いつかどこかで野垂れ死に by こけし山田

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

重慶で見かけたド派手な電動遊具をただ貼っていく回

「トルコで見かけた自由なお犬たちをただ貼っていく回」に続く手抜きパート2。

 

2019年5月に訪れた、中国内陸部の大都市 重慶

とある商業施設1階に置いてあった子供向け電動遊具に心惹かれ、撮りまくってきました。

版権とかお構いなし!

デザイン&色づかいは自由!

生物としてあるべき姿も大胆に無視!

いろいろと凄まじいので、とりあえずご覧くださいませ。

 

【目次というほどでもないざっくりした分類】

 

 

1.  既存の動物タイプ

とりあえず動物であることを認識できたので、グループにしてみた仲間たちです。

 

鹿かと思いきや、ツノと翼があるのでユニコーンですね(そうなのか?)。

f:id:kokeshiyamada:20190719201952j:plain

 

孔雀、もしくは鳳凰ですね。

f:id:kokeshiyamada:20190719202006j:plain

 

唯一、普通に可愛くてホッとします。

f:id:kokeshiyamada:20190719202054j:plain

 

そこにそれを配置するんだ! というアメイジングな造形

f:id:kokeshiyamada:20190719202110j:plain

 

画面の配置が斬新なカエルと、目が怖いトナカイ。

f:id:kokeshiyamada:20190719202123j:plain

 

2. 既存のキャラクターたち

誰が見ても「ああ、あれだな」とわかる例の機関車。

本物より顔色が人間に近いことで、逆に顔色が悪そうに見えてしまいます。

f:id:kokeshiyamada:20190719202136j:plain

 

中国で大人気の子供向けアニメ「熊出没」の熊兄弟。

f:id:kokeshiyamada:20190719202147j:plain

 

中国のアニメ「喜羊羊与灰太狼」の主人公の羊。

でも、知らん人が見たら単に虎に喰われかけの羊にしか見えないという…

f:id:kokeshiyamada:20190719202215j:plain

 

3. 人物および擬人化したもの

よくわからないので、ざっくり「人物」カテゴリーにしたモノたち。

 

船でありながら潜望鏡が付いているハイブリッドタイプ。

海上も海中も走れる夢の海賊船です(知らんけど)。

後部座席のペンギンがチャームポイント。

f:id:kokeshiyamada:20190719202234j:plain

 

手持ちの武器からしてキャラクターっぽいので、なんらかのアニメのキャラなのかもしれません。 

f:id:kokeshiyamada:20190719202250j:plain

 

これがめちゃめちゃ怖くて…ただ怖いだけでぜんぜん可愛くなくて…

暗闇でこれが向こう側にいたら速攻逃げます。 

f:id:kokeshiyamada:20190719202304j:plain

 

中国で見覚えあるような気がするんだけど思い出せない、何かです。

列車かバスの擬人化だと思われます。

f:id:kokeshiyamada:20190719202338j:plain

 

 

4. 王者の風格 キティさん

そしてトリは、例のあの方です。

世界中、あらゆる場所で出稼ぎしている働き者のキティさん。

無賃金(=無許可)の場合も多く、これもどうやら無賃バージョンのようです。

 

後ろの蝶(なのか?)があたかも仏像の光背のよう。

王様が座る玉座のようでもあり、ここに座れば一気に尊い立場になれます。

f:id:kokeshiyamada:20190719202353j:plain

気になるのは、この椅子をどう動かすのか?ということです。

またがるタイプの電動遊具なら動きは想像できますが、この椅子でどんなアクションが生まれるのか? 知りたいので、ご存知の方は教えて下さい。

 

 

5. 場所:重慶軌道「楊家坪」駅に近い商業施設

これらド派手な電動遊具が見られる場所は、重慶軌道「楊家坪」駅の近く。 

エッシャーの絵画のような内装で有名なオシャレ書店「閣書鐘」が入っている「中迪広場」の向かい側にある、そうじゃない地味な商業施設の中にあります。

f:id:kokeshiyamada:20190719202410j:plain

 

 

【まとめ】

子供向けの電動遊具じたいは日本にもあって、別に珍しくもないのですけど。

中国にあるそれは、外見がド派手すぎて大人の私もついつい反応してしまうのでした。

子供が喜ぶ要素ぜんぶ乗せ。

引き算の美学とかどうでもいい圧倒的な足し算。

見れば見るほど楽しくなってきます。

皆様も中国に行かれた折には、そのへんにある電動遊具をウォッチしてみてくださいませ。