kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

重慶 個人旅行の基本のキ 〜空港から市内への移動、交通ICカード、物価〜

2016年9月頭に3泊4日で行ってきた重慶一人旅。

重慶って特に観光地としては有名ではないのですが、行ったら行ったでなかなか面白かったのですよ。

LCCで週末にピュッと行ってピュッと帰ってこられますから、皆さんもどうですか?

ってことで、わたくしの体験ベースの基本情報を置いておきます。

1元=約16円です。(2017年9月のレート)

 

行く前の準備編

1.航空券の手配

私の場合は、そもそも重慶に行くことにしたのが「春秋航空でセールしてたから」という理由ですので、飛行機はいつものように春秋航空です。

お値段は、なんと!

東京-重慶 往復コミコミで、15,978円!

私はセール慣れしてきたので、もはや驚きませんけども。

皆さんも、春秋航空が毎月9日に開催するセールを狙ってみると良いかと思いまする。

 

2.お宿の手配

読者の方、ツイッターのフォロワーの方はお気づきでしょうか?

わたくし、いつも宿泊施設のことをホテルと書かずに「宿」と書いております。

というのも、ホテルに泊まることがめったにないからです。

もっぱら、「ホステル」と呼ばれるお安めの宿を手配します。

今回、booking.comで手配したのは、Lonely Village Youth Hostel

f:id:kokeshiyamada:20170917094019j:plain

51階の巨大な窓から泥色の長江(揚子江)と林立する高層ビル群が眺め放題のこのお部屋。

ダブルで1泊205.2元(約3,440円)どすえ。

※トイレとシャワーは共同。中国名物のお湯は共有スペースで飲み放題。

 

ただし、ホテルのようにサービスは至れり尽くせりではございません。

詳しくは別途書きますが、接客は基本的に放置プレイだということをお忘れなく。

自分のことは自分でやる。

困ったことがあれば周囲の人にグイグイ助けを求める心意気が必要となります。

あと、中国の宿泊する宿命としてチェックイン時にデポジット(中国語で押金)を払うことになりますので、お覚悟を。

この宿の場合、2泊分のデポジットが510元でした。

 

3.香港SIMの購入

これ、中国旅行前のお約束です。

(※SIMフリースマホをお持ちの方の場合です)

彼の国では金盾によりGoogleTwitter、LINE、Facebookが使えませんので、香港のSIMを使ってローミング扱いにすることで金盾を回避します。

Amazonなどで事前に買っておき、中国に到着するや否や機内でSIMを入れ替えると良いです。

私は2GBのSIMカードを買って、3泊4日中に主に画像入りのツイートに使いまくり、総使用量は1.1GBでした。なにこの惜しい感じ…

1GBのカードを買ってチマチマ使ってもよかったんですが、1GBでも2GBでもそんなに SIMの値段は変わらないのですよね。 

 

 

現地での移動方法

1.重慶江北空港から市内へ

中国旅行で空港から市内へ移動する場合、わたしは普段バスを使うのですが、今回は空港の近くまで路線が通ってる重慶軌道を利用しました。

空港の案内板には「地鉄→」などと書いてありますが、重慶軌道のことです。

重慶軌道の乗り場は第2ターミナルが最寄りですので、第3ターミナルに到着した方は、無料シャトルバス(免費巴士)で第2ターミナルに移動してください。

シャトルバスの乗り場には、こう書いてあります。 

f:id:kokeshiyamada:20170917095109j:plain

なお重慶軌道は、地下を走るときは地下鉄みたいな顔をしており、地上を走るときは思いっきりモノレールです。

なので、私も旅先でツイートするときに「地下鉄では〜〜」「モノレールが〜〜」など表記がブレブレになってたんですが、とにかく重慶を縦横無尽に走っているのは重慶軌道交通なのです。

重慶軌道のWEBサイトから失敬しました↓)

f:id:kokeshiyamada:20170917124615p:plain

 

2.交通ICカードを買う

とりあえず空港の最寄駅で、交通ICカードを買いましょう。

日本のSuicaとかICOCAみたいなやつです。

f:id:kokeshiyamada:20170917094424j:plain

人のいる窓口に行き、「我要交通卡」と伝えるか、↑この写真を見せて買いたいそぶりを見せれば良いです。

最初にデポジットで25元かかります。

それにプラスして、いくらかチャージしておく必要があります。

私は最初に20元をチャージし、後日20元を再度チャージして、残高が余りました。

中国の地下鉄は激安ですので、20元でもそこそこの回数乗れます。

(いうても今回は、1区間の乗車賃を見てくるのを忘れました。ちなみにハルビンでは最短区間で2元でした)

このカードを買っておけば、路線バスに乗る時も便利です。 

 

 

重慶の物価の目安

航空券と宿を手配して、交通ICカードを手に入れたら、もう怖いものなし。

あとはご自由にどうぞ。

 

参考までに、私が食べたものや食べなかったものを貼っておきますね。

庶民派のお店にしか入っていませんので、高級志向の方にはまったく参考になりません。

 

1.お食事 

 

朝ごはん:牛肉小麺 15元

※なお、牛肉の入っていない重慶小麺は6元〜 あります。

重慶は麻辣の本場ですので、辛いのが苦手な人はオーダーする時に要注意。

私はお店の人に辛くするか聞かれたので、首を振りながら「辣(ブーラー)」と答えたら、全然辛くないのがでてきましたので、これで良いみたいです。

(中国語に自信がないので、日本にいる時より表情とジェスチャーを必ず盛ります)

なお、「あまり辛くしないで」の場合は、「不要辣」となります。

f:id:kokeshiyamada:20170917101204j:plain

 

この店では魚料理も食べられるのですが、生簀で泳いでいるのは目の前の長江で取れた淡水魚なのでした。

日本にいると魚=海の魚ですけど、中国内陸部だと必ずしもそうじゃないんですね。

これは……食べていません。

f:id:kokeshiyamada:20170917125207j:plain

 

朝ごはん:マックでお粥&ポテト餅 6元

f:id:kokeshiyamada:20170917101312j:plain

 

昼ごはん:トマト卵炒め(ご飯つき)10元

重慶郊外の荣昌のバスターミナル近くの食堂にて

f:id:kokeshiyamada:20170917102010j:plain

 

晩ごはん:水餃子12個(青梗菜&スープ付)12元

※この店は路上に出してあるテーブル&椅子で食べるので安い。

普通の食堂だともうすこし高いと思います。

f:id:kokeshiyamada:20170917101401j:plain

 

 

2.おやつ&カフェ

 

麻辣イカ〔勝手に命名〕3本:10元

f:id:kokeshiyamada:20170917101544j:plain

 

カットメロン 10元

f:id:kokeshiyamada:20170917101721j:plain

 

红豆芋圆仙草 10元

重慶郊外の荣昌のバスターミナル近くの甘味処にて

中華圏に行くとよくあるこの芋圆。

もっちもちのお団子状(むしろ求肥に近い)のものと、お豆やドライフルーツなどが入って、ほの甘い汁がかかっています。

あんみつを食べ慣れた日本人の嗜好に、どんぴしゃ合うと思います。

f:id:kokeshiyamada:20170917101745j:plain

 

果物3種:お値段忘れましたが日本より安いです。

スーパーや果物店で量り売りされているので、小腹が空いた時用に買っておくと便利。 

f:id:kokeshiyamada:20170917102251j:plain

 

小玉スイカ:1個3元〜6元

これね、駅から宿に向かう途中の階段で売ってて、毎回毎回「食べたい。でもこんなに食べきれない」と思って、結局買ってないんですけどね。

皮をグリグリっと剥いてある(たぶん買えば剥いてくれる)ので、包丁もスプーンも無しでかぶりつけば食べられるんですよね。

うーん、やっぱり買えばよかったよ。

f:id:kokeshiyamada:20170917103235j:plain

 こうして並べていくと、庶民的なお店で軽く1食やオヤツぐらいなら、10元前後あればイケますね。 

 

はい。ではトリを飾っていただくのはコチラ。

 繁華街のショッピングモール内のカフェでカプチーノ 32元

※中国語表記だと「卡布奇诺」(このお店のレシートより)

f:id:kokeshiyamada:20170917102546j:plain

ぎょーえーーー!

前々から、「中国ではおしゃれカフェでの1杯が高くつく」のは知っていましたが、今回、食事を整理していて改めてその値段に驚愕。

日本で言ったら、スタバに毛が生えたぐらいのお店ですよ。

そのお値段ゆえか、週末なのに客はほとんどいなかったのですが、お店の経営は成り立つのでしょうか? 

なお、お値段のモトを取るかのように、ダブルで充電してしまうわたくし。

お店側も心得たもんで、コンセントがむやみに充実しているのでした。

f:id:kokeshiyamada:20170917102912j:plain

 

以上、重慶の基本情報でした。

 

じゃあ、いったい重慶では何を見てまわればいいの?

っていう話は、また気が向いた時に書きますんで。

 

あ。わたくし的に重慶いちばんの見どころは、これでした。

www.kokeshiyamada.com

 

 なお、旅行中は「#重慶散歩2017」をつけてツイートしまくっておりますので、あわせてご覧くださいませ。