いつかどこかで野垂れ死に by こけし山田

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

海外旅行バカの私が新コロナ禍中にやっている 3つのこと

 海外旅行好きのみなさん!

ぜんっぜん、飛べませんね。海外に。

 

わたくし、2017-2019年にかけて1年に5-10回などという狂った渡航を繰り返しておりましたが、一気にゼロ。ゼロですわ…

国内旅行はGo Toなどと言って推奨されていますが、海外に観光で飛べるのは一体いつになるんでしょうね…

と遠い目をしながらも、今のところ私はなんとか正気を保ちながら次の海外渡航に向けてできることをやっおりまして。

今回はその3つをご紹介します。

海外渡航ができない今、みなさんは、どんなことをされていますか?

  

【目次】

 

1:足腰を鍛えるべく、1日10000歩を目標に歩いている

海外旅行に最も欠かせないモノとは何か?

それは第一に、体力であります(断言)。

お金と時間は行く前になんとか調達すればいいとして、体力だけは付け焼き刃ではどうにもなりません。

加えて私はすでに51歳(※1)なので、体力が面白いほど急降下しております。

※1:豊臣秀吉ならあと10年で死ぬし、明智光秀ならあと3年で死ぬし、織田信長ならとっくに死んでる。

 

前ふりが長くてごめんなさい。

とにかく、海外旅行には体力が必要です。

街歩きが好きな私は、旅先では1日20,000歩とか歩いてしまいます。 

しかし、1日に15000歩以上、歩いた日は足腰がガタガタになるという…やわな体です。

なので、旅行を十分に楽しむためには、落ちゆく体力にブレーキをかけるべく、足腰を鍛えておかねばなりません。

 

そこで8月に、足腰を鍛えるべく歩数アプリを導入することにしました。

JALがリリースしている「Wellness&Travel」というアプリを入れて歩きまくっています。

これね ↓

www.jal.co.jp

要は、1日に6,000歩、8,000歩、10,000歩をクリアするごとにマイルがもらえるというアプリであります。 

8月2日にアプリを入れる前と後の、平均歩数の違いをご覧ください。 

 

午前中に近所のカフェまたはドンキへの買い物で2000-3000歩、夕方は駅前のスーパーまでで歩いて往復7000-8000歩というのが、いつものパターン。

(体力のないみなさんはお分かりかと思いますが、一気に10,000歩を歩くのは、なかなかにキツいです。

なお、帰宅後に「10000歩まで、あと500歩足りない!」などという時は、和室をぐるぐる回ってみたりして無理やり10,000歩をクリアしています。

 

1ヶ月これを続けた時に、気づいたのが…

体力が付いたというよりも、尻の筋肉が付いていることです。

別の表現だと、プリッと感が増している!

尻に力が入るようになっている…!

 

これは…Wellnessというより、Fitnessでは?

などという感想が浮かんでおります。

 

なお、この毎日10,000歩を3ヶ月続けた結果の獲得マイルなどは、次回に!

 

 

2:あらゆる手段を使ってマイルを貯めている

体力、筋力に加えて貯めておきたいのが、マイル。

旅行好きの方から、「そんなもん、知っとるがな」とツッコミが入りそうですね。

ごめんちゃい。

わたくし、これまで散々海外に渡航してきましたが、航空券を買う時にマイルのことをほとんど念頭に置いてなかったんです。

なので、メキシコまで長距離で飛んだのに、0マイルなんてこともありました。

ぎゃー!アホかアホかアホか!

後から知ったのです。

単に一番安いチケットを買うのではなく、「マイルがどんだけ加算されるか」と「その中で一番安いチケットを買う」のバランスが重要だということに…

 

ごめん。愚痴が長引いた。

今さら言っても仕方ないので、飛べない今は地面を這いつくばりながらマイルを貯めることにしました。

  • ポイントサイトで貯める:詳細は、その筋のブログなどをググってください 
  • 1でも述べたJALのアプリを使って歩いて貯める:わずかだが、確実に貯まる
  • JALマイレージモールを経由してAmazonで買い物し、200円につき1マイル貯める

【小ワザ】まずJALモールを経由してAmazonのギフト券を自分用に購入し、その後にJALモールに入り直してギフト券で買い物すれば、マイルが二重取りできます。この涙ぐましい努力をすることにより、100円のショップングで1マイル貯まります。グッスン。

例:Booking.comは100円で3マイル。

 

私の場合は、こんな感じでチマチマとマイルを貯めております。

普段の生活の中で地道にマイルを貯めることで、「ああ!今日もマイルが貯まった!」と、次の旅行への希望が湧いてくるのですよ。(希望、だいじ)

 

この時、1マイルを1円とか2円相当などと考えると萎えるので、国際線のしかもファーストクラスで換算します。

例えばANAの場合、レギュラーシーズンに欧州までファーストクラスで16.5万マイル!

試しに2021年9月に東京-ロンドン間をファーストクラスで見てみると、145万円。

(金額はざっくりです。時期によって大幅に変わります)

1マイル=8.788円!

ええい!四捨五入して1マイル=10円!

などと考えるのです。

 

JALのマイルを貯めているのにANAの表を貼り付けることをお許しください。この一覧表がめためた分かりやすいもんで…)

https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/image/image_kokusai/mileage_chart_int.pdf

(画像はANAの下記ページ) 

ご利用条件 | ANA国際線特典航空券 | マイルを使う | ANAマイレージクラブ

 

ってな感じで、マイルを使ってファーストクラスに乗る日を夢見て生きています。

私は、新コロナとの付き合いは長期戦になると思っています。

なので、気長に2020年と2021年を使って、下手するとそれ以上かけてマイルを貯めていく予定です。

 

自腹で乗るとなるととても無理筋なファーストクラスに、マイルで乗るぜ!

と腹をくくってしまえば、なんとか貯められる気がするのであります。

 

 

3:じっくりと時間をかけて、行きたい国への渡航準備をする

振り返ってみると、ここ数年は海外旅行の頻度が多すぎで、行く前の情報収集が適当なまま飛んでみたり、帰国して余韻を味わう間もなく次の旅先に飛んだりしていました。

 

そんな高頻度な渡航癖は、コロナでいっぺんに吹っ飛びました。

 

ある意味、神からのお告げです。 

「もっと、1回1回の旅行を、深く、濃く、細部まで楽しむのじゃ」

(なぜ、神様の語尾は「じゃ」にしがちなんでしょうかね)

 

例えば、私は、2021年の渡航予定は、中央アジアジョージア(元グルジア)です。

スカイスキャナー のキャンペーンに当たったので、日本ージョージアの往復の航空券代を出してもらえるのですが…

元々は2020年にいくはずが、新コロナのせいで渡航が2021年末まででOKになったので、

膨大な準備期間を使って、下記のことをやることにしました。

・ガイドブックを入手できる範囲で広く集める

・建築の本も購入

ジョージア 関連のツイッターをフォロー

 

航空券も、いつもなら「一番安い航空券をえいや!」と買うのですが、何しろすぐに買えないので、検討する期間が1年などと超ロング。

そうすると…

最初はドバイ経由のエミレーツで行こうと考えるも、東京-ドバイ間はマイルが着かない→やっぱカタールか?→いや、ポーランド航空は安いしワルシャワにも寄れるで。

と航空券をじっくり検討することができるのです。

というか、先の情勢が全く読めないので買うことができず、いたずらに検討期間が長くなっている始末です。

 

 

 

4:まとめ 

てな感じで、海外渡航が全くできない間も、次に渡航できる日を見据えて、日々粛々と体力を増強したり、マイルを貯めたりしております。

みなさまは、いかがお過ごしでしょうか?

何か、良いアイデアや心がまえなどお持ちでしたら教えてくださいませ。