こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

【海外旅行】足りない会話力を補うあの手この手のコミュニケーション術

もしかして、あなたは「英語ができないから海外旅行は無理ぽ」 

「現地の言葉がわからないから個人旅行は怖い」 

とか思っていませんか?

 

先に断言しとく。

決してそんなことは無いっ!!!!  

 

今回は、乏しい語学力のままあちこちに飛んじゃっている私が、経験の中で培った、あの手この手のコミュニケーション術をお伝えします。

 

これを読んで実行すれば、もう海外でのコミュニケーションが怖くないっ!

っていうかむしろ楽しい!

日本語が通じない場所で、こっちの言いたいことをいかに伝えるか。

それを工夫すること自体が楽しいんですよね〜〜

 

では、具体的な5つの方法、はいどうぞ。

 

【目次】

 

会話不要のシーンも意外と多い。人真似で乗り切ろう

日本のコンビニで買い物するときや電車に乗るときを想像してみてください。

そもそもお店の人や駅の人と会話してますかね?

そんなにしてませんよね。

大勢の人が行き交う場所、なおかつ全員が決まった動作を行うシーンでは、そもそも会話が不要なことが多いです。

だいたい下の2つでこと足りてしまいます。

 

[ほかのひとの真似をする]

例えば、空港や駅。前の人がパスポートを見せているシーンでは自分もそうする。

例えば、飲食店。ほかの人がオーダーしている様子を見て、「前払いか後払いか」「注文の方法」などを観察して真似すればいいのです。

美術館や観光施設への入場においても、ひと真似作戦で乗り切れます。

 

[ビジュアルや数字を見て判断する]

空港や駅、観光施設ではピクト(簡易なイラストによる表現。トイレのマークでおなじみ)や矢印、数字を見れば意味がわかるので、人に尋ねる手間が省けますよね。 

(ピクトの例:空港)

 

ようするに「外国人がよく来る場所」では、基本的に会話せずに済む仕組みになっていることが多いので、ひとまず安心しましょう。  

 

ツカミの印象を良くする笑顔&現地語での挨拶  

会話不要のシーンでもとにかく守っておきたいのが、この鉄則。

「私には敵意がありません。観光にやってきた善人です」

ということを、笑顔と挨拶で全力でアピールすること。

 

モデルみたいなキラッキラの笑顔(そもそも不自然で怪しい)は無理にしても、日本にいるときよりオーバーめを意識すると良いかもしれません。

そこに、現地語での挨拶をプラスします。

英語圏ならHello、 スペイン語圏ならHola、中華圏なら你好。

現地語の「こんにちは」と「ありがとう」だけは、とりあえず必須!

私は、シーンによっては手を振ってみたり、ジェスチャーを足したりします。

 

[別れ際も感じよく]

お店の人やタクシーの運転手さんに、別れ際に手を振って「お礼の言葉&バイバイ」というと、笑顔を返してくれたり、「気をつけて」「良い旅を」みたいな言葉をかけてくれたりします。

運転中は特に愛想がよくなかったタクシーのおいちゃんからも、バイバイのあとに満面の笑顔をいただけることもあり、これはマジで嬉しいっ!!!!

 

話せなければ、書けば(描けば)いいじゃない

特に漢字の使える中華圏で有効なのが、飲食店で食べたいメニューや行きたい場所を漢字で書くこと。下手に発音するより間違いなくスムーズに通じます。

文字は、大きく、読みやすく。

タクシーに乗るとき、小さ〜な文字を見せたら運転手さんが困ります。

 

 絵が得意な人は、イラストで表現するのも良いですね。

そのためにも、小さなメモ帳 or 大きめのふせん用紙とペンを、出しやすいところに準備しておきましょう。

 

[宿の人に代わりに書いてもらう]

これはモロッコでの体験です。ホテルや美術館などでは英語が通じますが、一般の人はアラビア語かフランス語ユーザーです。

なので、行きたい場所の住所を、宿のひとにアラビア語で書いてもらったことがあります。それを現地のひとに見せるのです。

  

ジェスチャーとオーバーな表情は身を助ける

ジェスチャーは世界の言葉!

・ご飯が食べたいときは、スプーンや箸で食べているジェスチャーをする。

・寝たいとき、昼寝したいときは、合わせた手を頬の横に置いて首を倒し目をつぶる。

・お腹いっぱいのときは、手を使ってお腹がふくらんでる様子を表現。

・トイレに行きたいときは、手を洗う真似をする。

※1回だけ手洗い場に案内されたことがありますが、首を振りながら哀しい顔をしながら「そうじゃなくて…尿意の方です」を伝えました。伝わりました。

・「歩いていきます」と伝えるには、人差し指と中指を下に向けてトコトコ歩いている様子を表現。

 ふだんジスチャーを使う機会がない方は、事前に練習しとくといいかも。

 

さらには、オーバーぎみの表情も使いこなしましょう。

・食べきれないご飯を残してしまったとき=お腹いっぱいジェスチャー+「ごめんなさい」的な困った顔

・美味しかったことを伝えたいとき=親指をあげてGood!のポーズ+満面の笑顔

など、合わせワザでいろいろ工夫します。

とにかく、言葉で伝えきれない気持ちを、体と顔芸で表現するのです。

 

そういうことを頻繁にやっているせいか、どうも私は日本でもジェスチャーが多い気がします。

 

 

スマホの翻訳に頼るのは、上の4つを試した後でよし

スマホの翻訳機能は、そりゃ便利です。 

しかしながら、スマホを取り出して操作する余裕がない場面が多々あります。

それに、高価なスマホを人前で出して画面を見せる行為は、落としたり盗られたりする危険があります。

なので、私が意外とスマホは使いません。

 

あえて使うのは、こういうシーンです。

・飲食店の看板に載っている料理を発音できない:食べたい料理の画像かメニュー名を撮って見せる

f:id:kokeshiyamada:20181230201959j:plain

ウラジオストクの飲食店にて。看板の中から食べたいものを撮影してお店のひとに見せました

・宿の部屋でトラブルが起きた場合:その様子を撮影してスタッフに見せる

 

[トラブルを動画で伝えた例]

英語が通じない中国のビジネスホテルにて。

部屋のドアを閉めたあとにビービービーと警告音が鳴り響いて止まらなかったので、その様子をスマホで録画し、フロントのスタッフに見せました。

スタッフさんは、思いっきりドアを引くジェスチャーをしながら「拉(la)!」と言い、私も頷いてドアを引くジェスチャーをしながら「拉!」。

「わかったよ。思いっきり拉するんだね?」と全身で伝えました。

これでお互いに伝わりました。

拉は、中国語で「引く」という意味です。

それを知らなくてもスタッフさんのジェスチャーで理解できますよね。

 

 

 

以上が、私が旅先で駆使している会話以外のコミュニケーション術でございます。

 

これを参考に、皆さまも独自の方法を編み出してくだされば嬉しいです。

それを教えてくださるともっと嬉しいです。