kokeshiyamadaのブログ(仮)

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

スバラーシカ! ウラジオストクの素敵な建物たちを見ておくれ

今回こそは!ウラジオストクの美的な部分をご覧いただきますよ。

 

この順番で! 

 

【目次】

 

 

1. 乗る用事がなくてもラジオストク駅は中も必見!

いまウラジオストク駅の説明文をなにか書こうとしてガイドブック広げたんですけどね。いやあ、ここってシベリア横断鉄道の始発駅だったんですね。

しかも! この駅舎はすでに100年以上の歴史があるんですって。

 

そんなこんなの由緒ある駅ですし、外観も内装もスバラシイので、ぜひぜひ見に行きましょうね。

f:id:kokeshiyamada:20180618160454j:plain

 

このウラジオストク駅は不思議な警備体制でして、なぜか列車が出入りするホームには、正面玄関(上の写真)を通らずに入れてしまうのですね。

f:id:kokeshiyamada:20180618160510j:plain

 

ホームには、古い機関車の模型?本物?が飾ってありまして、この付近は記念写真の撮影スポットとなっております。

f:id:kokeshiyamada:20180618160534j:plain

 私が行ったときは、中国からの団体客がこの汽車の向かい側で記念撮影中でした。

ここに限らず、中国の観光客が多いことを反映してロシア語+中国語表記がいたるところにあり、中国語学習中の私にはけっこうありがたかったです。

f:id:kokeshiyamada:20180618165505j:plain

 

さて。ホームで列車を見物したら、駅の正面玄関に戻りましょう。

しかし、すぐに建物内には入らないでください!!!!

入り口のアーチ型の装飾が見ごたえあるんですから。

f:id:kokeshiyamada:20180618160546j:plain

 

ほら。見上げると、おとぎ話の挿絵みたいなレリーフが飾ってあるんですよ。

f:id:kokeshiyamada:20180618160821j:plain

 

なお、正面玄関から駅舎に入るには、荷物検査があります。

「さっきノーチェックでホームに入れたのは良いの?」と疑問を感じずにはいられません。

 

それはそれとして、待合室の高い高い天井をご覧くださいませ。

f:id:kokeshiyamada:20180618160833j:plain

 

天井をなめるように見上げつつ徐々に壁面に目を落とすと、正面にニコライ二世の肖像がございます。

この方がウラジオストク駅の着工を宣言したらしいですね。(ガイドブックより)

f:id:kokeshiyamada:20180618160846j:plain

 

天井に描かれているのは、昔の駅の様子です。

じっくり眺めておりましたら首が痛くなりました。 

なんといっても、真っ白のレリーフが素敵でしょ素敵でしょ。

f:id:kokeshiyamada:20180618160900j:plain

わたくし生粋の観光客ですから、この待合室のあまりもの美しさにヤられて、興奮しながらひたすら写真をバッチんバッチん撮るわけです。

しかし現地の人はあくまで「駅に電車に乗りに来ただけ」なので、いたって冷静に椅子に座っていらっしゃるんですね。

観光客vs.現地のひとの温度差!これもまた、観光地の面白さだと思います。 

 

それにしても…日本や中国の駅で人の多さを見慣れている身からすると、この待合室の閑散ぶりは新鮮です。お客さん、数人しかいませんからね。

f:id:kokeshiyamada:20180618160927j:plain

 

駅舎内のカフェもまた内装がクラシカルで素敵ですから、ぜひに!

私はここで朝ごはんをいただきました。街中のスタローバヤほどメニューの幅はありませんが、いくつかのおかずが用意されていましたよ。

f:id:kokeshiyamada:20180618160957j:plain

 

駅舎の中は、許される限りずんずん歩き回りましょう。

あちこちに、こういうタイル装飾などがありますからね。

f:id:kokeshiyamada:20180618160941j:plain

 

天井や壁のみならず、床も必見です。

f:id:kokeshiyamada:20180618161017j:plain

 

尿意はなくても、階下にあるトイレに向かってみましょう。 

トイレに行く途中の壁のタイルとレリーフがこれまた素敵ですからね。

f:id:kokeshiyamada:20180618161033j:plain

 

と、こんな感じでウラジオストク駅の散策は終了でございます。

本当は、「ここからシベリア鉄道に乗る」というのが旅の王道的な楽しみ方なのでしょうけどね。それはまた次回に!

 

2. ウラジオ最古のホテル ヴェルサイユは食堂を狙え!

さて。古い建物といえば、こちらも見逃せませんの。オホホホ……

海辺にほど近い通りにあるホテル ヴェルサイユです。

f:id:kokeshiyamada:20180618161045j:plain

 

この風格でございますよ。

なかなかフレームに入りきれないから、道路を渡ってかなり引きで撮影しましたよ。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161059j:plain

 

私は宿泊したので、階段のステンドグラスもパチリ。

ステンドグラスは、割合あっさりした味付けでございますね。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161118j:plain

 

写真左:一方、ロビーにあるステンドグラスはコッテリ風味です。

シャンデリアも、かなりゴージャス。

このホテルのロビーから一枚のドアをくぐれば……

写真右:スタローヴァヤなのですよ。

ステンドグラスの表裏だということが、おわかりいただけましょうか?

f:id:kokeshiyamada:20180618161129j:plain

(↑ホテル側)           (↑スタローヴァヤ側)

 

このホテル ヴェルサイユに隣接したスタローヴァヤ。

ザ・高級!って感じの内装なのに、お値段はいたってリーズナブル。

私は200ルーブルぐらいで満足な量をいただけました。

夜10時まで開いております。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161145j:plain

 

3. 素敵な建物たちの一例&噴水通り

ここからは、街歩きをしながら「お!」っと思って撮った建物たちです。

f:id:kokeshiyamada:20180618161206j:plain

 

古い建物は、四つ角から引きで撮ると威厳が溢れ出てきますね。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161229j:plain

 

これは私の好みなのですけど、角っこにある建物の角をシュッとそぎ落としたような造りが好きです。

で、そのてっぺんに冠みたいなお飾りがあるじゃないですか!これがまた良い。

これらを表現する建築用語を知らないことをお許しください。

なんならご存知の方は教えてください。

f:id:kokeshiyamada:20180618161237j:plain

 

ウラジオストクは、街灯もこの通りクラシカルなデザインですから、縦位置で撮っても絵になるのですわ〜〜 

f:id:kokeshiyamada:20180618161246j:plain

 

ここからは、いわゆる観光スポットの噴水通りです。

噴水通りの両側にはレストランやカフェが立ち並んでおります。

f:id:kokeshiyamada:20180618161300j:plain

 

夕暮れの噴水通りにて。

家族連れやカップルがキャッキャウフフする中、逆光で雰囲気のある写真が撮れたので悦に入るわたくし。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161321j:plain

 

帰国後に写真を整理していたら、噴水で「山」の字ができていたので、神に祝福されたような愉悦に浸るわたくし。

f:id:kokeshiyamada:20180618161342j:plain

 

噴水通りには、ご覧の通りベンチがたっぷりございますので、歩き疲れて一服したいときにもおすすめです。もちろん、お金を払ってカフェに入っても良いのですよ。

 

4. ガラス細工、顔装飾、グラフィティなど 

ここからニッチな趣味の世界に突入いたします。 

 

グム百貨店最上階のレストランフロアにトイレを借りに行ったときのこと。

トイレ前の店舗のガラスが異様に可愛いじゃございませんか!

湧き上がる尿意をちょっとなだめて、撮って撮って撮った!

f:id:kokeshiyamada:20180618161356j:plain

これ、ステンドグラスじゃないんですよね。

透明なガラスの上に、ふっくらと立体感のある色ガラスを貼ってあるんですよ。 

端は鋭利な切り口ではなく、丘みたいにゆるやかな盛りなのです。

つまり、切ったガラスを貼っているのではない。

f:id:kokeshiyamada:20180618161406j:plain

このようなガラスの装飾を見たのが初めてで、何と呼ぶのかがわかりません。

しかし、自分がこれを大好きだということはわかりますので、撮ってきました。

愛でています。しつこいけど、寄りの写真も貼っちゃいます。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161423j:plain

 

こちらは、グム百貨店の裏通りあたりをウロウロしていて見つけた顔細工。

よくヨーロッパの建物には、見上げたところにいきなり立体的な顔があったりしますね。あれの一味かと思われます。 

 天使なの? 誰なの? なんなの?

f:id:kokeshiyamada:20180618161438j:plain

 

大通りにある古い建物の壁面で、グラフィティを見つけました。

この3枚の扉の向こうには、おそらく危険物が仕舞われていると思われます。

危険マークは残したままでの、めいっぱいの表現。好きです。

f:id:kokeshiyamada:20180618161454j:plain

 

上のグラフィティと同じ建物の別の壁面です。

MTCというのはロシアの通信会社。私も滞在中はここのSIMを使いました。

ってことは、ここはMTC関連の建物だったのかな?

f:id:kokeshiyamada:20180618161510j:plain

 

街を散策しておりましたら、通りの向こうに水兵さん(?)の集団が見えたので、慌てて!!!撮った!ウラジオストクは港街なので、船員さんかも?

f:id:kokeshiyamada:20180618161538j:plain

 

いつものように、ドアにも注目してきましたよ。

こちら、取っ手部分に草花が飾ってあって、例によって「魔除けの意味でもあるのかな?」と思ったのですが、この1軒しか草は見なかったので、なんとも言えません。

こうした飾りが、何らかの意味を持つのかどうかの判断は、複数の目撃情報が求められます。これからウラジオストクに行かれる皆様、調査をよろしくお願いします。 

f:id:kokeshiyamada:20180618161557j:plain

 

最後の最後は……

空港から市街地に向かうバスの窓から撮ったふたつの建物。

思えば、この2つがいちばん「いかにもロシア」を体現してました。  

玉ねぎ状の屋根って圧倒的なロシア感がありますよね。

f:id:kokeshiyamada:20180618161611j:plain

 

 

以上で、ウラジオストクの綺麗どころコレクションを終わります。

 

まだまだ、あったんですよ。いっっっぱい!  

皆様におかれましては、私が見逃し&撮り逃した建物も存分に愛でてきてくださいませ。

 

 

ウラジオストク旅行の基本情報はこちら ↓ をご覧くださいませ。

www.kokeshiyamada.com