こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

#メキシコ散歩2018 秋 【その3】オアハカ→帰途

メキシコ旅行の記録その3にして最終回でございます。

 

f:id:kokeshiyamada:20181118103759j:plain 

 

グアナファトから飛行機で一旦メキシコシティに戻り、オアハカへ。

そもそもメキシコに行くことにしたのも、オアハカで「死者の日」を見てみたいと思ったからなのでした。いわば、旅のハイライト!

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光資源がめっちゃ多いのに、メキシコシティ、グアナファト、オアハカで驚くほど英語表記が少ない。あえてそうしているのか。英語表記しなくても、来る人は来るからまあいいや、的な感じ? 単に手が回らないだけ?治安が悪いイメージが払拭されたら、メキシコの観光客めちゃ増えるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真を見ていて思い出した!メキシコ来てから、子どもを肩車してるお父さんをめっちゃ見ます。体感的に日本より多い気がします。

だいたいパターンとしては、こうです ↓

小さい子が広場など人の多いところで駆け回る → それを見たお父さんが「こらこら、こっちにおいで」みたいな感じで、肩車をする。

結局この方法が、もっとも安全度が高く、なおかつ子供は景色がよく見えてグズらないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ私が怖い目に合ってないのは、たまたまラッキーだったのだと思います。

警官の装備や民家・ホテルの防犯ぶりを見ると、やはり日本に比べると相当治安は良くないんだろうと感じました。

メキシコシティ3日目の朝に遭遇した、地面に寝ているように見えた男性、額から血が出ていて、動いていなかったのです。近くにはポリスがいました。

おそらく遺体だったと思います。

でも、誰も騒いでないし、私も見た直後は「あああああああ…どうしようどうしようやっぱり死んでるのかな」とビビビビったんですけど……

しばらくしたら「でも死んだのは私じゃないし、知り合いでもないしな」と割とサクッと気をとりなおして冷静に旅行を続けたのでした。

 

 

 

このあと、実際に池袋のほんのり屋でカリカリ梅とじゃこのおにぎりを食べました。

海外に行って帰国すると猛烈にダシ汁が飲みたくなるのですが、メキシコ旅行においては白米への欲求が盛り上がった次第です。 

 

 

以上で、メキシコ旅行のご報告(=ツイートぺたぺた作戦)を終わります。

 

ざっくりまとめると

 

・行く前には治安面でめちゃめちゃ不安だったけど、ぜんぜん大丈夫だった。

そのギャップが今までで一番大きかったのがメキシコ。

 

・外食した場合の食事のボリュームが、私にはキツい。

次回は市場でトマトを買って、それに塩を振って食べたいぐらいだ。

あるいはツイッターでたくさん食べられる人を募って一緒に食べに行きたい。

 

・1回行ってみると勝手がわかるので、また行く気になってくる。

次は、タイルの街プエブラ&銀の鉱山で栄えた街サカテカスに行きたいなあ。