こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

泊!食!休!洗!郵!クスコの便利メモ【2019 GW】

 2019年のロングなGWを利用してマチュピチュ目当てに飛んだペルーのクスコ。

マチュピチュを見学し終えたあと、クスコに4泊しました。

これを事前に知っておけば良かったなあ〜

と1ヶ月前の私に贈る!クスコの便利メモです。

これからクスコに行く方、ご参考にどうぞ〜

 

【目次】

 

 

[宿泊]アルマス広場の近くに泊まれば何かと便利

これはクスコに着いてから知ったのですが、観光の中心となるのは「アルマス広場」という場所。なので、その近くに宿を取ると便利です。

f:id:kokeshiyamada:20190517201917j:plain

私はクスコのホテルを予約しておかなかったので、広場の近くでホテル予約サイトを立ち上げて予約し、3分後にホテルに入りました。

選んだのは、アルマス広場に面した「ホテル インカ ワシ プラザ」です。

1泊50ドル弱で個室、朝食付き。スタッフの方もみんな感じ良いです。

何よりロケーションが抜群!

www.booking.com

もちろん、ここ以外にもいくらでもホテルはあります。

とにかくクスコビギナーの方はアルマス広場の近くにしておけば、散策するのに便利ですよ〜

もし道に迷っても、現地のひとにアルマス広場の方角を聞けば、教えてもらえます。

 

 

[食事]ひとり旅には厳しいけどバラエティ豊か

さすがマチュピチュ観光の拠点にして、世界遺産の街。

クスコのアルマス広場周辺には、これでもかこれでもかと大量の飲食店が連なっております。歩いていれば、必ず(必ずです)飲食店の客引きに声をかけられます。

なので、あとはどこに入るかだけ。

まあ、適当に入っちゃってください。

私が辛かったのは、ひとりなので、きちんと系のお店には入りにくかったこと。

とはいえ、いろいろ食べました(そらそうだ)。

以下、食べたものとお値段+αの情報です。

 

ピザ:20ソルぐらい(記憶あいまい)@観光エリアのピザ屋

「ピザってペルーの名物やったっけ?」というぐらい、やたらにピザの店があります。

f:id:kokeshiyamada:20190517194712j:plain

 

羊のアラのスープ:13ソル@地元の人がほとんどの食堂

2階のバルコニーで羊スープとお茶2.5ソルをいただきました。

このスープ!羊の旨味がぐいぐい押し寄せてくるんですよ。

アラなので可食部は少ないのですが、羊のエキスを飲み干す感じ。

汁の中には3種類のお芋がゴロンゴロン入ってて、これだけで満腹になりました。

f:id:kokeshiyamada:20190517194731j:plain

 

お肉の串焼き3種ミックス:39ソル(たぶん)@日本人経営のレストラン「Pucara」

メニューに日本語が併記してあるばかりか、日本語でNHK(たぶん)が流れていました。お客さんも日本人ばかり。

ホームシック気味になった方は、ここで日本語に浸ると良いと思います。

f:id:kokeshiyamada:20190517194828j:plain

 

インカ丼:お値段忘れました@日本食レストラン「金太郎」

アルマス広場のほど近くにある「金太郎」という日本食レストラン。

この店を見つけたときは歓喜

ペルー滞在の最後の2日間、通いました。

1日目はインカ丼、2日目は寿司とみそ汁。

久しぶりの醤油と米の味に「うめええええええ!!!」と感激しました。

寿司、丼もの、ラーメン、うどん、ほうれん草のおひたし、揚げ出し豆腐など、日本人が海外で食べたくなってしまうメニューがひと通り揃っていました。

f:id:kokeshiyamada:20190517195557j:plain


 

[カフェ]そこらへんにいくらでも 

コーヒーやお茶が飲めて、ケーキや焼き菓子が食べられるカフェが数多くあります。

ドリンク1杯が10ソル程度で、スイーツとセットで12〜15ソルぐらいです。

そして、必ずと言っていいほどwifiが飛んでます。

 

クスコで2回カプチーノを飲んだら、どちらも2層タイプでした。

日本でカプチーノといえば泡で絵を描くイメージがありますけど、クスコでは横から見せるタイプでした。

f:id:kokeshiyamada:20190517200222j:plain

 

上の写真のカフェでチョコクッキーを頼んだら、やたら大きくてびっくり。

しかも、チョコクッキーの生地がほぼチョコなのです。密度が高い…

ペルーで入ったカフェでいただいたスイーツは、総じて日本のものよりサイズ・密度ともに大きかったです。小食の人には重いと思います。

f:id:kokeshiyamada:20190517200317j:plain

 

 

[足休め]ベンチに座る or マッサージする 

アルマス広場以外にも、クスコにはいくつも広場があります。

そして広場があれば、必ずベンチがあります。

広場がなくても、ベンチがあります。

とにかく至るところにベンチがあるんです。

ちょっと散策しては座り、を繰り返すことができて、とても助かりました。

なにしろクスコの標高は3,400メートル。すぐに疲れてしまうので。

f:id:kokeshiyamada:20190517171642j:plain

 

ただ座るだけでなく、マッサージやネイルサロンで足を休める作戦もあります。

観光客が多いエリアでは、お姉さんが「マッサージ? ネイル?」と声をかけてきます。私は爪が割れていたので補修してもらおうと、その声に乗りました。

両手にマニキュアを塗ってもらい30ソルでした。f:id:kokeshiyamada:20190517171658j:plain

 

温めた石を使うインカマッサージなど各種マッサージがありましたが、私がこの店でいちばん気になったのは「SHIATSU=指圧」があること…! 

マッサージは50ソル〜だったので、そのぐらいのお値段ならチャレンジしてみれば良かったです。

 

 

[旅行会社]ツアーとアウトドア用品を現地調達

クスコ中心部には、このように観光地の写真を掲げた旅行会社がわんさかあります。

体感としては3軒に1軒は旅行会社では? という感じでした。

(実際は、旅行を主催しているのではなく、受付窓口なのかも)

マチュピチュはもちろん、レインボーマウンテン(50-60ソル)やアウトドア体験、チチカカ湖など。

日本で現地ツアーに申し込まなくても、現地でいくらでも参加できます。

ただ、あまりにも旅行の窓口が多すぎて「わあああああどこを選べば正解なんじゃあああ?」となりそうです。 

f:id:kokeshiyamada:20190517171951j:plain

またこうした店では、登山用品を扱っていたり、両替してくれたり、ちょっとしたお土産を売っていたり、洗濯サービスを扱っています。

ようは「旅行者に必要なもんなら何でもありまっせ」という感じなのです。

 

 

[洗濯サービス]その日のうちに仕上がり

上の写真の入り口の下方に「LANDRY」の文字が見えますね?

クスコでは、やたらと洗濯サービスの看板を見かけました。

(旅行者だけでなく、現地の人も洗濯を外注するのかもしれません)

いつもはホテルでシャワーを浴びつつ足踏み洗いしますが、せっかくなので使ってみました。

セーター1枚、靴下2-3足、カップ付きキャミ1枚、長袖Tシャツ1枚。だったかな?

お店の人は私の洗濯物を袋の外からチラっと見て、12ソルと言ってました。

重さで値段が決まる店もあるようです。

午前中に持っていき「12時にできる」と言われたものの、できてなくて夕方に再訪。

さすがに仕上がっていました。

とりあえず当日中には、出来上がるみたいです。 

ただし!

これは私が100%悪いのですが、カシミヤウールのセーターを出したら、思いっきり縮んでしまいました。

容赦なくガンガン洗われてしまったようです。

デリケートな衣類は注意しましょう。

 

 

[エアメール]ポストの箱を目印に探す

エアメールを出したい場合は、赤いフタの郵便箱とSTAMPSの文字を探しましょう。

この箱は、アルマス広場を中心としたエリアで何個か見ました。

この箱がある店で絵葉書や切手を買うこともできます。

f:id:kokeshiyamada:20190517172958j:plain

 

私の海外旅行のお約束、「エアメールが欲しい人をツイッターで募集する」をやって5名に出すことにしました。

 

日本まで1通6.5ソルで、こういうシール式のものでした。

普通の切手じゃなくてちょいと残念です。

f:id:kokeshiyamada:20190517201614j:plain

南米のペルーから日本まで、いったいいつ到着するのでしょうか?

届いたら、追記します。

 

こちら、ポストとポストカードはあったけど、切手は無かったお店。

(たまたま売り切れだったのかも)

f:id:kokeshiyamada:20190517213526j:plain

 

 

以上。

クスコの滞在前に知っておくと便利なこといろいろでした。

 

 

 ペルー旅行全般については、こちらをご覧ください。

www.kokeshiyamada.com