時間をかけないともったいない!です。

世界遺産の街クスコは、石畳に石造りの重厚な建物が建っておりまして、街全体が絵になるっ!とにかく目を見張る光景が広がっております。

特にキリスト教会の内部は、ひれ伏したくなるほど豪華絢爛な装飾が施されていて、たとえどの宗教を信仰していても、信仰していなくても、必見でございますよ。  

www.kokeshiyamada.com

 

クスコで泊まったホテル、食べたもの、便利なクリーニングサービス、エアメールの出し方は、こちらをどうぞ。

www.kokeshiyamada.com

 

クスコの人々のふだんの様子を垣間見れるのが、巨大なマーケット「サンペドロ市場」。

お土産ショッピングや庶民的な食事はもちろんですが、ただ見て歩くだけでも楽しいです。

ペルー滞在の最終日に市場周辺を歩いて、ようやく私は「ついにここまで来たんだ!」という実感を得ることができました。 

www.kokeshiyamada.com

 

クスコは世界遺産の街だけあって、自分を含めて大勢の観光客の喧騒がすさまじいです。物売りの方から頻繁に声をかけられるのも、だんだんしんどくなってきます。

そこで逃避です!逃げるんです!近郊の小さな街に。

www.kokeshiyamada.com

 

ペルーに限らず、どんなに現地の料理が美味しくても、日本を離れている期間が長引くと白米だったり醤油味が恋しくなってしまいますよね。

わたしはペルー滞在の後半はかなりライスシック(さっき作った造語)に罹患しており、2夜連続で日本食レストランに赴き、2夜連続で白米&醤油を堪能しました。

というわけで、事前に日本食レストランの存在を知っておくと心強いですよ。

www.kokeshiyamada.com

 

続いては、まったく実用性ゼロの情報です。

ペルーでローカライズされた「チーファ」と呼ばれる中華料理について気になったことをまとめました。

「aeropuerto(空港)」という料理の語源が知りたいので、ご存知の方は教えてくださいませ。

www.kokeshiyamada.com

 

 

5:次に行くならこうする!ここに行く!

2019年のGWに2週間近く費やしたものの、行き損ねた場所がまだあります。

またペルーに行くなら、次はこんなことしたい!リストです。

  • クスコを拠点にレインボーマウンテンに登る
  • チチカカ湖のある町プーノに行く
  • ボリビアの首都ラパスでロープウェイに乗る
  • ウユニ塩湖の塩のホテルに泊まる 
  • ウユニ塩湖にある「列車の墓場」を見る

 

 参考になりそうなリンクを貼っておきます。(自分のためにも)

www.travel.co.jp

 

komiagero.com

 

trip-s.world

 

www.travel.co.jp

 

atsushiyoshida.com

 

 

ダメだ… これをまとめているうちに、行き損ねたところに行きたくなってきた…

行くなら… 来年以降になるよね。

でも年齢とともに体力がみるみる落ちているから、なるべく早く行かないといけないね。ふえええ。

 

 

  

B23 地球の歩き方 ペルー ボリビア エクアドル コロンビア 2018~2019
 

 

世界遺産マチュピチュに村を創った日本人 「野内与吉」物語 - 古代アンデス文明の魅力 -

世界遺産マチュピチュに村を創った日本人 「野内与吉」物語 - 古代アンデス文明の魅力 -

 

 

ウユニ塩湖完全ガイド(ライツ社)

ウユニ塩湖完全ガイド(ライツ社)

 

 

 

氷祭り、中華バロック建築、ロシア国境の街…ハルビンはイイぞ 

先日の重慶まとめに続き、今日はハルビンのまとめ!

というのも、わたくしハルビンにも2回訪れておりまして。

なおかつ、暖かいシーズンにまた行こうと思っておりまして。

 

とにかく、ハルビンはイイぞ!

と皆さんにオススメしたいので、基本情報から見どころまで一箇所に置いておきますね。

 

↓ わたくしの考えるハルビンの見どころでサムネール画像を作るとこうなります。

f:id:kokeshiyamada:20191013182626j:plain

 

【目次】

 

 

航空券やお宿、現地での移動方法、物価などの基本情報

すでに「ハルビンに行こうかな」「行く!」とお考えの方のための基本情報です。

 2019年の1月に訪れた際の実体験をもとにしております。

www.kokeshiyamada.com

 

こちらは2017年に訪れた際の情報なので、やや古めです。

上海などの大都市に比べて宿代や食事代が休めなので、節約派の方にも旅行しやすいです。

www.kokeshiyamada.com

 

 

ハルビンの観光といえばコレ!極寒の氷祭り

世界三大氷祭りのひとつである、ハルビンの氷祭りの基本情報です。

ツアーに参加しなくても、意外と簡単に個人旅行で行けちゃいますので、そのガイドとしてご覧ください。 

www.kokeshiyamada.com

 

氷祭りの時期はめちゃめちゃ気温が低いので、こちらに寒さ対策をまとめています。

www.kokeshiyamada.com

 

 

私のダントツ推しは、古いまま残っている中華バロック建築 

ハルビンに2回訪れて2回とも見てきたのが、いわゆる中華バロックと呼ばれる(誰が呼んでるんだ?)建築群です。

2017年に訪れた際には健在だった建物群が、2019年には取り壊し(もしくは改装?)予定となっていました。

どこの国でもそうですが、古くて味のある建物は、いつなくなってしまうかわからないので、なる早で観に行ってください。お願いします。(←いつもこういうこと書いてるな)

www.kokeshiyamada.com

  

www.kokeshiyamada.com

 

www.kokeshiyamada.com

 

 

ニッチ方面:ロシア国境の街に行く&配電盤ウォッチ

国境ファンの皆様には、こちらを。

ハルビンから鉄道に乗って訪れたロシア国境の街・綏芬河の様子です。

私は日帰りしましたが、時間のある方は一泊してみても面白いと思いますえ。

あるいは、もうロシアまで行っちゃうか、ですね。

(もちろんロシアビザは事前に準備してください)

www.kokeshiyamada.com

 

特にハルビン名物でもなんでもない配電盤がむやみやたらに可愛かったのでウォッチしてコレクションしてみました。

www.kokeshiyamada.com

 

 

以上で、ハルビン推しのまとめを終わります。

 

 

 

 

 

「重慶観光って何するねん?」に、2回行った私が答えるまとめ

最初に謝っとく!

たった2回しか行ってないのに重慶を語ってすまん!

 

近年、重慶は中国国内で観光地として脚光を浴びているのですが、いかんせん日本で発売されているガイドブックだと情報が少ないんですねん。

だから、偏った視点とはいえお役に立てると思うので、語らせてください!

 

※過去記事のまとめですので、特に目新しい情報はございません。 

f:id:kokeshiyamada:20191009204001j:plain

重慶随一の観光スポット「洪崖洞」は、週末の夜こうなります。

帰りのタクシーを確保するのが難しいので、近くに宿を取るなりなんなりご準備を。

 

 

【目次】

 

 

重慶の基本情報&行く場所のリストアップ

行く前に知っておいた方がいい重慶観光の基本情報はこちら。

※2017年時点の情報なので、ご注意ください。

www.kokeshiyamada.com

 

さて。重慶でいったい何を見るのか?どこに行くのか?

 

私は、初めて重慶に行く際に自分で調べて見どころを調べてピックアップしてまとめました。こうしておくと、自分はもちろん、他の人にも役立っているみたいです。 

この中から、行けたところと行けなかったところがあります。

www.kokeshiyamada.com

 

いっそ中国の観光情報サイトに飛んでみるのもアリですよ。

例えば、このページだと重慶を3日間で遊び倒すコースが乗っています。

この通りではなくても、行く場所や回るルートの参考になります。

www.mafengwo.cn

私もこのリンクを張りながらページを見てみると…

「なに!それ知らんかった!」というスポットが出てきて次回の参考になるのでした。

 

重慶に着いてから、このイラストマップを手に入れるのも、おすすめです。 

書店や観光スポットで販売されています。

f:id:kokeshiyamada:20191009161433j:plain

重慶の見どころが、最寄駅とともに1枚にまとまっているので、めちゃ便利です。

↓ 駅名をペラっとめくると観光スポットの写真・住所・営業時間などが出てきます。

f:id:kokeshiyamada:20191009203020j:plain

 

 

【みどころ1】坂の街 重慶の高低差を体感できる場所

高低差のある重慶の様子を、さして体力を使うことなく優雅に体験できるのが、こちらのロープウェイ。 

なおかつ、ロープウェイを渡った先の街(渋め)をブラブラしてみると楽しいです。

www.kokeshiyamada.com

 

こちら、自らの足腰をもって重慶の高低差を実感し、筋肉に焼き付けるコースです。

www.kokeshiyamada.com

 

 

【見どころ2】早く見ておいた方がいい光景、スポット 

初めて重慶を訪れた際、私をぶん殴ってきた光景は、観光名所でもなんでもなかった… 

坂の多い重慶で、人力で荷物を運ぶ「棒棒(バンバン)」と呼ばれるおっちゃん達です。

もう新規で参入してくる若い人はいないようで、いま現役の方々が引退したときが、この光景の見納めとなります。たぶん…

www.kokeshiyamada.com

 

2回目の重慶訪問の際に訪れた、古〜い茶館。

古い建物がお好きな方、時間が止まったような場所がお好きな方に、熱烈推薦します。

www.kokeshiyamada.com

 

 こちらはすでに再開発で見られなくなってしまった街です。

www.kokeshiyamada.com

 

 

【見どころ3】個性的すぎる駅 & たまたま見つけたもの

高低差が著しい重慶の複雑な地形を縦横無尽に走る重慶軌道。

その中で、ユニークな3つの駅をピックアップしました。

www.kokeshiyamada.com

 

気になる看板に導かれて階段をひたすら登っていくと、「え?こんなとこに?」という一角でひっそりとカフェが営まれていました。

www.kokeshiyamada.com

 

美しい書店として世界的にも有名な「鐘書閣」。

その近くにある商業施設で目を引いた、おしゃれ度数ゼロの遊具たち。

鐘書閣の内装に惚れ惚れしたあと、この遊具たちを眺めれば、中国の商業デザイン(?)の振り幅を、これでもかと実感できます。

洗練されたものと下世話なもの(←ごめん)が近距離で同居しているのが、中国の面白さですよね。

www.kokeshiyamada.com

 

【見どころ4】古い建物が残る、郊外の「万霊古鎮」  

スケジュールに余裕があり、かつ古い建物がお好きな方は、郊外の「万霊古鎮」にも行ってみて欲しいなあ… 

www.kokeshiyamada.com

 

 

最後にもう一回、洪崖洞の写真を載せておきますね(しつこい)

これだけ建物のインパクトがありながら、一番頭に残っているのが「人がめちゃめちゃ多いな…」ってことでした。その点をお覚悟の上、訪れてくださいませ。

f:id:kokeshiyamada:20191009204244j:plain

 

以上で、重慶の見どころまとめを終わります。

 

 

アライド 麻辣ピーナッツ 花山椒入り 70g×10個

アライド 麻辣ピーナッツ 花山椒入り 70g×10個

 

 

アライド 四川料理 しびれ王 麻辣ポテトチップス 110g ×6個

アライド 四川料理 しびれ王 麻辣ポテトチップス 110g ×6個