いつかどこかで野垂れ死に by こけし山田

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

トルコで見かけた自由なお犬たちをただ貼っていく回

先日行ってきたトルコ旅行でのこと。

訪れたイスタンブールサフランボルで、首輪もリードも付いていない自由なワンコたちをしばしば見かけました。

だいたい寝てる……んですよね。

うらやま… 見ているだけで和みます。 

ついつい撮ってしまった写真を貼っていきます。

ただ、それだけの回です。

 

 

イスタンブールのお店の前で 

f:id:kokeshiyamada:20190707174643j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20190707174701j:plain

 

 

イスタンブールの公園で

f:id:kokeshiyamada:20190707174742j:plain

耳にタグが付いているので、なんらかの管理はされているようです。

f:id:kokeshiyamada:20190707175028j:plain

f:id:kokeshiyamada:20190707174806j:plain

↑ 珍しいアクティブタイプ。なにしろほとんどの犬は寝ています。

 

イスタンブールのホテルの前で。

f:id:kokeshiyamada:20190707181554j:plain

壁は荒れていても、わんこは殺伐度ゼロです。

 


 

世界遺産の街 サフランボル

f:id:kokeshiyamada:20190707174910j:plain

人が行き来する道でもお構いなしです。

f:id:kokeshiyamada:20190709203818j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20190707174929j:plain

丘の上にあるホテルの入り口で。

観光客に愛想を振りまくでもなく、ただ寝ています。

f:id:kokeshiyamada:20190707174948j:plain

 

 

いったいぜんたい彼らは飼われているのか? 野良犬なのか?

という疑問がわいたのですが、耳にタグがあることと街のあちこちに餌が置いてあることから、「地域で世話されているっぽいな」という感触を得ました。

f:id:kokeshiyamada:20190707175455j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20190707175552j:plain

 

f:id:kokeshiyamada:20190707175604j:plain

このうちのどれかは猫の餌かもしれません。

なにしろ、自由な猫もいっぱいいたのです。

 

 

 

わたしはそこまで犬に思い入れはないのですけれど、つながれていないワンコをみるのは無性に好きです。

寝てていいなあ、自由でいいなあ、とかそんな気持ちだと思います。

生きることに必死な野良犬だと殺伐としていたりするのですが、トルコの犬はあくまでのんびりしてて、ベーシックインカム的な餌を得ることができているせいかな〜

などと考えたのでした。