kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

喧騒度ゼロ。ひっそりした重慶の下浩老街を歩いてきた

重慶に行く前にリサーチして、ここには絶対に行く!と決めていた街。

それが下浩老街です。

訪れたのは、2017年9月頭の土曜日。

 

わたくし、中国か台湾に行くときは、できるだけ「老街」に行くことにしております。

そもそも老街とは何か?

実は私も定義は知らないのですが、読んで字のままだと思います。

古い建物・街並みが残っているエリアです、たぶん。

 

重慶の下浩老街のことを知ったのは、エイビーロードのこの記事

さらに、NHK「まいにち中国語」のテキストの口絵でも取り上げられていました。

 

〜寄り道〜

NHK「まいにち中国語」のテキストでは、「老街古道」という連載が続いており(※)、「これは私のための記事ですよね?ね?」と思いながら読んでおります。

中国の老街の記事は日本で貴重ですので大変助かります。

ぜひとも連載をまとめて単行本を出していただきたいです。

(※2017年10月現在)

 

〜本道へ〜 

さて、下浩老街へと参りましょう。

 

最寄駅は、重慶軌道6号線の「上新街」駅です。

駅を出て、重慶を代表する巨大な橋「東水門大橋」方向へ歩きます。

 

右側を見ながら歩くと、道路脇に「ここから下に行けそうだなあ」と思える道がありますので、降りていきましょう。

私が行ったときは、道の周辺に瓦礫が積み上がり、足元はガタガタで、「はて?ここは入っていい場所なのだろうか?」という様相でした。

 

不安を感じながら歩いていると、前方から一眼レフをぶら下げた若者が2人。

少なくとも、現地の人が街歩きをするエリアではあるようです。

 

さらに進むと数人の女子グループも目に入り、「一応、観光地ということになっているのだな」と安心しました。

f:id:kokeshiyamada:20171001181551j:plain

 

わたくし好みの古い建物たちが、静かにたたずんでおります。

あえて「静かに」と書きますのは、重慶の繁華街はうるさいほど賑やかだからであります。

その喧騒に慣れた状態でここにたどり着いたので、静けさが身にしみたのでした。 

f:id:kokeshiyamada:20171001181317j:plain

 

以降は、ひたすら古い建物たちを眺めまわしながら、そろそろと歩きます。

f:id:kokeshiyamada:20171001181604j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171001181621j:plain

 

あまりにも静かなので、人は住んでいないのかもしれないなあ。

と思っていると、ぽつぽつとお年寄りの姿が見えるのでした。

f:id:kokeshiyamada:20171001181702j:plain

f:id:kokeshiyamada:20171001181718j:plain

 

おそらく、下浩老街にあるほとんどの建物が廃墟だと思われます。

というのも、「拆(chāi)」という字をたびたび見かけました。

拆は「取り壊す」という意味なのです。

f:id:kokeshiyamada:20171001181732j:plain

 

私はいつも一人旅ですので、歩きながら大声を出すことはないのですけども、それは置いといても、ここでは声を出すのがはばかられるのでした。

声を出したとしても、まわりの静けさの中に吸い込まれてしまいそうです。

よく森を形容する表現として使われる「鬱蒼とした」という形容が似合います。

f:id:kokeshiyamada:20171001181932j:plain

 

ブラックジャックな 猫が見守るこの配管、まだ現役なのでしょうか。

f:id:kokeshiyamada:20171001182029j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20171001182048j:plain

 静かに静かに歩いてきた下浩老街散策も、そろそろ終わりです。

入ってきたのとは反対側の、出口っぽい階段を上って街の外へ出ます。

 

階段を上りきって振り返ると、この看板が私を問い詰めてきました。 

「取り壊し区域。安全に注意。入らないでください」

f:id:kokeshiyamada:20171001182101j:plain

 わーーーーーー! ごめんなさいごめんなさい。

誰に対してだかわかりませんが、とりあえず謝ります。

 

すでに散策を終えた後でこの看板に遭遇して良かった。

こっちから入場しなくて良かったです。

 

皆様も、絶対にこっちから入らないでくださいね。

もちろんあっち側からも入ってはダメですよ。