いつかどこかで野垂れ死に by こけし山田

都内でフリーで働くおばちゃんのアジア旅の記録などなど 

中国

大連賓館(旧ヤマトホテル)で珈琲を頼むとひまわりの種が付いてきたin 2019秋

こんばんは。 古い建物大好きマンのこけし山田です。 今回は、ワケわからんタイトルでお届けします。 (いや、内容的にはタイトル通りなのですが、SEO的にどうなのよコレ?) 10月下旬に行った大連でひときわ思い出に残っております大連賓館(旧ヤマトホテル…

氷祭り、中華バロック建築、ロシア国境の街…ハルビンはイイぞ 

先日の重慶まとめに続き、今日はハルビンのまとめ! というのも、わたくしハルビンにも2回訪れておりまして。 なおかつ、暖かいシーズンにまた行こうと思っておりまして。 とにかく、ハルビンはイイぞ! と皆さんにオススメしたいので、基本情報から見どころ…

むやみに画数の多い漢字でお馴染み「びゃんびゃん麺」を食べに西安へ飛ぼう

中国、陜西省西安の名物としておなじみの「びゃんびゃん麺」。 一部の方々には、やたらと画数の多い漢字として下記の文字がお馴染みですね。 今回は、この漢字表記でおなじみのびゃんびゃん麺 in 西安への誘いです。 【目次】 1. そもそも「びゃんびゃん麺」…

【西安の個人旅行】兵馬俑を観る以外の西安あるき術

大家好〜! みなさまこんにちは。 今さらですけど…3年前の2016年に行った陜西省・西安(きょうせいしょう・しーあん)の記事を一箇所にをまとめておきますね。 もちろん兵馬俑を始めとする観光資源は必見ですが、西安の面白さはそれだけじゃないんだ! って…

【2019重慶の旅】重慶の坂っぷりを足腰で実感…「山城歩道」

2019年5月に行ってきた重慶の旅。 近年は「魔幻都市」「8D都市」などとも呼ばれ、地域内の激しい高低差を楽しむのが中国の観光客で人気のようです。 なんか2年前に重慶に行ったときより、観光地としてめちゃ盛り上がってる! この変化の速さもまた中国旅行の…

【2019重慶の旅】ロープウェイで高層ビルの横顔を眺める

2019年5月に行ってきた重慶3泊の旅。 最近、重慶は「8D都市」「魔幻都市」などと呼ばれていて、地形の高低差が観光客に大人気らしいのです。 japan.zdnet.com なんだって〜〜!? あんた、いつのまにそんなメジャーな観光地になったん? というわけで、重慶…

2回目以降の上海、何を見る?どこへ行く?→ ワイの答え

タイトルで大きくでました、こけし山田です。 先輩ヅラしてごめんね。 でも自分は上海に3回行ったので、少なくとも経験1−2回の方には少しお役に立てるかな〜 と思ったので、お伝えします。 (といっても、ほとんど過去記事を貼り付けただけですけど) 目次か…

【上海黄山散歩その5】喧騒の宏村から逃避!静かな村「屏山(ビンシャン)」へ

前回のマニアックさに輪をかけて、さらにニッチワールドへと進みます。 今回の行き先は安徽省の「屏山村」。 対象読者は下記の方々です。 世界遺産の宏村に行ったけど人の多さに困惑してる方 まだあまり観光地化されていない中国の村に行きたい方 世界の果て…

【上海黄山散歩その4】上海から世界遺産の桃源郷「宏村」への行き方&注意点

2019年4月中旬に行った上海&黄山の旅。 そもそもは、世界遺産の「宏村に行ってみたい」と思ったのがキッカケでした。 上海まで飛行機で飛べば、高鉄とバスを使って半日で着きますので、上海旅行のオプションとしてもオススメです。 宏村に個人で行きたい方…

【上海黄山散歩その3】古い建物ひしめく老西門の路地を歩く

毎度のことながら、先日の上海旅行でも、行きたい場所の情報収取にはツイッターを活用しました。 検索窓に「上海」と入れてツイート検索していたところ、モロに私好みの町のお写真が流れてきました。 地名は「老西門」。 その界隈に昔ながらの建物がびっしり…

広州の観光って、食以外に何があるの?→騎楼建築,小洲村,リトルアフリカ〜開平,深セン

2019年4月18日(木)の夜、突如として始まった「広州便10,080円まつり(仮称)」。 いつも航空券の情報を発信してくれているSmartTravelJournal(ノホリミフデ)氏のツイートを起点に、あれよあれよという間にこの激安チケットの件がTwitter上を駆け巡りまし…

【上海黄山散歩その2】お屋敷街の歴史的アパートメントで民泊する@Airbnb

上海で2泊したお部屋がサイコーだったので見てください! すでにツイッターで見たひとも、もう一回見てください! 上海で民泊してみたい方のご参考にどうぞ(急に冷静)。 Airbnbで割引になるリンクも貼っておきますね。 【目次】 1. 築90年のアパートメント…

【上海黄山散歩その1】浦東空港発のリニア、時速430kmの便に乗るには?

2019年4月半ばに行ってきた上海&黄山の旅。 その体験の中から皆さまに役立ちそうなネタを少しずつ書いていきます。 (全8-9回予定) まずは、上海の玄関口「浦東空港」から市街地に向かう上海磁浮ことマグレブことリニアモーターカーです。以下、マグレブと…

ハルビンへの個人旅行 サクッとガイド(空港から市街地,交通,物価)

引くほど大規模な氷祭りに、崩壊寸前の中華バロック建築に、ロシアみあふれる近代建築群…… と、なにげに見どころあるあるな黒竜江省のハルビン! 漢字で書くと哈爾濱! 老道外の中華バロック建築 東京からだとLCCの春秋航空が就航しており、セール時を狙えば…

極寒のハルビン散歩(4):老道外 中華バロック街の廃墟探訪&蚤の市

さてさて。極寒のハルビン散歩も4回めになりました。 今回は、私が大好きなハルビンの洋風近代建築の朽ち果てた姿を見ていただきましょう。 場所は、「老道外」と呼ばれるあたり。 2017年のハルビン旅行の際に気に入ったので、再訪した次第です。 2年の歳月…

【2019冬】ハルビンからロシア国境の街「綏芬河」に日帰りしてみた

2019年1月14日、ハルビンからロシア国境の街「綏芬河(Suífēnhė)」に日帰りしてきました。 ハルビン(哈爾濱)駅から綏芬河までは、以前は9時間半かかったようですが、最近開通した高速鉄道(動車)のおかげで片道2時間半に短縮! おかげで、ハルビンから余…

極寒のハルビン散歩(2)寒さに負けずカワイイを探す:配電盤の巻

2019年1月のハルビン旅行中、いつものように狂ったようにツイートしていたのですが、その中でいちばん引きが強かったのがこちらです。 ハルビンでは、配電盤を可愛く彩らなければならないという条例でもあるのか。かわいい…#ハルビン散歩2019 pic.twitter.co…

極寒のハルビン散歩(1)どんだけ寒い?防寒具はどうする?スマホは使える?

ハルビン氷祭り目当てで行ってきた、2019年1月のハルビン旅行。 行く前に心配だったのは、「どんだけ寒いの?」「防寒具はどうすれば?」「スマホを使って大丈夫なの?」ということです。 その答えを自分の経験をもとに書いておきます。 【目次】 極寒ってい…

【体験談】個人で行けるもん!2019年 ハルビン氷祭りガイド

大家好!(みなさんこんにちは) 2019年1月半ば、中国・黒竜江省ハルビンの氷祭りに行ってきました! なんでも世界3大氷祭りのひとつとか… 実際に現地に行ってみて納得。これは確かにヤバい規模だ… !!! そのときの動画をご覧くださいませ。 氷祭りの規模…

天津の名物は天津飯じゃないよ。麻花(マーホア)なんだよ

(突然の投げかけ)中国の天津で食べるべき名物とは…? そうですね、賢明なる皆様はすでにご存知の通り、天津飯ではありません。 これがまあ、なんと麻花(マーホア)なんです。 私ぜんぜん知らなくて、行ってから気づいたんですけどね。 天津があまりにも麻…

アレも旨いコレも旨い 中国の10元メニュー×10連発

本日は、軽〜く行ってみましゅ。(といいつつ、書いていたら長くなった) 今まで中国旅行で食べてきた、普通のご飯やオヤツを10元しばりでご紹介しますね。 あれもこれも、ぜーんぶ10元! 2018年10月現在は1元=16円なので、およそ160円と思ってご覧ください…

貴州散歩2018(貴陽&西江)実況ツイートまとめ

やあやあやあ。こんばんは。 9月半ばに、中国南側の貴州に行ってきた話を、とり急ぎツイートぺたぺた作戦でまとめときます。 ちゃんとしたブログ記事には、あとでするかもしないかもです。 貴州行きの荷造り中。こいつを現地で着てみるお。↓今回のハッシュタ…

2020年東京オリンピックからの避難計画→雲南に逃げるんだ!

ツイッター上に日々流れてくる東京オリンピックのグダグダぶりを見るにつけ、 「期間中は東京を離れておこう」 「いやいや、いっそ日本から遠く離れたところでグラスをくるくる回しながら(イメージ)東京の様子を遠隔ウォッチしよう」 という気持ちが高まっ…

中国への観光旅行って、実際どうなの?問題への答え

先日とあるツイートを見て、それをRTした上での私のツイートがこれ。 RT そんなに中国って、旅先としては除外されているのか… 漢字のわかる日本人なら旅行しやすいし、治安も悪くないし、食事もおおむね口に合うし、面白い見どころ色々あるし…。(ほら、おす…

【2018年】新疆ウイグル自治区 トルファン&ウルムチ,そして天津の旅 

2018年3月の週末に行ってきたウルムチ・トルファン・天津の旅。 事前の準備〜現地での様子まで、ツイートを貼りながら時系列でまとめました。 (写真は、トルファンの朝の様子。羊が朝ごはん中) 【目次】 事前の準備:航空券の購入&お宿の予約 羽田空港か…

古い建物を愛でる廈門(アモイ)散歩 2017年秋

2017年の秋に行ってきた厦門旅行の記録です。 旅行中 #厦門散歩2017 でツイートしまくったものを、順番に貼っていきますね。 目次はこちら ↓ 日本を出て厦門(アモイ)の市街地まで 迷いに迷って、ようやく辿り着いた素晴らしいお宿 わたくし好みの建物がい…

世界遺産・開平 自力村 と廃墟の赤坎巡り 2018春節

古い街並みや古い建物に目がないわたくし。 特に中国の古鎮や老街を歩くのが大好きでありまして。 何しろあの広さでしょ?歴史でしょ? 行っても行ってもキリがないほど古い街があるのです。だから、行くなら優先順位をつけなきゃなりません。 その筆頭にく…

【雲南散歩2017】麗江古城からバスで行く「白沙鎮」のお粥的な味わい

前回書いた麗江古城、たいへん満喫したわけですが。 なにしろ一大観光地であり、視界に押し寄せる圧倒的な情報量と人の多さに「もうお腹いっぱいで疲れた…」となってしまう場所でもありました。 それと対象的だったのが、今回ご紹介する小さな村、白沙鎮です…

【雲南散歩2017】トンパ文字、瓦猫、バラ餅…私が決めた麗江の見どころ10選

2017年10月の後半、行ってきました雲南省の世界遺産・麗江古城。 今回はタイトル通り! 私がこれだ!と思った麗江の見どころをご紹介しますよ。 【目次】 1. なんだか可愛い、カラフルな象形文字「トンパ文字」 2. お口いっぱいにバラの香りがぷわん「鮮花餅…

深夜着の成都双流空港。仮眠室のない空港の椅子であゝ野宿…(2017年10月)

2017年10月16日の深夜0時40分に着いちゃった成都空港。 さすがジャイアントパンダ保護区のある四川省。 パンダがお出迎えです。 それはともかく、翌日に乗るのは朝6時15分発の麗江行きの便。 ってことは、寝るしかありませんよ。空港内に。 もちろん空港の外…