kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

重慶軌道(地下鉄/モノレール)の3大名所 〜秘境駅・ビル貫通駅・見晴らしマック〜

3大名所などと書いてますが、私が勝手に決めました。

それも、自分が行動した狭い範囲で決めました。

 

では、さっそくどうぞ。

 

1. 眼前に荒涼たる景色が広がる秘境駅「曹家湾」駅

重慶行きを決める前からツイッターで見て気になっていたこちらの駅。

その写真を見たときに、「なんでまた、そんなところに駅を?」と誰もが思わずにはいられない駅。それが重慶軌道6号線の「曹家湾」駅です。

f:id:kokeshiyamada:20170917203144j:plain

どうせ何もない駅ならば、と朝一番に行ってみました。

お店などが開いている時間を使うのはもったいないですからね。

 

中国の地下鉄駅の入り口に必ずある荷物検査場。

乗降客がほとんどいないこの駅にも、しっかりありました。

お姉さんが2人で待機しており、「ああ、いるなあ。暇そうだなあ」とチラッと見てから、私は私で閑散とした駅の様子を撮影しておりましたら……

呼び止められて、写真を消すように言われました。

こめんなさい。

中国では地下鉄の駅を撮影しちゃダメなんだね。

皆様もお気をつけあそばし。

 

さて、曹家湾駅はほとんど乗降客がいないにもかかわらず、エスカレーターも完備。

するるるるるっと昇っていきますと、はい到着。

f:id:kokeshiyamada:20170917203532j:plain

あ。ほんとに何もないわ。

 

念のため、引きのお写真もどうぞ。

f:id:kokeshiyamada:20170917203616j:plain

なるほど。「荒涼」という言葉がこれほどふさわしい駅もあるまいて。

 

しかし、驚いたことにこの駅で降りたのは私だけではなかったのです。

写真にも写り込んでいるように、ほかのお客さんもいましたよ。

それに、駅の出口付近には、白タクだと思われるおじちゃん&お兄ちゃん2名(こちらはバイク)の計3人が待機してました。

ということは、この駅で降りてどこかに向かうニーズがあるってことだよね。

 

ニーズはともかく、この未来の駅前広場をご覧ください。

ここには可能性だけが広がっているんですよ。

噴水のある美しい公園を作ろうかしら?それとも…

高級マンションをぶっ建てて富裕層から金を巻き上げてやろうかしら? 

いろんな妄想が膨らみますね。ね?

f:id:kokeshiyamada:20170917203844j:plain

道路の状態もご覧の通りですので、開発の可能性が無限大です。

f:id:kokeshiyamada:20170917203859j:plain

 

この何もない秘境駅まで足を伸ばして私が学んだ唯一のこと。

それは「何もない駅で降りたところで、やることは本当に何もないな」ということです。

  

2. ビルをモノレールが貫通する「李子坝」駅

こちらも、重慶行きを決める前から気になっていた駅です。

大阪では高速道路がビルを貫通していますが、こちら重慶ではモノレールがビルを貫通しております。

この李子坝駅に向かうモノレールに乗ったあとしばらくしてから、「あ!車両の先端に行って貫通する様子を撮ろう!」と思ったのですが、時すでに遅し。

先頭車両の先端にはすでに一群の人々がいて、後から行った私が割り込むことはできそうにありませんでした。 

皆様におかれましては、乗車してすぐに先頭車両の最先端を確保しておかれますよう、アドバイスいたします。

 

ま。乗車時には撮れなかったけど、下車すれば斜め下から撮り放題どすえ。

 

はい、これからビルを貫通しま〜す。 

f:id:kokeshiyamada:20170917205223j:plain

 貫通しま〜す。

f:id:kokeshiyamada:20170917205325j:plain

 しま〜す。

f:id:kokeshiyamada:20170917205336j:plain

以上。あっという間のできごとです。

行く前に期待したより、あっけなく終了しました。

 

この写真を見ると、ビルの7階を通っていることがわかります。

f:id:kokeshiyamada:20170917205611j:plain

 

駅の中を電車が通る。

これこそが本当の駅ビルだな。 

f:id:kokeshiyamada:20170917205431j:plain

f:id:kokeshiyamada:20170917205447j:plain

 

駅の内側から外を眺めた様子。

向こう側からモノレールがビルに突っ込んできます。

f:id:kokeshiyamada:20170917205504j:plain

 

3. モノレールを眺め放題のマックがある「牛角沱」駅

続いて3つ目は、たまたま見つけたんですけども。

地下鉄3号線と2号線が交差する「牛角沱」駅にあるマクドナルドの窓際に座ると、モノレールが行き来する様子を見放題ですのよ。

わたくし、さほどモノレールには興味ないのですけど。

そんな奴でも、カラフルな車体をほけら〜っと眺めているのはなかなか楽しいです。

 

f:id:kokeshiyamada:20170917210838j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20170917210854j:plain

 

重慶ってさ、重慶ってさ。

林立するビル群をバックに地上と地下を縦横無尽に走るモノレールの絵面が、めっちゃ未来都市っぽくない? ない?

未来都市っていう概念自体が昭和の遺物ですけども。

 

 

ちょっとマックのおまけ画像を貼っときますね。

 

中国では、朝マックでお粥が食べられます。

これ、日本でも導入してほしいな。 

f:id:kokeshiyamada:20170917211140j:plain

マックの広告に抜擢されたということは、この人が中国大陸を代表する旬のイケメンということですかね。誰だか知らんけども。

f:id:kokeshiyamada:20170917211206j:plain

 

以上が、私が勝手に決めた重慶軌道の3大名所です。

鉄道に詳しい方、重慶滞在が長い方、「もっと取り上げるべき駅があるだろ!」という場合は教えてください。

次の重慶訪問で行ってみたいと思います。

 

 

以下は、重慶軌道で移動中で見かけた、捨てるにしのびない小ネタちゃんです。

 

立ち上がってロボットに変身するに違いないビル。

f:id:kokeshiyamada:20170917211359j:plain

 

お金の匂いがする駅。

f:id:kokeshiyamada:20170917211455j:plain

 

この石油路には、いったい何があったのでしょうか。

帰国してしまった今となってはわからないし、別に知りたくもありません。

 

こんな投げやりな感じで今回は終了です。