こけし山田の スキあらば海外

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

TシャツトリニティでオリジナルTシャツ作って売ってみた〜2018夏〜

や。こんばんは。

今日は珍しく旅行の記録ではなく、Tシャツ作成&販売の記録です。

 

在庫を持たずして自分が考えたデザインのTシャツを販売できるサービスがあるってんで、ちょっくらやってみたんですよ。

「在庫を持たず」…これかなりの重要ポイント!!!

前に、こけしマッチ制作所でTシャツを作成して、なかなか売りさばけず困った経験があるので、在庫を抱えるのだけは勘弁。

 

というわけで、デザインをアップロードしておけば、Tシャツの印刷と発送はやってくれる、「Tシャツトリニティ」を使ってみることに。

https://www.ttrinity.jp

 

「自力ではデザインできないけど、Tシャツを作ってみたい!」という私みたいな方のために5つのステップを置いておきますね。 

 

【目次】 

 

1.どんなデザインにするか考える

これはもう、お好きなように考えなすったらええと思います。

私はもともと中国を旅行するのが好き&中国語を勉強していることもあり、「旅先で便利な中国語入りTシャツを作ろう」ってことにしました。

以前ネットで見た「不要太辣」「不要香菜」(※)と書かれたものを、もっと可愛げのあるデザインに出来ないか? と考えたのがスタート地点です。

※「あまり辛くしないで」「香菜はいりません」という意味。

 

香菜の場合は、最初はこういう案を描いてみたんですが。

香菜を好む現地の方に失礼だし、そもそも禁止するのも変な話だな、と。

 

f:id:kokeshiyamada:20180805000825p:plain

 

それに、お店のひとにお願いするのだから、相応の丁寧さが欲しいな。

 ってことで、パンダのイラストを使ってお願いすることにしました。

お礼も先回りしてパンダに言わせます。(案のイラストは下に)

まあ、実際に現地に行けば、これぐらいの発音はできるので、半分はネタですね。

中国のひとからのツッコミを期待するという気持ちもあります。

 

2. デザインを作成する(もしくは外注する) 

自力でイラストを描いたりデザイン処理ができる方は、もちろん自力で。

しかし私の場合、①イラスト描けない②デザインできない③アップロード用のデータが作れないの三重苦ですので、友人に頼みました。

すなわち外注ですね。(もちろんギャラは払っております)

 

【デザインするひとに指示する 】

たとえ下手でも、どんな風な絵にしてほしいか、ニュアンスを伝えるように頑張る。

Tシャツに印刷することを考えて、デザインを考える&指示するときはTシャツ枠の中に自分で描いてみることにしました。

 

f:id:kokeshiyamada:20180804233139p:plain

 

【できたラフに訂正をお願いする 】

上の私のデザイン指示をもとに、ざくっとしたイラスト&デザインを作ってもらいました。

やっぱり、絵心があるひとに描いてもらうと全然違うよね(当たり前)。

 

f:id:kokeshiyamada:20180804233609p:plain

お店のひとに恐縮しながらお願いする感じにしたかったので、冒頭に「請」の字を入れるよう修正指示を書きました。

こういう文字部分は、あとで修正せずに最初からちゃんと決めとくのが、もちろん良いに決まっています!

が、しかし。途中まで作ってみてから初めて気づくことって色々あるのよね……。

 

 

上記の修正を反映してもらった本番のデザインが、こちらです。 ↓

フォントがないため手書きにしてもらった簡体字が意外とネックになりました。

うん。日本の漢字と微妙に違うから、書きにくいよね。

f:id:kokeshiyamada:20180804233237p:plain

 

【出来上がったデザインを指定通りにデータ化 】

さらに修正してもらって、無事にデザインができました!

なお、ここまでの段階ではTシャツに載せた時にどうなるかイメージしたいので、仮にTシャツの中にデザインを配置しています。

実際にアップロードするのは、文字とイラストが入っている部分を切り取った四角いデータです。↓  ↓ ↓

f:id:kokeshiyamada:20180804234635p:plain

このデザインの場合、パンダの顔とボディの内側、吹き出しの中は白いインクで表現されるようにしたかったので、そういうデータにしています。

データのサイズや形式もTシャツトリニティの規定通りに作ります。

(詳しくはわからないので、ググってください)

 

 

3. せめてアップロードだけは自力でやる

絵ゴコロ、デザインごころがないひとも、データのアップロードなどは自力でできるはず。私は最初そこそこ手間取りましたが、1回やってしまうと「なーんだ」と拍子抜けするぐらい簡単。「ネット関係の設定や申し込み、あるある」ですね。

 

注意!

データのアップロード後、すぐにTシャツを売ることができると思っていましたが、さにあらず。アップロードした後に、運営側から「承認」が届くのを待ちます。

 

この「承認待ち」というステップを知らなかったので、「あれ?すぐに商品として公開できないな、あれ?」みたいに戸惑ってしまいました。

 

4. 承認を待って、値段などを決めて公開

データをアップロードした後、1時間ぐらいで承認が届いたような記憶があります。

(あくまで私の場合)

LINEでクリエイタースタンプが始まったときの気の遠くなる承認待ち(数ヶ月単位)に比べると、電光石火といってもさしつかえない速さです。

 

画像は、届いたメールの一部分です。

 

f:id:kokeshiyamada:20180805000216p:plain

 

値段を決める画面は、こんな感じ。

(写真:あとで貼る)

 

原価に、自分が欲しい利益(自分の取り分)を乗せて販売価格を決定します。

私は、1枚当たり400-500円の利益が発生するようにして、10円の単位を「80」にするという巷でよくある手法にしました。

あの値段設定にはやっぱり意味があって、例えば「3,000円」より「2,980円」の方がめちゃ安く感じるらしいのね。実際は20円差なんだけどね。

 

5. ツイッターに載せて拡散を狙う

アップロード→ 値段と色の設定が終わったら、SNSでの告知です。

黙っていたら誰も買ってくれませんから、ツイッターなどで告知するしかありません。

私は普段から中国ネタをつぶやくことが比較的多いので、フォロワーもそれ系の方が多いのです。なので、そこそこ拡散しました。

(でも、RTやいいねの数ほど商品が売れると思ったら大間違いなんだぜ)

 

 

 

 

というわけで、長々と書いてきたわけですけどね。

3000字近く費やして、要するに何が言いたいかというとね。

 

お願い!買って!Tシャツ買って! 

ここで売ってますからね。

www.ttrinity.jp

 

2018年8月4日現在、売れた枚数は4枚……。4枚です。

いいの。在庫を抱えなくていいんだから、気長に売っていけばいいの。

 

 

2018年8月4日朝に追記

このブログをアップし、ツイッターにリンクを貼ったあと、中国語の間違いを教えていただきました!

「請不要香菜」ではなく、「請不要放香菜」 or 「不要香菜」が正しいそうです。

むやみに請を付けたばっかりに……

これから文字を修正するので、香菜バージョンは一旦お店から削除しました。

在庫を抱えなくてマジ良かったし、ツイッターで指摘してもらえて良かった…

良かった×2です。