こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

守れ!我が身と財産を!海外旅行の危機管理 〜7つの掟〜

いやあ。なんか仰々しいタイトルになってしまいましたが、たぶん台風のせいです。

 

今日ドトールでお茶してたら、隣の席の男性がパソコンとカバンを置いたまま外に電話を掛けに行ってしばらく戻ってこなかったんですよ。

怖!怖!無防備すぎです。

 

そこで思いついたのが、今日のブログネタです。

 

海外で我が身と持ち物を守るために私がやっていること。

まだ不完全かもしれませんが、安全のためにここまでやっているよ〜とご報告です。

これ以上の対策が出てきたら、また追記したりします。

 

【目次】

 

 

出発前:旅行に出かける数ヶ月前からやること

 

1. 外務省「たびレジ」に登録し、現地情報が随時入ってくるようにする

これ、ツイートでも何回も言ってるんですけど。

外務省がやってるこのサービス。ゴルゴ13の広告でもおなじみですね。

www.ezairyu.mofa.go.jp

( ↓ サイトから画像をスクショで失礼しましたよ)

f:id:kokeshiyamada:20180904190446p:plain

 

詳しくはリンク先を読んでいただくとして。

この旅レジに、行くことが決定した国はもちろん、「いつか行きたいな」レベルの国・地域も登録しておくといいですよ。簡易登録だけでこんだけいろんな注意喚起のメールが届きます。

・現地の犯罪情報:邦人、現地の人の被害例 

・流行中の病気:ジカ熱や鳥インフルエンザなど 

・大規模イベントやデモの予定

・気象情報:台風、大雨などの注意

 

こうした情報が現地の日本大使館からメールでバンバン送られてくるので、心構えになるのです。

例えば詐欺やぼったくりは、事前に手口を知っておくことで対策ができます。

一例として上海で頻発している、ぼったくりの例を挙げましょう。

2018年4月4日に在上海日本国総領事館から届いたメールです。

(スクショにて失礼します) 

f:id:kokeshiyamada:20180904185744p:plain

 

2. 行く予定の国のガイドブックやブログで危険情報を収集

ガイドブックを読むときは、ワクワク情報よりむしろ、げんなりする情報を見ておくべしです。

現地で遭遇しがちな盗難や詐欺、病気などの注意点が書いてありますゆえ。

それと、こういう海外旅行全般に使える本も1冊読んでおくと良いです。

 

一例:「旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ」

f:id:kokeshiyamada:20180904190633j:plain

 

さらにさらに。

ブログだと体験者の被害の実例が生々しく載っているので、読んでおくと参考になります。

タイでジェットスキー詐欺に遭いマフィアから30万円請求された話とその対処法

このように、その地域で頻発する観光客狙いの犯罪例などはググれば出てきますゆえ、事前に手口を知っておくに越したことないです。

 

 

3. 現地を旅行中の人をツイッターでフォローする

これは最近始めたのですけど。

今度メキシコに行く予定で、あまりにも治安面が怖すぎるので、メキシコ旅行中で現地情報をマメにツイートしている方をフォローしました。

できるだけ、夜の治安状況とか空港やバスターミナルの様子を詳しくつぶやいている方が見つかればよいですね。

 

なんなら、気になることがあればツイッター経由で聞いてみてもよいかもしれません。

私は以前、ウラジオストクに行く前とキューバに行く前に、現地での旅行経験のある方にSIMやATM、両替について質問しました。

最新の情報が得られて、めちゃ助かりましたえ。

 

なお、鉄道写真を撮影するためによく海外に出かける方々(通称「海外鉄」「限界鉄」)をフォローしておくと、何かと旅行に有益な情報が得られます。

私も数人の鉄オタの方をフォローしております。

あるいは、世界一周中の方、現地にお住まいの方でも良いと思います。 

ようは、「現地の最新情報を発信している」人をフォローしておくのです。

 

 

現地にて:着いてから気をつけること

 

4. 自分の荷物から目と体を離さない(体も!)

これこれこれ。今日のブログを書こうと思ったきっかけがコレ。

なんで貴重品をテーブルの上に置きっ放しで席を離れるかなああ。

ダメ!ぜったい!日本でもダメですけど、海外ではもっとダメです。

目を離さないのはもちろん、体から離さない方がいいです。

 

《飲食店などで》

・ショルダーバッグなら、肩に掛けっぱなしに。

・小ぶりのバッグなら背もたれと背中の間に挟むなどして守る。

まかり間違っても「椅子の背中にかけておく」とかダメですよ。自分の視界に入りませんから。

 

《空港、駅、ホテルなどで》

・キャリーやバックパックを置く場合は、足で挟んだり、壁と体の間に挟む。

・目を離す場合、キャリーケースはワイヤーチェーンで動かないものに固定する。

f:id:kokeshiyamada:20180904190052j:plain

写真:空港のベンチで寝る羽目になったときに、ワイヤーロックでキャリーケースを手すりに固定した例

 

 

5. 人の荷物を預からない。見張ってあげるのもダメ

これは意外と盲点かもしれません。

こう想像してください。

「もし、預かった荷物に麻薬が入っていたら?」

「もっとヤバいもの(具体的には書きませんが怖いもの)が入っていたら?」

あなたが捕まりますんで!!!!!

 

なので、「Aさんにこの荷物を渡してほしい」などの依頼も受けてはダメです。

上記に近いことですが、「荷物を見張っておいて」も断りましょう。

「私もトイレに行くから無理」とか、テキトーにごまかして断るしかないです。

 

6. 向こうから話しかけてきた人は、とりあえず疑う

海外旅行の体験本やブログなどで、さんざん言及されていますが、私も書きますよ。

基本的に、向こうから声をかけてきた人は信用しない。

もし相手の言葉が日本語だった場合は、警戒はマックスに。

こんぐらいの心構えでいいです。

こっちは、世界平均からすると豊かな国から来た観光客です。

しかも、ちょろいと思われている日本人です。

日本人は世界で一番のカモです。(断言)

 

と、ここまで書いておいてなんですけど。

そうはいっても、私も「最初は警戒していた人が、ただの親切な人だった」ケースはいっぱいあります。その場合は、お礼を言って感じよく別れれば良いのです。

 

私はまだひどい目に遭ったことはありませんが、インドではそれはそれは恐ろしい詐欺のケースがございますよ。

tabisora.com

 

 

7. スマホは常時ネットに接続し、そのことをアピール

「現地のSIMを入れる」「ポケットwifi」「国際ローミング」なんでもいいんですけど、「常時」ネットにつながる状態にしておくべし。

私は割と現地から狂ったように実況ツイートをするのですけど、それも「何かあったときに、最後に自分のいた場所がわかる」からというのもあります。

あと、タクシーに乗ったときなど、「私は今ネットに接続しているぞ。何かあればネットにばらなくぞ」アピールも兼ねて、スマホをいじっています。

 

ただし治安の悪い国では、スマホを強奪される懸念もあるので、人前でのスマホいじりは、その国の治安状態に応じてご判断ください。

(そのレベルの国には、そもそも行きたくないですけど)

 

 

以上ですよ。

わたくしの今までの体験および、本やツイッターで得た知識を投入して書きました。

 

ある意味、自分を戒めるための、再確認の意味もあります。

警戒心に関しては、決して旅慣れてはいけないのであります。

 

なんか偉そうに書いてきたけどね。

実は秋にメキシコに行くから、ビビりまくってるのね。

メキシコ……なんで航空券買っちゃったんだろう……ねえ?

行く前に、過去最大の旅行前ブルーになりそうですわ。

 

 

なお、旅先での体調管理については、こちらをご覧くださいませ。 

www.kokeshiyamada.com

 

時代劇編:中国語音声+中国語字幕で観れるDVD 8作品 at TSUTAYA

前回せっせとしらみつぶしに調べた、中国語音声+中国語字幕のDVD。

ブログを書き終えてから、気づいたんですよね。

「おや? 時代劇がぜんぜん入ってないぞ」と。

 

それもそのはず。ジャンル分けがこうなってるんでございます。 

ふあああ。時代劇は別枠でした。

f:id:kokeshiyamada:20180902103518p:plain

 

というわけで今回は、時代劇の中から中華圏の作品239本の字幕をチェックしました。なお、2018年9月2日現在の情報です。

 

【目次】

 

 

1. 中国語音声+中国語字幕で観られる時代劇:わずか8本

現代劇に比べて、割合がかなり少ないですね。

それでもぜんぜん無いよりマシなんで念のためリストアップしときます。

 

 

神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)」(2006年/3.62点)

ジャケットの人物がオール阪神巨人の人に見えてしまい、一回見たら忘れられないよ。

ストーリーは「中華圏では知らぬ者がない武侠小説史上最高のラブ・ストーリーを、圧倒的な壮麗美で描き出した」(引用)とのこと。

原作者は、「金庸」という有名作家らしいです。

これは気になりますぜ。なにげに観た人の評価も高いですし。

f:id:kokeshiyamada:20180902104150j:plain

 

倚天屠龍記」(2009年/3.23点)

そもそもタイトルが読めないし意味もわかりませんけど。

「中国文学界の至宝・金庸原作による武侠シリーズ」(引用)とのこと。

f:id:kokeshiyamada:20180902104905j:plain

 

天龍八部」(2004年/3.76点)

例によってタイトルの意味がさっぱりわからないわけですが、例によって規模が「20億円を掛けて作られたオープンセットで11世紀の中国をリアルに再現」(引用)したらしいです。

ちょ!この3.76点って、「琅邪榜(ろうやぼう)」の3.99点に迫る勢いじゃないですか? 俄然気になります。

あとで調べたら、金庸先生が原作だそうです。

f:id:kokeshiyamada:20180902104841j:plain 

 

「流星剣侠伝 大人物」(2007年/2.85点)

まさか、これも金庸先生の原作じゃあるまいな? 

と調べてみたら、「古龍」先生でした。

f:id:kokeshiyamada:20180902105251j:plain

 

「恕の人-孔子伝-」(2012年/2.88点)

f:id:kokeshiyamada:20180902105439j:plain

 

チンギス・ハーン」(2000年/3.08点)

 f:id:kokeshiyamada:20180902105624j:plain

 

碧血剣」(2007年/3.54点)

金庸の原作小説をドラマ化した大河アクション」(引用)。

出た!またこの金庸っていう人が出た!

なにが凄いって「きんよう」と入力すると変換候補に出てくるのね。

西部劇感のあるジャケ写にもそそられますえ。(西部劇好きなもんで)

f:id:kokeshiyamada:20180902105854j:plain

 

 

書剣恩仇録」(2009年/3.30点)

 出た!「これまで中国、香港、台湾でドラマ化された、金庸の作家デビュー作を大胆にアレンジし映像化」(引用)。またこの人、出ちゃったよ!

f:id:kokeshiyamada:20180902110238j:plain

 

 

2. 中国語字幕付きの8本中5作品の原作者、金庸って誰? 

現代ドラマの中国語字幕付き作品では、女優レイニー・ヤンが24本中4本に出演してて、ひえええー!!となりましたが……。

それより8本中で5作もの原作をつとめている「金庸」先生の割合の方がヤバいですね。

(ブログを書いた当初は3本としていましたが、あとで調べたらあと2本が金庸先生の原作だとわかり、5本に修正しました。金庸恐ろしい子…)

 

今回、239本の時代劇DVDの解説をざっと流し読みする中でやたら出てきた「金庸」という原作者名。

 

なにしろ、中国で制作された時代劇を人名で絞り込むときは、名前が筆頭に上がってるんですね。

f:id:kokeshiyamada:20180902111633p:plain

この欄、別に原作者の欄じゃないんですよ。

下の方に、ピーター・ホーやファン・ビンビンなど、私も知っている俳優さんの名前が出てくるんですから。

どんだけなんだ、このひと。 

 

「射(チョウ)英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」という作品の解説には、こう書いてありました。

全世界に13億人の読者を持つ大作家・金庸の代表作を、世界観もそのままに映像化。 

 

13億人って… ちょっと待って。

いま中国の人口は14億人、世界の人口は76億人です。

世界の人口の中で6人に1人が読んでるってこと?

なんだってー!!!

この13億人って、どんな計算してるんだろうか。

延べ人数じゃないだろうな。

 

と、金庸のことがいろいろ気になってググると、日本で翻訳書を出している徳間書店金庸公式サイトが見つかりました。

トップページの左側に「十二億人がファン!」と書いてありますね。

もはや1億人は誤差の範囲です。スケール大きすぎです。

金庸公式サイト — 徳間書店

 

 

今回は、中国語字幕付きの時代劇を探していたら、なにやら任侠小説の大作家にたどり着いてしまいました。

そんなに面白いんなら読んでみようかしら。

また、新たな世界が見つかっちゃいましたね。ぐへへ。

 

んでは、再見!

 

中国語音声+中国語字幕で観れるドラマDVDのリスト at TSUTAYA

我の中国語学習熱が高まっているゆえ、前回に引き続き、エンタメを楽しみながら中国語を学べてしまうドラマ!のDVDをご紹介しましょう。

というか、これは自分のためのリストアップでもあるのです。

 

以前ざっと調べたことがあるんですが、今回は本格的に虱を潰す勢いでチェックしてみました。

 

探し方は、こうです。

  1. TSUTAYAサイトの「TVドラマ」カテゴリーの中から、DVDの制作国が「中国」「台湾」の作品を出す。※時代劇は、このカテゴリーに入っていません。
  2. レンタル可能な作品の「詳細」の字幕欄を見て、「日中」「日本語・中国語」と書いてあるものを「中国語字幕あり」と判断。

ざっくり中国語と書いておりますが、大陸における「普通話」、台湾における「国語」を指しています。いわゆる北京語です。

 

 

【目次】

 

1. 中国語字幕付きのドラマ 24作品(2018年8月末現在)

その結果。

中国大陸制作のドラマは73本中、1本のみ。

台湾制作のドラマは147作品中、23本。

 

 

参考に2018年9月1日現在の星の値も入れておきますね。

星はAmazonと同じく5点満点です。

以下、「タイトル」(制作年/星の平均値)となっております。

 

「ホントの恋の*見つけかた」(2007年/3.37点)

これのみ中国大陸制作です。舞台は主に台湾だし、主演のショウ・ルオとバービィー・スーは台湾の俳優さんなんですけどね。

なお、ショウ・ルオの女装が見られます。

f:id:kokeshiyamada:20180901105656j:plain

 

「アテンションLOVE」(2017年/2.86点)

f:id:kokeshiyamada:20180901105720j:plain

 

「結婚って、幸せですか」(2011年/2.98点)

f:id:kokeshiyamada:20180901105736j:plain

 

「マーフィーの愛の法則」(2015年/3.58点)

f:id:kokeshiyamada:20180901105839j:plain

 

イタズラなKiss〜惡作劇之吻〜」(2005年/3.77点)

f:id:kokeshiyamada:20180901105859j:plain

 

「アニキに恋して」(2015年/3.52点)

主人公の女性が、「占い師のアドバイスに基づき26歳まで男として生活する」という設定ゆえ、絵ヅラ上ではBLのような展開となっております。

f:id:kokeshiyamada:20180901105916j:plain

 

「僕のSweet Devil」(2009年/3.54点)レイニー・ヤン主演

ショウ・ルオの演じ分けが見事だわ、後半は驚異的なイケメンだわ、笑わせるシーンではきっちり笑わせてくれるわで、「ショウ・ルオ…恐ろしい子…」って、思わず月影先生みたいな感想が漏れ出てしまいます。

レイニー・ヤンもやっぱり上手いのね、こういう濃いキャラがね。

f:id:kokeshiyamada:20180901105929j:plain

 

「恋の始まり 夢の終わり」(2016年/2.79点)レイニー・ヤン主演

f:id:kokeshiyamada:20180901105942j:plain

 

「パフェちっく!〜スイート・トライアングル〜」(2010年/3.17点)

f:id:kokeshiyamada:20180901105959j:plain

 

イタズラなKissⅡ〜惡作劇2吻〜」(2007年/3.67点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110019j:plain

 

悪魔で候~悪魔在身邊~」(2005年/3.51点)レイニー・ヤン主演

f:id:kokeshiyamada:20180901110033j:plain

 

「笑うハナに恋きたる」(2008年/3.28点)レイニー・ヤン主演

日本でブレイクする前のディーン・フジオカも出演しております。

が、わたくしはウィルバー・パン(ラッパーでもある)演じるスタイリストのタムに速攻堕ちてしまいました。

序盤、主人公ハナのハイテンション&目がチカチカする衣装&なまりの強い発音に付いていけないかもしれませんが、慣れるんで!わたしも慣れましたから!

f:id:kokeshiyamada:20180901110050j:plain

 

「桃ハナタイフーン!!」(2009年/3.25点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110106j:plain

 

「戦神 MARS」(2007年/3.74点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110122j:plain

 

「薔薇之恋〜薔薇のために〜」(2003年/3.56点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110145j:plain

 

愛∞無限」(2010年/2.93点)

 f:id:kokeshiyamada:20180901110158j:plain

 

「ぴー夏がいっぱい」(2007年/3.01点) 

f:id:kokeshiyamada:20180901110235j:plain

 

 「スターな彼」(2010年/2.97点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110248j:plain

 

「美味関係〜おいしい関係〜」(2007年/3.03点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110300j:plain

 

「恋のめまい愛の傷 烈愛傷痕」(2001年/3.48点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110316j:plain

  

「Silemce〜深情密碼〜」(2006年/3.52点) 

f:id:kokeshiyamada:20180901110333j:plain

  

「国民英雄-X」(2010年/2.96点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110349j:plain

 

「年下のオトコ」(2017年/3.00点)

f:id:kokeshiyamada:20180901110359j:plain

 

 

こうしてTSUTAYAのサイトでひたすら中文字幕作品を探して貼り付けていった結果、わかったこと。

24本中、レイニー・ヤンの主演作が4本もある!!  

もともと出演作が多いとはいえ、割合が多くない? 

レイニー・ヤンは演技もうまいし、今まで数作観た中では作品も外れ無し。

いっそレイニーの主演作だけ見ていくのもアリかもしれないですよ。

Netflixで配信中のレイニーヤン主演作「最後はキミを好きになる!」も中文字幕が付いてますからね。(これで5作品)

 

んで、一気に200作以上の華流ドラマをチェックしていたら、とんでもない作品が見つかったりしますね。

等一下(ちょっと待って)。「恋する爆竹」ってなに?

f:id:kokeshiyamada:20180901113516j:plain

 

  

2. しかし!実際にはもっと中文字幕付きのDVDはあるのです

実はですね。

1でリストアップした以外にも、中国語字幕付きのドラマDVDはあるのです。

TSUTAYAのサイト上では日本語字幕の記述しかなくても、店頭でパッケージ裏側を見ると「中国語字幕」と書いてあるケースがあったりするのですよ。 

 

例:「結婚なんてお断り!?」

サイト内のDVD情報の表記では、字幕は「日」となってます。

f:id:kokeshiyamada:20180901112220p:plain

結婚なんてお断り | 宅配レンタル・動画 - TSUTAYA DISCAS/ツタヤディスカス

 

しかし、店頭でパッケージ裏側を見て「中国語字幕」があると確認し、再生するとこうなります。

f:id:kokeshiyamada:20180901112310j:plain

 ぎゃふん! 中国語字幕、ありますよね。

再生してみましたが、ちゃんと繁体字の字幕が付いていました。

 

なので、

・宅配レンタルで借りる場合は、サイトの表記を参考にする。

・店頭で借りる場合は、パッケージ裏を確認する。

ってことにすれば、中文字幕で観られる作品のバリエーションが広がりますえ。

 

なお、台湾の作品は当然ながら字幕は繁体字だと思われます。

上記の作品もそうでした。

簡体字繁体字、両方読めるにこしたことはないので頑張りましょう。

わたしも頑張る。

 

3. 上級編:いっそ中国でDVDを買ってくればいいのでは?

ある日、なんのきっかけか忘れましたが、こんなブログにたどり着きまして。

なんと!中国版DVDの中には日本語字幕が付いてる作品もあり、しかもお安いらしい。

日本にも送ってもらえたとのこと。

 

plaza.rakuten.co.jp

 

日本のAmazonだとプレミアがついて9,500円〜 の映画「山の郵便配達」が、中国のAmazonなら30元(約500円)。

なにこの価格差。(中国からだと送料かかるけどね)

あまりにびっくりしてツイートしちゃったよ。

 

f:id:kokeshiyamada:20180901111557p:plain

 

これは通販の場合ですが、中国版DVDは現地のお店で正規版(これ大事)を買っても、日本よりかなり安いはず!

日本語字幕が付いていればラッキーだし、付いてなくても中国語オンリーでスパルタ的に視聴&学習するのもアリですよね。

 

と、ここまで書いてて思ったんですけど、中国語オンリーでよければ、中国の動画サイトで見ればよくない?  

Youkuとかビリビリで見ればいいんだよねえ。

 

 

とにかくですな。手段は問わずにですね。

中国語音声のエンタメを大量に摂取して、夢にも中国語が出てくるようにしようではありませんか。

 

わたしもあなたも、加油〜〜 

(最初と最後の文字だけ中国語にしてみましたえ)

 

 

Netflixの華流ドラマ&Youtube、中国語の勉強にめっちゃ使えるよ

ここんとこ、寝る前にNetflixで「流星花園2018」を見ております。

中華イケメンを鑑賞しつつキュンキュンを織り交ぜながら中国語の勉強にもなってしまう。何これ?俺得すぎない?

 

ドラマで外国語を学ぶ、というのはよく見聞きする手法ですよね。

 

前に日本語がペラペラの韓国の方と話したとき、どうやって身につけたか聞いたことがあるんです。そしたら、こんな答えでした。

「最初は学校に通ってたけど途中でやめて、あとは日本のドラマやバラエティを観てて勉強しました」。

マジかーー!!!そうなんだーーー!!! 

目の前に実践した人がいるんだから、わたしにもできる!と思てくるよね。

 

ちなみに英語の勉強だと、こんなツワモノも。

(しかも日本語字幕は見てないって!よ)

米国ドラマ「ビッグバンセオリー」全話を10回繰り返して観たという高校生の話です。

 

はい。

というわけで、わたしも真似してみようと思いました。

で、実際にドラマを観まくっております。 

たまに韓流に浮気するけど、基本的には中国語のドラマを観ております。

 

 

【目次】

 

 

1. Netflixの字幕はドラマの途中で切り替えできてめちゃ便利

これを知ったとき、思いました。

「きたー!文明の利器キター!」って。

Netflixの字幕の切り替え、わたしはこんな風に使っています。

画面例:「流星学園2018」の場合。

 

字幕は「簡体字中国語」をチョイスします。

f:id:kokeshiyamada:20180830175108p:plain

 

しばらく中国語学習をした中級程度の方であれば、話の展開が予想できるラブコメなら、中国語字幕で視聴してもなんとなく話についていけます。

(実をいうと、わたしは以前「花より男子」を漫画で読んでいるので、余計に理解しやすいというのもありますが)

原作を読んでない方の場合、観る前に、その回のあらすじを日本語で読んで頭に入れとくのも、ひとつの作戦です。

 

基本的には中国語字幕で鑑賞していくのですが、「あ、いま言ってたこと全然わかんなかった」とか「たぶん、こういう意味だろうけど、念のため確認したい」となった場合は、一時停止して戻り、そこから日本語字幕で見直しています。

 

この作業をやっていると、「ああ。日本語字幕というのは、かなり元の中国語の会話を端折っているんだな」というのがわかります。

それは字幕の宿命だから仕方ないとして、そのことを知ることにで「やっぱり元の言語のまま鑑賞したい」欲が湧いてきますから、よいのです。よいのです。

 

あと、ドラマだと、語学のテキストには出てこない罵倒語やスラングもよく出てきて面白いです。

おや?これは一体?と気になる単語やフレーズが出てきたら、手元のスマホでサクッと意味を調べたりします。

字幕は意訳だったりするので、正式な意味を知っておくにこしたことありません。

 

さらにさらに!ドラマごとに頻出フレーズがあるのも、ひとつの楽しみです。

 

例えば「流星花園2018」だと…。

 

冒頭に「明明〜〜」と付いたセリフがよく出てきます。

「明らかに〜」という意味ですね。

 

あと主人公の道明寺(ダオミン・スー)が、キレ気味でよく言うのが「少废话!(shǎo fèi huà)」。

これは「ムダ話」という意味なのですが、話の流れから判断すると、多くの場合「余計なこと言いやがって」みたいなニュアンスで使われております。

自分で使う機会はないだろうし、人に言われたくもないです。

でも、頻出するので覚えてしまいました。

 

 

2. 中国語字幕付きのドラマ、例えばこんなの

2018年8月の今は「流星花園2018」を見てますが、Netflixでこれまでに何作か中国語字幕の華流ドラマを見てきましたので、挙げてみます。

 

「ハートに命中100%」

台湾ドラマ史上最高の視聴率を叩き出した。という売り文句でおなじみの作品です。

笑えるし、キュンキュンするし、わんわん泣けるので、圧倒的におすすめです。

ただし、台湾ドラマの注意点として、年配の人(主人公のお母さんなど)が話すときは台湾語だったりしますので、そこは字幕とまったく合致しません。

  

「花是愛」

まったく何の予備知識もなく見始めたら、思いの外ハマってしまった作品。 

なぜか日本語字幕をあまり見なくても、するすると内容が頭に入ってきました。

まあ、「ラブコメだから」といえばそれまでですけど。 

セリフだけではなく、「車の走行音」「ドアが閉まる音」「軽快な音楽が持続」など、音声の説明がすべて中国語字幕で入っているのもポイント!

これは耳の不自由な方に向けた取り組みで、中国ではよくあるらしいです。

このような字幕は、外国語の学習者にも役立つということがわかりました。

 

 

「理想の男 我的完美男人」

これも、まったく予備知識なしで見始めた台湾ドラマです。

整形外科の女医さんが、かつての幼馴染で今はめっちゃ太ってる男性を整形手術とダイエットで激やせさせて完璧な男に仕上げるという話です。

設定は奇抜ですけど、明らかに感じ悪いライバルがいたり、二人のイケメンから好かれるなど、ストーリーの要素はベタなので、これも中国語字幕のまま理解しやすかったです。

 

 

このようなラブコメを何作か観て慣れてきたので、この前、中国の映画をNetflixで観たんですけど。中国語字幕だとぜんっぜんわからない……。

ドラマみたいに「あるある」展開ではなく、セリフも難しかったのでしょう。

途中でサクッと諦めて日本語字幕で視聴しました。ぐっすん。 

 

 

以上、視聴したドラマを3作挙げましたが、キリがないので先人の力をお借りします。

本格的なリストは、この方の記事をご覧ください。

自力で、中国語音声+中国語字幕で鑑賞できる作品を調べたそうです。

kquoe2.hatenablog.com

ありがてえ!とばかりに、このリストをプリントして使わせていただきました。

観た作品には線を引いて消していくのです。

 

あとは、中国語の作品をバリバリ観ていれば、Netflixがアジアの作品を推してきますので、それを参考にするのも良いですね。

わたしは「北京語のドラマ」というカテゴリーを勧められたことありますよ。

 

 

3. 中国語の勉強に使える動画 at Youtube

以上のようにNetflixを圧倒的に推しますが、まだまだ中国語字幕付きの作品は少ないです。

そもそも、母数である中国語の作品自体がぜんぜん足りてないんだよ。

頼むよNetflix!もっと中国語作品を増やしておくれよ。

 

ってことで、Youtubeも活用してしまいましょう。

言い訳:Youtubeにアップされた作品群、イケない状態で視聴しているのは重々承知しております。

後ろめたさがあるので、お願いだからNetflixに入れて!

そしたら気後れせずに見れるから!お願いだよ。

 

「陈翔六点半」

1回数分のコメディが数本で11〜15分程度にまとまっている動画です。

中国語堪能な方のツイートがきっかけで知りまして、お昼ご飯のお供に観てました。

 

中国語音声+中国語字幕ゆえ、まったく日本語はないのですが、オチのあるコメディなので、いくつかの単語が拾えれば、だいたいの意味はわかるのです。

何より嬉しいのが、「おお!中国語のコメディで笑えた!」という自信につながることです。

この「陈翔六点半」という番組は、雲南省の会社が製作しているらしく、撮影も雲南地方のようです。

雲南を旅行したら、撮影現場に遭遇したり、俳優さんにばったり会ったりするんじゃないかな?とワクワクします。

 

「熊出没」

こちらは、中国語音声+中国語字幕の子供向けのアニメ集です。

2匹の熊とハゲ頭の木こりが主人公で、毎回助け合ったりケンカしたりと、ようは「トムとジェリー」のような味わい。話の流れがシンプルです。

下手したら字幕を見ないでも、わかるかもしれません。

 

ちなみに「熊出没」のことを知ったのは、広州を旅行中のこのツイートがキッカケです。これを見た中国の方が熊出没のことを教えてくれたのです。

(右側が、熊出没に登場する木こり)

f:id:kokeshiyamada:20180831184355p:plain

 

「人生一串」

この番組、ぜんっぜん知らなかったんですが、中国人のフォロワーさんに教えてもらいました。

BiliBili動画がプロデュースしたグルメドキュメンタリーです。

タイトル通り中国各地の串物、焼き物料理が紹介されていきます。

串に食らいつくお客さんの表情に、賑わっているお店の様子、原料の仕入れや仕込みの風景、炭火で肉が焼かれている様子などなどなどなど…。

わたしが旅先で見たいと思っているものが、家にいながらにして見れるんですなあ。

 

ちなみに第1集のタイトルは「无肉不欢」。

「肉が無ければ喜び無し」って感じでしょうか。

西昌の豚串、雲南の牛串、ウイグルの羊串&丸焼きからの、広東省・湛江の牡蠣。

と、唾ジュルジュルのラインナップです。

 

「人生一串」について、日本語で読める解説記事は、こちら。

j.people.com.cn

 

Youtubeで語学学習するとき便利なショートカット

このブログを書いている途中で、ツイッターに有益な情報が流れてきました。

Youtubeで語学学習をしている際に便利なショートカットです。

こいつは、確かに語学に便利そうです。

  • K:動画の一時停止・再生
  • J:10秒前にジャンプ
  • L:10秒後にジャンプ 

 

4. 上級編:難しめの話を中国語字幕で乗り切る(予定)

とっつきやすいラブコメではなく、中国語字幕だと難しそうな作品にも、今後チャレンジしていきたいです。ので、忘備録として置いておきます。

 

「乔家大院」

平遥古城についてツイートしたら、またまた中国のフォロワーさんから教えてもらいました。喬家大院は、平遥古城の近くにある、かつて豪商の邸宅だった観光地。

そこを舞台にしたドラマが2006年に中国で放送され、ヒットしたらしいのですね。

11月には平遥古城と喬家大院を見に行くので、その前にドラマも見てしまいたいのですが…なんと、45話もある……んですね。

わたしの中国語力で、そんなにスイスイ観れるかな。

 

「人民的名義」

こちら、中国で大ヒットした、反腐敗ドラマ。

ツイッターの中国クラスタの間では、けっこう話題になってましたよね。

わたくし、当時チャレンジしました、中国語字幕で観ることに。

ここまで準備したんですよ。

1. 複雑な人間模様を覚えきれないので、ネットで見つけた人物相関図をプリント。

2. あらかじめ、日本語のブログであらすじを確認した上で、視聴。

ここまでやっても、難しすぎて8話ぐらいでギブアップしました。

それが去年のことなので、今ならもう少し付いていけるかもしれません。

 

f:id:kokeshiyamada:20180831185001p:plain

 

  

てな感じで。

ここに書いた方法で、ドラマやドキュメンタリーを見まくって、中国語のレベルあげていきますけん。

 (あ。ちなみにNHKラジオの「レベルアップ中国語」と、週に一回の中国語レッスンもやってます) 

 

誰に向かっての宣言なんだ。まあ、世界に向けての宣言だ。

 

そんなこんなで今日も「流星花園2018」でムズきゅんしてから寝ます。

 

2020年東京オリンピックからの避難計画→雲南に逃げるんだ!

ツイッター上に日々流れてくる東京オリンピックのグダグダぶりを見るにつけ、期間中は東京を離れておこう。いやいや、いっそ日本から遠く離れたところでグラスをくるくる回しながら(イメージ)その様子を眺めていよう、という気持ちが高まっております。

こんにちはこけし山田です。

 

オリンピック期間中に東京を離れていたい気持ちはだいぶ前からあったのですが、それをツイートしたのはこの5月のこと。

f:id:kokeshiyamada:20180825162117p:plain

 

さらに、プランが具体化してきたのが7月のことです。

このツイートに「いいね」が21付いてるということは、フォロワーさんのうち少なくとも21人はオリンピック期間中の日本脱出に共感してくださっているのですよね。

ね、ね、ね。

ボランティア強要、金属供出、サマータイムゴリ押し等のニュースを見てると、そうなるよね、ね。

(なお、ツイッター界隈が蛸壺というのは十分に承知しております)

f:id:kokeshiyamada:20180825162130p:plain

 

 上のツイートでは「涼しい海外拠点」とぼんやり書いておりますが…

 翌日には、具体的に雲南省・喜洲の地名を挙げて、こんなツイートをしてました。

 

f:id:kokeshiyamada:20180825161900p:plain

 

このツイートをする前から、おそらく私の頭の中には、

「日本をしばらく離れるなら雲南地方がいいんじゃないかなあ」

という気持ちがふわふわと浮かんでいたんだと思います。

 

というのもですね。

2017年秋に麗江と大理と白沙を訪れて、とても気に入ったのです。

しかもですね。オリンピック期間中=真夏であっても、標高が高いのでさほど気温は上がらない。その上、物価も中国の中ではお安めなのです。

 

よし。

東京オリンピックからの避難先は雲南に決まり!

 

というわけで、折にふれて雲南のお宿を調べたりしておりますよ。 

f:id:kokeshiyamada:20180825162013p:plain

 

さらに、昨日(8月24日)山田雨月先生のツイートを見て「建水」「団山村」にも行きたくなってしまったので、暫定的にルートをマップに落としました。

 

さらにさらに。

昨夜、上記のツイートをしたところ、建水からベトナムが近いことを教えてもらい、さっそく調べたところ、完成したのが以下のルートです。

 

麗江またはシャングリラ空港から入国)シャングリラ

麗江を経由して)沙渓鎮

(大理を経由して)喜洲鎮

(大理から昆明へ移動)

建水

(バスで30分)団山村 

 

このルートの全てか一部を15日未満かけて過ごした後、ビザ対策のために国境の「河口」からベトナム側の国境「ラオカイ」に陸路で移動します。

ラオカイの近くにある山岳民族が暮らす「サパ」に滞在してから、もう一回中国に戻ります。

 

なお、このルートのお手本となるツアーがあることを発見しました。

わたくし、いつも個人手配の一人旅をするのですが、観光ツアーの日程やマップ、現地情報はかなり参考になります。ありがとうございます。

参考にするだけして、ぜんぜん申し込みません。すみません。

せめてリンクを貼っておきます。

雲南省からベトナム北部への旅【12日間の旅】 | ワールド航空サービス

 

現地から発信されている雲南地方の観光情報サイトも、めちゃ充実。

(こちらも山田雨月先生から教えてもらった)

雲南観光

小さな街までリストアップされており、これを参考にすれば日本の観光客が行かないようなマイナーな場所にも行けそうですよ。ぐふふ。

見てたらキリがないんですけどね。

 

 

はい。

2020年の夏は、こうして雲南地方を中心にダラダラ1ヶ月ほど過ごす予定なのです。 

すると航空券を買う時点で、中国滞在が15日を大幅に超えてしまので、空港のカウンターで何か突っ込みが入るかもしれない。

 

とりあえず15日以内で往復するチケットを買っておいて、あとで帰りの便を変更する手もあるかもしれません。

そういうことは、おいおい調べるとしましょう。

 

Googleマップを埋め込む方法がわからず、スクショを貼った上で該当ページのURLを貼りました)

f:id:kokeshiyamada:20180825162906p:plain

Google マップ

 

オリンピックには1ミリもワクワクしませんが、逃避旅行のプランを立ててるうちにワクワクしてきました。

あわせて、日本を離れたままでお金を稼ぐ方法も、オリンピックまでに考えます。

 

「2020年の夏」って開催時期が決まってるからこそ、そこを目標にプランを立てたり、試行錯誤ができるのですね。

 

なんて素晴らしいんだオリンピック!

思いがけない方向から、私にワクワクを与えてくれてありがとう!

 

 

そんなこんなで、こけし山田はオリンピックを天邪鬼な方向から利用することにしました。

中国への観光旅行って、実際どうなの?問題への答え

先日、とあるツイートを見て、それをRTした上での私のツイートがこれ。

 

元ツイートは、週末の海外旅行を勧めるガイドブックに、中国がぜんぜん掲載されていなかった、というものです。 

 

旅先として魅力があり、日本から行きやすいにも関わらず、なぜか観光地としては冷遇されている中国…不憫な子…

 

そこで今回は、年に数回の中国通いをしている私からの緊急提言!

「中国イイよ!行こうよ中国」 

そんな気持ちを込めて、おすすめポイントや注意点なぞを語ってみます。

 

特にこんな方に読んでいただきたいです。 

・中国に行ってみたいけど、なんとなく怖いと思っている方 

・ツアーでは中国に旅行経験があるものの、個人手配だと不安な方

 

では!いざ!中国推しの旅へGO!

 

【目次】

 

 

世界遺産どっさり!悠久の歴史はダテじゃないよ

これについて書き出したらキリがないので、サクッと5箇所だけ。

それも、ぜんぜん一般受けしない写真を貼っておくので、各自ガイドブックやネットの情報をご覧くださいませ。

 

福建土楼@福建省 】

巨大な円形の、言ってみれば集合住宅です。

この写真は観光客向けに、10元(安!)で撮ってくれるもの。

その代わり、写真の出来上がりを待つ間、あれよあれよという間にお茶を買わされてしまうという素晴らしいビジネスモデルが展開されていました。

f:id:kokeshiyamada:20180819235239j:plain

 

【開平の自力村@広東省

財をなした華僑が故郷に建てた、西洋&中華の折衷建築が多く残っている開平。

その中でも有名な自力村(村の名称がまたイイよね)の建物の窓から別の建物を撮りました。

f:id:kokeshiyamada:20180819235528j:plain

 

兵馬俑(へいばよう)@陝西省

例のよく見る集合写真はネット上にいくらでも転がっているので、レアな馬の尻の写真を貼っておきます。

f:id:kokeshiyamada:20180819154621j:plain

 

兵馬俑の最寄り都市・西安のお宿ではレプリカが、こんな目に…

f:id:kokeshiyamada:20180819154739j:plain

 

 

九寨溝(きゅうさいこう)@四川省

こちらもキレイな写真はネット上にいくらでも転がっておりますので、あえてのコレ。

この写真から学べるのは、「紅葉シーズンの週末に九寨溝に行くとこうなりますよ」。

オンシーズンに中国の観光地に行く場合は、要注意です。

なおかつ、中国の連休(春節国慶節など)にかぶると恐ろしい人出が予想されますので、中国の祝祭日は事前にチェックしておいた方がよいです。

f:id:kokeshiyamada:20180819154916j:plain

 

麗江(れいこう)@雲南省

雲南省の観光地・麗江には、中国のスローガンをトンパ文字で表現した看板があるのでした。

f:id:kokeshiyamada:20180819164951j:plain

 

 

とにかく、気になる観光地に飛んじゃってくださいませ。

行き方などの情報はネット検索すればいくらでも出てきますから。

わたくしも中国に行ったときには現地から狂ったように実況ツイートしておりますので、ご参考に。

 

 

それより面白いのは、たくましい暮らしぶりだけどね

中国は見応えのある観光エリアがいっぱいあるのですが、私がやたらに中国に行く一番の理由はそれじゃない気がします。 

じゃあ何しに行っているのかといえば、むやみに逞しい現地の人たちの様子だとか、中国の一筋縄ではいかない感じとかを、見たり体験しに行ってる気がするのです。

自分でも、なぜこんなにハマっているのかよくわからない。

  

国や組織をアテにせず(利用できるところは利用して)、各自が自分の力で道を切り開いてる感じとでも申しましょうか。

路上や広場で露店をしている人は言うに及ばず、雨が降ればどこからともなく現れる雨具屋 のおばちゃんとか、小児病院の前で親子連れをあてこんで立ってる大道芸人とか……。小規模な自営業者がいっっっっっぱいいるのね。

そういう、たくましく稼ぐ人を見るの好き〜 好き〜 

なぜなら私、たくましく生き延びたいから。

 

あと、よく「マナーが悪い」と言われますけど、私はガッチガチのマナー大国・日本から中国に移動するとむしろホッとしますね。

 

電車やバスの中で大声で通話したり、音がダダ漏れのままスマホでゲームしたり。

お店では店員さんがスマホいじりながらダラダラしてたり、店番しつつ普通にご飯食べてたり。

日本人に比べて、ひと目を気にして窮屈にしている人が少ないです。

んで、日本によくいる「マナー警察」が見当たらない。

(日本にいると、実際に会ったことなくても、見えないマナー警察に怯えてしまうし)

そのあたりで、中国に開放感を感じるのかもしれません。

  

 

はい!日本人が旅行しやすいポイント5つ

では具体的に日本人にとっての旅行しやすいポイントを挙げていきましょう。

飛行距離が短いのは一目瞭然ですので、あえて入れておりませんよ。

 

1. 短期の旅行ならビザは取らなくてよい  

15日以内の観光旅行ならノービザでOKです。

意外と門戸は開かれているのです!

 

2. 漢字を見ればだいたいの意味はわかる

厳密にいえば、中国で使われている簡体字と日本の漢字は異なっていたり、同じ漢字でも意味が違うケースもあります。 

でもでもでもね。例えばタイ語やハングル、ロシア語を読むことに比べたら、まだ馴染みがあるでしょ。意味が想像できるでしょ。そういうことです。

発音がぜんぜん違うのは難点ですが、そのかわり筆談という手があります。

なので、小ぶりのノートと筆記具を持ち歩きましょう。

食堂で注文する際や切符を買う際に、書いて伝えることができます。

 

3. 治安は、おおむね良いです

昼間に普通に観光する分には、私はまったく危険を感じたことがありません。

そもそも観光客が多い場所は、こうして警察の人が見張っていることが多いです。

f:id:kokeshiyamada:20180819151445j:plain

それに、あちこちに監視カメラが設置されており、犯罪者の身になってみれば「ちっ!やりにくいな」状態です。

なので、あなたが悪人でない限り、これらは喜ばしいことですよね。 

 

もちろん、夜中に無防備に出歩いたり、中国政府にたてつくような真似はしないでくださいよ。よろしくお願いしますよ。

あと、世界共通の注意事項として、スリや置き引き、馴れ馴れしく声を掛けてくる詐欺師には気をつけてくださいね。

 

4. 物価は、大都市以外ならまだまだ安い

近年の経済発展に伴い、物価もバリバリと上がってきている中国。

とはいえ、まだまだ宿泊代やご飯代は安くつきます。

(※北京や上海などの大都市を除く)

路線バスが1元か2元(1元=約16円)だったり、鉄道の料金もおおむね安いです。

もちろん、小洒落たレストランや小洒落たカフェですとお高いですけどもね。

例えば、中国でスタバに入ると、そのへんの食堂でご飯を食べるより高くて毎回「ひええーー!」となります。

 

下記ツイートは、雲南省の観光地・麗江でスタバに入ったときのもの。

この強気すぎる値段設定をご覧くださいませ。

f:id:kokeshiyamada:20180819152102p:plain

 

5. お粥とか麺類とか水餃子など食べ物が口に合う

中国各地にはそれぞれ美味しいものがありますので、各自で調べていただくとして。

朝や昼にサクッとお腹を満たしたいとき、日本でも食べ慣れたものがあるのは心強いですよね。

f:id:kokeshiyamada:20180819122518j:plain

 

なんならマックやケンタッキーに入ってもいいんですよ。

まさかのお粥が食べられますからね。

f:id:kokeshiyamada:20180819122305j:plain

内陸の都市・重慶のマックで朝ごはん。お粥とポテトで6元。

 

とはいえ、注意すべきこと&知っといた方がいいこと

1. GoogleTwitter、LINE、FacebookInstagramを使うには準備が必要

中国政府の規制(Great Wire Wall / 金盾)により、上記のサービスは中国では基本的に使えないことになっています。

ということは、必然的にGoogleのマップも検索も使えません。

では、どうするか?

私はこうしています。

 

日本にいる間にAmazonで香港のSIMカード(大陸で使えるもの)を購入し、中国に着くやいなやSIMを入れ替えてアクティベイト。

以後は、香港の通信会社を経由してネットにつなぐので、「中国ではアクセスできない」はずの上記のWEBサービスが使えます。

私がふだん買っているのは、チャイナユニコムの2GBのSIMカードです。

買う前に必ず「中国本土」で使えるかどうかを確認してくださいね。

f:id:kokeshiyamada:20180819121649j:plain

なお、これはSIMフリースマホをお持ちの方のみに有効な方法です。

お持ちでない場合は、ポケットwifiを借りるか、3大キャリアの鬼高い海外パケット通信をお使いください。

ネット上級生には「VPN」という方法もございますが、中国ビギナーの方は別にそこまでしなくて良いでしょう。

 

まとめ:何らかの方法により、ネット規制は回避できる!

 

2. 列車や長距離バスに乗る際はパスポートの提示が必要

中国では、高鉄(中国新幹線)や長距離バスに乗る前は身分証(日本人の場合はパスポート)の提示が必要です。

切符を買うときにも提示する必要があります。

なので、くれぐれも宿に置いてきたり、人に預けたりしないように。

列車に乗る前など、中国人が写真入りの身分証(免許証に似てる)を係員に見せている場合は、真似してパスポートを見せましょう。

それ以外でも、何かの折に「シェンフェンジョン」と言われたら、それは身分証のことです。パスポートを見せましょう。

私は以前、お宿のある雑居ビルの入り口や美術館で提示を求められたことがあります。

 

3. 地下鉄やバス、鉄道の入り口で荷物検査がある

空港でおなじみの赤外線検査が、鉄道や長距離バス、地下鉄の入り口でも行われます。

特に用意するものはないので、「あるんだな」ぐらいに心構えしておけばOK。

ただし、小綺麗なバッグ、真っ白いバッグをお持ちの方はご注意。

荷物検査のレーンを通るたびに、薄汚れていきますよ。

それと、検査レーン内で中身が飛び出さないように、口が閉められるバッグに越したことはありません。

 

4. たまに外国人が泊まれない宿泊施設がある

中国のお宿の中には、たまに「外国人NG」のところがあります。

日本から予約していけば大丈夫だろう、と思うなかれ。

わたくし、2年ほど前に予約サイトでアモイの宿を予約し、たどり着いてみたら「外国人NG」だった経験がございます。

最近は、そこまでひどい例があるかどうかわかりませんが、予約する時点で必ず確かめましょう。

booking.comの場合は、こんな表記が目印。

f:id:kokeshiyamada:20180819114017p:plain

Mainland Chinese Citizensと書いてありますね。

中国大陸の住民しか泊まれないということです。

レビューがぜんぶ中国大陸の人の場合も、おそらく外国人NGかと思われます。

 

ツイッターをみていると、「予約した宿から直前になって外国人NGの連絡がきた」という話も。

その場合は別の宿を予約すればよいので、そんなに心配することはありません。

 

あ。あと、チェックイン時に、現金かクレカで「押金(ヤージン)」を求められるケースがあります。ようはデポジットでして、宿代とは別のものです。

チェックアウト時に、取り戻すことをお忘れなく!

 

5. トイレには多少の覚悟が必要なケースも

ドアのない通称「你好トイレ」は、さすがに都市部では見当たりません。

が、たまに田舎の観光地に行くと、出くわすこともございます……

f:id:kokeshiyamada:20180819161438j:plain

ほら、これなんか外に顔を向けるタイプだから、別に尻は見られませんよ。

まあ……ひとつの経験ってことで。

どーーーしてもダメな人は、外出直前にホテルで済ませて、外では外国人向けのお高い飲食店などでトイレを借りてください。

あと、紙が無いことも多いので、ポケットティッシュの用意をお忘れなく。

 

 

注意点はこれぐらいかなあ。 

どれも基本的に「ああ、そうなんだな」と思って淡々と対応すれば問題ございませんよ。

そもそも異国に行くのですから、日本と同じ環境を求めても仕方ありませんし。

 

 

いざ!航空券とお宿の手配をしよう

これはまあ、皆さん、自由になさったらエエと思いますけど。

私のいつものパターンを書いておきますね。

 

1. 航空券の購入

まずは、スカイスキャナーで航空券を物色。

お安い便が見つかったらエイ!と予約します。

中国に就航しているLCCのセールにも注目しております。

春秋航空日本:成田-ハルビン、成田-天津、成田-重慶、成田-武漢 

ジェットスター:成田-上海

 

2. お宿の予約

宿は「現地に着いてから手配」派の方もいらっしゃるかと思いますが。

中国の入国カードには、泊まる宿を記入する欄がございますし、着いてから宿探しで歩き回るのもなんですので、1泊目だけでも予約しておいた方がよいかと……老婆心ながら思いますよ。

 

私はもっぱら、booking.comでお宿を探しています。

中国資本のtrip.comだと、中国の宿の件数が多いので、こちらもたまに使います。

ちょっと変わったお宿に泊まりたいときはAirbnbもチェック。

 

以前、Airbnb厦門の宿を探したところ、こんな素敵な元お屋敷に泊まれましたよ。

 f:id:kokeshiyamada:20180819153922p:plain

  

3. 旅立つの前の準備

前の方でも書きましたが、中国ではネットが規制されているので、丸腰でスマホを使おうもんなら、Googleツイッター、LINEは使えません。

SIMフリースマホをお持ちの方は、事前に香港SIMを買っておきましょう。

 

あとはガイドブックや旅行記を読んだり、人さまのブログやツイートを見て旅先の情報収集をされたらよいですよ。

 

おっと!行く前に中国旅に便利なアプリを入れとくと良いです。

地図アプリ:百度地図か高徳地図

(やはり中国製の地図の方がなにかと便利)

チャットアプリ:私はwechatを使用

(現地の人とやりとりが必要になったときのために、念のため)

配車アプリ:適適出行(DiDi)※中国版のUber

(実はまだ使ったことないですが、念のため)

 

最後にね。すんごい細かい話なんですけど。

トイレのドアにフックが無いことが多いです。

なので、こういうS字フックを持っていくとドアに荷物を掛けられて便利ですよ。

f:id:kokeshiyamada:20180819164556j:plain

 

以上! 

 

これを読んで、中国に旅立つ方が1人でも増えて、面白さにハマってくれたら良いな〜 

なお、私は9月半ばに貴州に行く予定です。楽しみですよ〜 

芳年展を見て頭が爆発しそうだから吐き出しとく

先日に続き、また今回も!旅行記ではない!ものを記します。 

 

というのも、昨日観に行った練馬区立美術館の「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」で、あまりにも考えたことが多くて、自分の頭を整理するためにも吐き出しておきたいのですよね。

合わせて、まだ行ってない方のために、アドバイスという名の余計なお世話も焼いておきますね。

 

例によって目次!

 

 

デビューから円熟期まで時系列で観るからこそ気づけたこと

展示室の最初の1枚がね、芳年15歳のときの3枚組の浮世絵なのね。

デビュー作にして、1枚絵じゃなくて3枚組ですよ。

解説にも書いてありましたけど、それって異例の事態ですよ。

 

で、解説に15歳って書いてあるもんだから、ついつい「15歳でこれか!すごいな!」と年齢を絡めた感想になってしまいます。

そら、後に名を残す絵師ですし、上手いのよ上手いの。

 

しかし、そこから始まって、時系列で彼の作品をずーーーーっっと見ていくじゃないですか。そしたら後半になって気付くんですよね。

 

「あ。初期の絵って、ぜんぜん完成されてなかったんだ」と。

具体的にいうと、絵に盛り込まれている情報量がむやみに多い。

言い換えると、要素がてんこ盛りで整理しきれていない。

 

自分では絵を描かないくせに(でもだからこそ)、我ながら天才絵師の画業に対してひどい言いようですけど。

これって時系列で彼の画業を追って観たからこそ気づけけたことなんですよね。

 

もっと乱暴に言ってしまうと、

初期の絵:説明

後期の絵:表現

 

そんなことを考えながら彼の作品を見ていて思い出した自分のこと。

新卒で入った広告会社の上司に「お前の文章は、コピーじゃなくて説明文だ」と言われた件。すごいぞ!芳年!見る人(=私)の記憶まで呼び覚ましてきたぞ。 

 

加えて、後期になってから芳年独特の線の表現が出てきたからこそ、後で思い返すと「初期の絵は、銘を伏せたら誰が描いたかわからないな」と気付くんですわ〜。

ってことで、後期の作品はすごかった!の話へ

 

 

後期の作品が圧巻だから、気力と体力を温存しといてね

便宜的に「初期」「後期」とざっくりした表現を使っておりますけど、私の言う後期というのは、展示室でいうと「2」。

その中でも最後の最後に展示されている、用紙を縦に2枚使った作品群が私の激押しですよ。

 

だいたい展覧会って前半部分は観覧者が団子状になって固まってて、なかなか自由に見て回れない →→→ 後半に進むにつれ人がスッカスカになっていくじゃないですか。

(よほど後半に有名作がない限り)

 

芳年展も同じです。

初期の作品の部屋と血みどろ絵の部屋は人が多かったのですけど、表現が洗練されて「ここの作品こそ見どころじゃないの!?」っていう最後の部屋なんか、スッカスカ。

これから見に行かれる皆様におかれましては、前半はそんなに力を入れずに気力と体力を温存しておいて、後期の作品群に臨まれすよう。

 

ここで私が推す、2枚を縦に使った作品をば。 

(フリー素材に、展覧会と同じ絵があったので貼っておきます)

 

ご覧ください!画面を斜めに切り取る、真っ赤な屋根。 

目線を上から下へ、下から上へと動かしたときの気持ち良さったら。

f:id:kokeshiyamada:20180815105647j:plain

 

スマホがあるわけでもない江戸時代に、この圧倒的な縦長の表現方法。

縦長の浮世絵としては、これ以前にも鈴木春信の作品などで、「柱絵」と呼ばれるものがございます。名前の通り、柱に飾ることを想定した浮世絵ですよ。

でも、芳年のこれは柱に貼るにしては横幅が太いのね。

手元に置いて眺めるには、縦に長すぎるし。

んじゃ、どこに貼ってどうやって鑑賞していたのかな〜

などという想像も膨らんでくるのです。 

 

お次は、浮世絵のテーマとしておなじみの「八百屋お七」を描いたもの。

こんだけ縦長の用紙だからこそ、ここまでハシゴにフォーカスできるのね。

この作品もやはり、右斜め下に向かって画面が分断されておりますね。

f:id:kokeshiyamada:20180815132005j:plain

 

そういえばこれも、右斜め下に向かって線が入っているなあ。

芳年はこの構図が好きなのかなあ。

f:id:kokeshiyamada:20180815105740j:plain

 

 

なお、画像はこちらのサイトから。

海外サイトなので絵師の名前はローマ字入力でよろしくです。

https://www.freersackler.si.edu/collections/

「yoshitoshi」で検索すれば、どんどこ出てきます。

 

 

このサイト、拡大にも対応していて、隅々まで舐めるように観ることができます。

例えば、とある芳年作品の左下に記してある署名部分。

中華圏のネット表現で困ってる顔としておなじみの漢字「」が、明治の中に紛れていたんですね。

この字、芳年展の作品の中にありますから、探してみてくださいまし。 

f:id:kokeshiyamada:20180815110150p:plain

2018年8月18日追記

この「朙」、自分が見たことない漢字だったので、芳年が作字したものだと思い込んでいましたら、漢字として普通に存在していました。お恥ずかしい…。

 

 

観覧中に次々と湧き上がってくる疑問点。誰か教えて!

作品は作品として「わーー すげーーー」と鑑賞しつつも、それとは別に頭の中にどんどん湧き上がってくる疑問点。ちょっと挙げてみます。

 

1. 絵師にアドバイスする人はいたのか?

芳年の作品、初期と比べて後期は格段に洗練されているわけですが…… 

そこに至るまでに他者からのフィードバックの影響はあったのか?という疑問です。

例えば、現代の漫画家さんにはおおむね編集者が付いていてアドバイスをするじゃないですか。あるいは、SNSで読者から感想が届いたりしますよね。

江戸時代の絵師も、本人の切磋琢磨以外の、外部からのアドバイスや反響が影響を与えることはあるのか否か?  

 

2.シリーズ作品は誰が言い出しっぺするのか?

それに関連して、当時の出版事情にも思いを馳せました。

果たして、「月百姿」(月のある風景画を100枚セットで出す)などのシリーズものの場合、版元のオーダーありきなのか?

それとも絵師の希望ありきなのか?

両者以外に、プロデューサー的な立ち位置の人がいて企画するのか?

なにしろ、シリーズものを出し続けるには、出す前に「売れる見込み」が必要でしょ。ということは作家の「描きたい!」気持ちだけでは、どうにもならないと思うのね。

 

と、ここまで書いて気付いたけど、蔦屋重三郎について書かれた本に、そのあたりの説明がありそうな気がする〜 ここまで書いておいてなんだけど〜

 

3. 版下を彫るとき途中で失敗したらどうするの? 

浮世絵を見に行くと、髪の毛や目ん玉、着物の柄などの細かい部分を見るにつけ「彫った人すごいな〜 だってこれ、木版だよ?」って毎回思うのですけれど。

昨日は、そこから発展して「彫ってる途中で失敗したらどうするの?」という疑問が湧いてきました。だってこれ、木版だよ?

そこで、いくつかの選択肢を考えてみましたよ。

A:失敗した部分は削り、別の版木をピタッと貼り付けて彫り直す(最有力説)

B:気をとりなおして最初から彫り直す(私なら途中で彫刻刀をぶん投げる)

C:現代人の頭ではとうてい思いつかない、意外な方法でリカバリーする

 

などとね。観てるそばから、疑問がコンコンと湧き出てまいりましてね。

「ああ、こうやって考えるキッカケをくれることも、展覧会の醍醐味なのだわ」と思いました。久々に美術館に足を運んで本当に良かったです。

 

現代に通じる「血が見たい欲」「クリエイターは名を残す」件

最後にまとめのような、そうでないような話をしますね。

 

まず、ひとつめは、血への欲求について。

子供も含め、観覧者が多めに入っていた「血みどろ絵」の部屋にいるときに思ったのです。

「なんのかんの言って、残酷なシーンって見たくなるよね」って。

このとき私の頭に浮かんだのは、暴力シーンの表現力がやたら高いことでおなじみの韓国映画です。

暴力表現がキッツイのは承知の上で、いやだからこそ見たくなるんですよね、韓国のノワール作品って。 

前にキューバから帰国する飛行機の中で、猛烈に韓国ノワールを観たくなったことがありまして。

そのことをツイートしたら友人から来たリプライがコレ。

「ストレス溜まってるんじゃないの?」

そっか…… 私、キューバでストレス溜まってたんだ。

だから血を欲してたのか〜 と妙に納得したことがあるのです。

 

芳年の血みどろ絵を観ながら、そんな自分の記憶を掘り返していました。

芳年の絵が当時 人気を博していたのも、暴力と血への欲求があったせいかな? 明治の人もストレス溜まってたのかな? などと考えながら。

後世に残る作品というのは、現代人の頭の中と当時の人の頭の中をつないでくれるんですな。

 

ふたつめは、クリエイターの名前しか残らないこと。

上の方にも少し書きましたけど、浮世絵の彫り師って、相当な技術を持っているわけですよ。絵師の描いた無茶振りとしか言いようのない下絵を、木の板に彫っていくわけですからね。

もうホントにね、髪の毛や着物の柄、なんならまつ毛(!)とか、スゴいのよ細かいのよ。

でもね、彫り師の名前が浮世絵に書かれていることは、ほぼ無い(※)し、展覧会で解説に書かれていることもないわけ。

ぎょーえーーーーーー!あんなに大変な仕事してるのに……

※鈴木春信の「夕立」など彫り込まれているケースもあり

 

結局、後世に名前が残っているのは絵師だけなんだよなあ。

 

決まったことをきっちりやり遂げた人じゃなくて、新しい表現やらその人なりの表現を生み出したクリエイターしか後世に名前は残らないんだな〜 って。

昨日、改めて思ったことですよ。

 

 

と、芳年展に足を運んだがゆえに、頭の中にいろんな感情が湧いてきたり疑問が湧き出てきたり面白くて仕方ありません。

皆さんも、あんなことやこんなことが頭に浮かぶかもしれませんから、足を運んでみてくださいましね。(練馬区民かつ浮世絵ファンからのお願い)

くれぐれも後期の作品が圧巻ですので、そこに向けて気力&体力を残しておかれますように。

 

 

てな感じで、本ブログ初の美術館の鑑賞の感想、おしまい。