こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

トルコのイスタンブールからエアメールを出してみた(郵便局の場所/切手)

どうもこんにちは。

旅先からエアメールを出すことを愛好しておりますこけし山田です。

今回は、トルコのイスタンブールからのエアメールの出し方をお届けします。

どこで切手を買う?切手はいくら?(答え:4リラ)郵便局はどこ?

などをまとめておりますよ。

 

【目次】

 

さすが観光都市!絵葉書はあちこちにいくらでも 

さすが世界有数の観光都市、イスタンブール

あちこちのお土産やさんやミュージアムショップに絵葉書はどっさりあるので、お好きなものをチョイスなさってくださいませ。

オーソドックスな有名観光地の写真バージョンのほか、建物やトラムのイラストをあしらったものも多かったです。

どこにでも売ってるからこそ、「これだ!」という一枚を見つけたいもんですね。

(なかなか難しいんですけども)

 

 

アヤ・ソフィアのミュージアムショップに切手とハガキが!

イスタンブールで必見の観光施設「アヤ・ソフィア」。

その一角にミュージアムショップがありますので、郵便好きな方は行ってみてください。

うまく撮るのが難しいアヤ・ソフィア内部を撮影した絵葉書が各種あります。 

なんといっても!古い切手!切手が!売ってるんです!

 

(↓ 買ってからバッグに入れた状態で撮影)

f:id:kokeshiyamada:20190706200231j:plain

こんな感じでセットになっていて見栄えがします。

郵便に使わなくても、日本でシール的に使っても良さそうです。 

 

【注意】

トルコからのエアメール代金は4リラ。(2019年6月現在)

このような古い切手だと、組み合わせて合計4リラにする必要があります。

が、あまりにも額面が小さすぎて、組み合わせても4リラに満たない場合もあります。(ハガキの面積にも限りがあるので)

なので普通に郵便局で切手を買った方が無難です。やはり郵便局へGO!

 

 

切手が充実! 旧市街の中央郵便局を目指しましょ

アヤ・ソフィアで切手とハガキを買ったものの、そのときはエアメールの代金がわからなかったので結局 郵便局に行くことにしました。

イスタンブール旧市街のSirkeci地区に中央郵便局があったのです。

残念ながら本来の建物は工事中で入れませんでしたが、隣の建物で郵便業務が営業中でした。(2019年6月)

 

ご覧ください。

この威厳ある佇まい&ブルーのタイル使いの美しさ!

工事の塀越しに見えた部分ですらこんなですから、内部はきっと見応えあるんだろうな〜

次に行くときは中に入ってじっくり眺めてみたいです。

なにしろ、郵便のミュージアムも併設されているらしいですし。

f:id:kokeshiyamada:20190706185156j:plain

 

場所はこちら。グーグルマップを貼っておきます。

 

こちらが、私が利用した郵便部門の建物。(仮オフィスかもしれません)

黄色いポストとミニミニバイクがなんとも可愛らしいのですよ。

f:id:kokeshiyamada:20190706185357j:plain

 

窓にびっしり貼ってあるハガキから、「トルコは記念切手に力を入れているな」ということがわかります。

f:id:kokeshiyamada:20190706185446j:plain


すでに書いたハガキを持って窓口に行くと、英語で対応してくれました。

私がアヤ・ソフィアで買った切手たちを使いたい旨を伝えると…

それらの額面を確認して「これとこれを組み合わせて…」と合計4リラになるようにチョイスしてくれました。

ハガキ3枚分はそれで足りましたが、あとは額面が安すぎて使えませんでした。

 

そこでガラスケースの中から、新たに切手を購入することに。

大きくて見栄えのいい切手がいろいろ入っていたのですよ。

その中から、子供たちが遊ぶ様子が描かれた3種類をえらびました。

そのときどきで切手の種類は違うはずなので、好きな切手を出してもらいましょう。

f:id:kokeshiyamada:20190706190051j:plain

たまたまだったかもしれませんが、郵便局のひとの働きぶりに余裕があって(端的に言えばヒマそう)、私のめんどくさい切手セレクトや切手貼りに優しく対応してくれました。

そのうえ、別れ際はほかの職員さんまでも笑顔で送り出してくれたのです。

なんて気持ちのよい郵便局でしょうか。 

ここに日本語でしかと記しておきますよ。

いえーい!ありがとうございますありがとうございます。

 

ポストは入り口にあり、投函口に箒のモサモサみたいな毛が装備されています。

f:id:kokeshiyamada:20190706190410j:plain

日本のポストだと差出口に金属の蓋があって、それを押して郵便を入れますよね。

あれが、ビッシリ生えた剛毛になっていると思ってください。

想定外の感触が手の甲に触れて、ヒィッ!となりました。 

 

というわけで、切手や郵便好きの方は、旧市街Sirkeci地区の中央郵便局に行ってみてくださいね〜

中央郵便局にはPTT Museum(郵便博物館)も併設されている模様。

修復中だったので私は行けませんでしたけども…(2019年6)

www.tripadvisor.jp

 

 

郵便局は「PTT」、カラーは黄色が目印 

もちろん、中央郵便局以外にもイスタンブールのあちこちに郵便局はございます。

下記のGoogleマップの「PTT」のマークがあるのが郵便局です。

私は、トラムのカラキョイ駅の近くにあるのを見かけました。

 このマークが目印です。

f:id:kokeshiyamada:20190706201843p:plain

 

 

結果:イスタンブールから日本まで約10日で到着

急に話がさかのぼります。

ここ1〜2年ほどの私の旅ミッションは「ツイッターでエアメール希望者を募る」です。

イスタンブールでも実行しました。

 

今までウズベキスタン、ロシア、中国、台湾と数回実施し、到着しないこともあったのですが……

 

イスタンブールから出したハガキは10日ほどで無事に着いたようで、出した7名様のうち5名様から「届いた」旨のリプライいただきました!(↓その一部を掲載)

 

 

 

【まとめ】

という感じで、イスタンブールからのエアメール作戦は終了。

やっぱり海外からエアメール出すのは楽しいですね。

 

SNSを使えば瞬時に確実にやりとりできる今だからこその、エアメール。

「1週間以上かかってしまう」

「3ヶ月でようやく着いた」

「忘れたころに届いた」

「あるいは着かないのかもしれない」

という、国際郵便ならではの不確実性が、現代においてはむしろ貴重!

トルコに限らず、みなさんも世界各地でお楽しみあれ〜〜! 

 

 

ロシアのウラジオストクから出したときの記録はこちら ↓ 

www.kokeshiyamada.com

 

宛名の書き方は、こちら。

nanapi.jp

⚫︎海外から日本に出す場合、宛先は日本語で。配達するのは日本の郵便局だから。

AIR MAIL」「JAPAN」は大きく目立つように!(赤ペンを使ったりして) 

⚫︎旅行中は差出人の住所を書きようがないので私は書きませんが、このサイトの筆者は日本の住所を書かれてますね。どっちでもいいと思います!